お近くのダイワハウス

分譲マンション

RENOVATION MANSION

住まい探しの新しい選択。
“リノベーションマンション”。

日本は超高齢化社会・人口減少の時代に突入し、空き家の増加が喫緊の社会課題となっています。

これからは新しい住まいをつくり続けるだけではなく、すでにある住まいを上手に活用していくことも必要な時代になります。

ダイワハウスの“リノベーションマンション”では、駅近の立地や、生活利便性の高い立地など、独自に物件の選定を実施。

第三者機関によるインスペクション(建物総合調査)に基づき、
構造躯体や住宅設備などの補修工事を実施することで「既存住宅性能評価書」の取得をしています。

さらに、新築同様の設備・セキュリティ・デザインでありながら、
実物を見て・触れて・暮らしをリアルに体感していただけます。

住まいの選択肢の一つとして
“リノベーションマンション”をぜひ、ご検討ください。

image photo

ABOUT Livness

大和ハウスグループの「Livness」とは…

一丸となってサポート!

大和ハウスグループの
一気通貫のサービス体制で、
安心の暮らしをサポートします。

大和ハウスグループが展開する
「Livness」のリノベーションした分譲マンションでは、
当社が買収再販を手掛け、大和ハウスリフォームがリノベーションし、
大和リビングマネジメントが賃貸物件を斡旋、
大和ライフネクストが管理運営することができます。

ご入居者がご購入後、物件を売却するときでも、
日本住宅流通が売買仲介を担うことが可能な一気通貫のサービスと
安心の保証やサポートでお客様の暮らしを支えます。

全国に拡がるネットワークで連携したサービスを展開していきます。

ダイワハウスの“リノベーションマンション”のメリット
  • 1建物を実際に見て
    確認ができる
  • 2新築分譲マンションと
    価格など比較検討ができる
  • 3建物や設備を
    総合的に診断している
  • 4共用部分も新しいデザインや
    仕様で快適
  • 5修繕計画や管理組合活動を
    新しくスタートできる
  • 6設備や間取りなどに、
    最新のものを採用
  • 7安心の保証

SAFETY

安心をお届けする、ダイワハウスの“リノベーションマンション”。

image photo

たとえば施工者はどうやって選ぶのか。品質管理や長期的な修繕計画はどうなっているのか。マンションのリノベーションには不安を持たれる点もあると思います。ダイワハウスの“リノベーションマンション”は、第三者機関による建物の調査、施工者の複数からの選定、長年培った技術や経験を生かした改修工事の提案、徹底した品質管理、長期修繕計画の策定など、不安要素を解消するさまざまな取り組みを行っています。

1 SAFETY

第三者機関が
建物を総合的に調査

第三者機関による建物総合調査結果報告書のほか、独自の調査も実施。それらをもとに大規模修繕工事計画を策定します。

□検査・評価書

2 SAFETY

複数の施工者から選定

施工者の選定においては、複数の施工者から技術力や提案力を勘案し、施工者を決定します。

image photo

3 SAFETY

長年培った技術と
経験を生かした提案

分譲マンション事業で培った技術や経験を活用して、適切な大規模改修工事範囲を決定します。

image photo

4 SAFETY

工事の品質管理を徹底

工事監理を行う設計事務所を選定して工事進行の監理を行うことで、品質管理を徹底します。

image photo

5 SAFETY

住宅瑕疵担保責任保険

主要構造部分の瑕疵により生じた損害を保証する保険が適用されます。

6 SAFETY

適正な長期修繕計画の
策定を実現

長期的な視点で修繕の時期や予算を検討してご提案。また工事資金を調達するための資金計画などもご提案し、適正な長期修繕計画の策定を実現します。

image photo

7 SAFETY

ダイワハウスによる
専有部保証(2年間)

ダイワハウスが策定した保証規準に従って専有部を2年間保証します。また、専用のお問い合わせ窓口を設けて、快適な日々の暮らしをサポートします。

FLOW

“リノベーションマンション”の流れ

お客様に新しい住まいをご提供するために、建物の総合調査からご入居後のアフターサービスまで、
大和ハウスグループのトータルサービスでお応えします。

step1

物件選定

立地条件や建物の品質など、独自の視点から、リノベーションマンションの条件を満たす物件を選定します。

step2

インスペクション(第三者機関による調査・診断と情報開示)

目に見えるところだけではなく、コンクリートの状態や配管内部、耐震性などを、
第三者機関が総合的に調査・診断し情報を開示します。

more

step3

修繕・改修工事

建物全体の修繕・改修計画を立案し、建物の機能性アップなどを図ります。

more

step4

外観・共用部分のリニューアル

外観やエントランスホールなど共用部分を最新のデザインと仕様でリニューアル。

さらにセキュリティシステムの建築、更新など、安心・安全へも配慮します。

more

step5

専有部のリニューアル

新築マンションと同様の設備・仕様を導入するとともに、
インテリアデザインにも最新の部材を採用します。

more

Q & A

ご購入の前に知っておきたいリノベーション

Q1

「リフォーム」と
「リノベーション」の違いって?

キッチンの変更など比較的小規模な工事が「リフォーム」。「リノベーション」は、間取りやデザインの変更、給排水設備の交換など大規模な工事により新築と同等の性能や価値を目的として行います。

Q2

建物について、
どこまで検査をしているの?

第三者機関を交えて、設計図書や修繕履歴を確認。さらに、遵法性や問題点の有無を確認します。そして実際の建物で、防水等の劣化状況、コンクリートの圧縮強度、鉄筋など、目に見えない部分まで確認しながら耐震性能の検証を行います。

Q3

中古のマンションは、
インフラ面でも大丈夫?

修繕状況や管理体制をしっかりと確認しておくことが重要です。

また、実績のある管理会社が安心できる暮らしをサポートしていきます。

Q4

新築と同様の税制などは使えるの?

新築マンションと同様に「住宅ローン控除」を利用できるほか、「すまい給付金」、「相続税・贈与税等の控除」、「不動産取得税の特例措置」、「登録免許税の軽減措置」を受けることができます。

※物件により異なります。

Q5

入居後の管理や修繕は大丈夫?

当社グループ会社にお任せしていただければ、綿密な修繕計画や積立金の設定など安心してお住まいいただけます。

大和ハウスグループが、あなたの理想の暮らしをお手伝いします。
まずは、お気軽にご相談ください。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.