お近くのダイワハウス

分譲マンション

外観完成予想図

快適性と省エネを両立した
豊かな暮らしを創造。

大阪都心を南北に貫く目抜き通り
四つ橋筋に寄り添う「プレミストタワー靱本町」。
「本町」駅徒歩1分、靱公園徒歩1分という立地を得て
ダイワハウスが創造するのは
都市の記憶に刻まれるランドマーク。
次代を見据えた「ZEH-M Oriented」を採用し、
都市における豊かな暮らしを両立した
新しい都心居住を創り出します。

※ゼッチ・マンション・オリエンテッドとは、外皮の断熱性能の大幅な向上と高効率な設備・システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ年間の一時エネルギー消費量を20%以上削減したマンションをいいます。

経済産業省「超高層ZEH‐M実証事業」
エネルギー消費量を減らすマンション「ZEH-M Oriented」
「プレミストタワー靱本町」は経済産業省の令和2年度「超高層ZEH-M実証事業」の交付を受けました。
「ZEH-M(ゼッチ・マンション)Orientedとは?」
第4次エネルギー基本計画において、「住宅については2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標が設定されています。ZEH-M(ゼッチ・マンション)Orientedとは地域ごとに定められたZEH基準である外皮の断熱性能の大幅な向上と共に、再生可能エネルギー等を除き、高効率な設備・システムの導入により共用部を含む住棟全体で、大幅な一次エネルギー削減を実現したマンションです。
超高層マンションの魅力である大規模な開口部を確保しつつも、
函館市や青森市などの断熱基準(※1)を超える断熱性能を満たしています。

※1 断熱基準は国土交通省「建築物エネルギー消費性能基準などを定める省令における算出方法を定める件」による地域区分3地域の基準UA値に依る。

ZEHの高断熱基準

断熱性を向上させることにより、「冬暖かく、夏涼しい」快適な室内環境を保ちます。建物の躯体や、窓などの開口部の断熱性を向上させることで、1年を通じ外気温の影響を受けにくい快適な室内環境をつくりだせます。 ZEH住宅では、断熱性能を図る指針となる強化外皮基準(UA値)と、冷房期の平均日射熱取得率(ηAc値)について、各地域区分の基準値を満たす必要があります。

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)取得

「プレミストタワー靱本町」は、BELSによる最高等級を取得。 省エネルギー性能に優れると評価されたマンションです。

※本表示は「住棟全体」の評価であり、「各住戸」の性能を担保するものではありません。

ZEHの機能を進化させるIoT
(モノのインターネット)。

次世代の住宅は単に住まいとしてだけでなく、
環境問題や持続可能な生活を考慮した、省エネ性・快適性・利便性を追求しています。
IoT(モノのインターネット)を加えることで、
エアコンや照明機器を「スマートHEMSサービス」アプリ(AiSEG2)で管理することができ、
電気使用量を見える化することで、エネルギー情報を分析します。
住居内の機器をエネルギー情報を基に制御することで省エネ性を高め、
ZEH仕様による断熱性が高い住まいを、より快適な生活環境の実現に貢献します。

冷暖房の効率を高め、
建物の劣化も抑える断熱性。
省エネルギー対策(温熱環境・エネルギー消費量)

住宅の省エネルギー性能は、高くなるほど冷暖房などの効率がよくなり、
電力やガスの消費が少なくなります。
光熱費が安くなって家にやさしく、結露を防ぐことで建物の劣化の低減が見込めます。

断熱性(断熱材の強化)

断熱等性能等級は最高等級の4。また、屋上には断熱材を屋外側に敷く外断熱工法を採用。内断熱工法に比べて熱の影響が少なくなります。

Low-E複層ガラス
(外部に面する窓で二重サッシを除く)

ガラスにコ-ティングされた金属膜効果で冬は室内の熱を逃げにくくし、夏は日射を適度に反射させる事で明るい室内空間の維持と、適度な日射遮蔽効果が期待できるLow-Eガラスを採用しました。また、複層ガラスは2枚のガラスの間に空気層を設けることで、断熱性に配慮し、ガラス面の結露を発生しにくくしています。

二重サッシ(コーナー部)

南東・南西のコーナーサッシには二重サッシを採用。アルミサッシ+樹脂サッシの組合せで断熱性能を向上させています。
※SE-80Ah・SE-80A・SE-80Dh・SE-80D・SE-80Dt・SE-100TE・SW-80B・SW-80Ch・SW-80C・SW-85B・SW-100A・SW-90A・SW-90At・SW-120TBのみ

省エネや節水で実現する
環境にやさしいライフスタイル。
省エネルギー対策(温熱環境・エネルギー消費量)

住宅室内で冬期に暖かく夏期に涼しく過ごしたいと思うのは自然な要求、そのためには室内の温度を適切に制御することが重要な課題となります。できる限りエネルギーの使用量を削減しつつ暖冷房を行うために、住宅の構造躯体の断熱措置などに十分な工夫を講じることが必要です。

エコジョーズ/エネファームtype S

すべての住戸において「省エネ給湯器エコジョーズ」を採用。少量のガスでお湯を作ることができ、効率性や環境性が優れた給湯器となっております。また、専有面積が100㎡以上の住戸に「家庭用燃料電池 エネファームtype S」を採用。毎日使う電気のほとんどを自家発電でまかなえ、光熱費がグンと下がります。革新的な性能で「環境性」や「経済性」を高め、快適で豊かな暮らしを提供します。また、停電時においても非常用発電「自立発電機能」が備わっており、もしもの時にも家族の暮らしに安心をお届けします。

床暖房

リビング・ダイニングと洋室(1)の2室に、足元からムラなく暖め、空気を汚さず乾燥しにくいガス温水式床暖房を敷設しています。

高効率エアコン(標準装備)

すべての住戸のリビングダイニング※にはZEH基準であるエネルギー消費効率の冷房効率区分(い)を満たす機器を設置。断熱性能との相乗効果により、消費電力を抑えられた快適な住まいに貢献します。
※35階・36階住戸は、天井カセット型エアコン
※掲載の写真は、モデルルーム(S-60Dタイプ)を2020年12月に撮影したものです。(完成時には機種品番が変わる場合が有ります)

見える化(AiSEG2)

「スマートHEMSサービス」アプリ(AiSEG2専用)で住戸全体、回路ごとの電気使用量を見える化します。また、エネルギー情報を分析して節電に役立つレポートをお届けします。さらに、電気の流れを賢く検知して電化製品の運転開始や終了をお知らせします。

CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)

建築物の環境性能を評価する建築物総合環境性能評価システムをベースにした評価システムが「CASBEE」です。これは、建物を環境性能で評価して「Sランク」「Aランク」「B+ランク」「B-ランク」「Cランク」の5段階で格付けするもので、「プレミストタワー靱本町」はAランクをマークしています。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.