お近くのダイワハウス

分譲マンション

DESIGN

ARCHITECT

住まいの重厚感を、
練磨する。

外観完成予想図(S)

語り継がれる建築美、
土地の記憶となる存在価値を目指して。

豊かな緑量を活かしたランドスケープと呼応するように、周辺環境との調和を重んじた建物外観デザインを追求。

重厚感を創出するために、下層部に表情の異なる天然の御影石を、また、凹凸と深みのある色調をもつタイルを採用。

南北の敷地に佇む双頭の住まいは、均整のとれた対称性のプロポーションを誇ります。

緑とともに歳月に磨かれ、その風情はより存在感を増していくでしょう。

GREEN

護るべきもの、
緑陰の景。

外観完成予想図(左:N・右:S)

都心であることを忘れる、遙かなる自然環境と出逢う。

太陽の恵みを摩天楼が遮るような都心のビル陰に、
年輪を刻む大樹に覆われた杜の如く、木漏れ日にゆれる緑の陰影。

樹高に強弱をつけ、折り重なるような多用な表情で、四季の景観をつくります。

外観完成予想図(N)

GATE

迎え門が、
主を称える。

日本の門文化を現代にアレンジ、
世界をもてなすエントランスへ。

穏やかな起伏が心地よい緑地のアプローチを経て。

視覚的な囲障感を醸し出す「門塀」から敷地内に入ると、
都心の喧噪が離れる瞬間に出会います。

イロハモミジやアラカシといった株立の杜と重なり合うように、
オーナーをエスコートする「迎え門」の風情です。

外観完成予想図(N)

APPROACH

彩りの小路を、
悠然と還る。

内と外をつなぐ景観への拘り。
優美な前庭を描くアプローチ。

門塀を介して、外の遊歩道と内の迎え門をつなぐ
中間領域の存在感を、
こだわりの素材と植栽計画の融合で表現。

四季折々の表情を魅せる庭園の植栽が、
映し鏡のような石畳の風情とあいまって、
家路へと穏やかに導きます。

GARDEN

屋敷庭に、心が躍る。

ラウンジ完成予想図(N)

庭を眺め、
季節の時間を五感で愉しむ。

敷地のゆとりを活かした、趣のある庭園が各所に佇みます。

建物に向かう奥行に、広がりをもたせることができる地形を活かし、
2棟にしつらえた各々のラウンジには、四季の移ろいを間近で感じられるように設計。

“眺める名園”を演出します。

庭園デザイン監修

株式会社
石勝エクステリア

「みどりとともに」のスローガンのもと、
自然と共生する空間創造を追求。

個々の住宅から大型リゾートまで、
多彩なやすらぎ空間をデザインしています。

「建築・都市・人の融合」を理念に、品位ある空間デザインを独創。

浅井謙建築研究所株式会社
代表取締役

浅井 謙

1940年生まれ。1959年日建設計入社を経て、1972年浅井謙建築設計事務所を設立。

さまざまな建築物でグッドデザイン賞などを受賞している。代表作に「サンマリーナホテル」(1987)「THE TOWERS DAIBA」(2006)「KIRARITO GINZA」(2014)など。

「建築・都市・人の融合」を基本理念に、都市全体の文脈の中で建築を考察。公共建築・商業建築・マンションなど、幅広い作品を創出しています。

PHOTO:KIRARITO GINZA〈東京〉/2014年竣工

※掲載の各完成予想図は、設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調・植栽等に多少変更が生じる場合がございます。完成予想図に描かれている、カーテン・照明等の調度品等は販売価格に含まれておりません。共用部分に設置の家具・調度品等については変更になる場合があります。竣工時には植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えております。樹種は一部変更となる場合があります。植栽はある程度生育した後をイメージしたもので、竣工時には完成予想図ほど成長しておらず、実際とは多少異なる場合があります。※Sはサウス、Nはノースを表します。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.