お近くのダイワハウス

分譲マンション

DEVELOPMENT

JR「大阪」駅(S:徒歩11分/約820m、N:徒歩11分/約810m) ※2018年4月撮影の航空写真に一部CG加工を施しています。 ※梅田センタービル公開空地通行

発展を続ける街・梅田の鼓動に聞き入る。

JR・私鉄・地下鉄各線が集中するターミナルエリア・梅田。大阪の玄関口に当たるこの街では、新しいプロジェクトが次々と発表され、刻々と変貌中。国内はもちろん、世界を視野に収めた計画※1の数々に、人々の期待が集まります。

航空写真(国土地理院/2007年7月撮影/http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do)を基にCG加工を施したものです。

梅田現在進行中の開発計画

1[うめきた2期]※3

JR「大阪」駅北側で進められているプロジェクト。2013年4月に開業した第1期「グランフロント大阪」に続き、「みどりとイノベーションの融合拠点」をコンセプトとする街づくりが予定されている。2024年夏の先行まちびらき、2027年春の開業を目指す。

2[(仮称)ヨドバシ梅田タワー]※4

ヨドバシ梅田ビル北側に建設中の複合ビル。9階以上は約1,000室のホテル(予定)で、2019年冬開業予定。

3[梅田1丁目1番地計画]※5

阪神百貨店を建替え、百貨店・オフィスなどを備えた複合ビルを建設。全体開業予定は2022年春。

※1)「国際社会における関西経済の競争力強化」を目指す[うめきた2期]、外国人観光客・海外からのビジネスパーソンの需要への対応を目的の一つとする[(仮称)ヨドバシ梅田タワー]がある。【出典元】株式会社ヨドバシカメラニュースリリース(2016年8月31日) ※2)阪急ターミナルビルより半径約500m圏内を表します。 ※3)S・Nともに徒歩12分/約930m【出典元】大阪市ホームページ(大阪市長会見全文/2017年8月3日) ※4)S・Nともに徒歩8分/約630m【出典元】株式会社ヨドバシカメラ ニュースリリース(2016年8月31日) ※5)S:徒歩13分/約990m、N:徒歩13分/約1,000m【出典元】阪神電気鉄道株式会社ニュースリリース(2018年4月9日)
※Sはサウス、Nはノースを表します。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.