福島県郡山市の分譲マンションプレミスト郡山グリーンマークス

予告広告

本広告を行い取引を開始するまでは、契約又は予約の申込には一切応じられません。
また、申込の順位の確保に関する措置は講じられません。販売開始予定時期:令和2年3月中旬

お詫びと訂正

令和元年12月6日まで公開しておりました公式サイトにおいて、販売開始予定時期を令和元年12月上旬としておりましたが、
令和2年3月中旬に変更させていただきます。 お詫びとともに訂正させていただきます。

分譲マンション(プレミスト)東北 〉 福島県 〉 プレミスト郡山 Green Marks 〉 トップ

夢見た未来が、もうすぐやってくる。

コワーキングスペース・ボタニカルラウンジ完成予想図
外観完成予想図

夢見た未来が、

もうすぐやってくる。

コワーキングスペース・ボタニカルラウンジ完成予想図
外観完成予想図

3LDK/3,200万円台~5,900万円台 予定最多販売価格帯(税込)※100万円単位 3,900万円台

 

ご来場キャンペーン

●公式サイトにて事前に来場予約をいただき、ご来場の際にアンケートの全ての項目をご記入いただいたご新規来場の方が対象となります。●1組様につき、1点のみの進呈となります。●未成年の方のみのご来場は対象外となります。●諸事情により、プレゼントが変更となる場合がございます。また、プレゼントの返品・交換・換金はできません。

INFORMATION

モデルルーム公開中

parkERsが手掛ける五感に心地よさを感じる共用空間。洗練を纏うアーキサイトメビウス監修デザイナーズレジデンス。新しいライフスタイルを創り出すボタニカルラウンジ&コワーキングスペース。福島県内プレミスト初IoTテクノロジー導入レジデンス。 parkERsが手掛ける五感に心地よさを感じる共用空間。洗練を纏うアーキサイトメビウス監修デザイナーズレジデンス。新しいライフスタイルを創り出すボタニカルラウンジ&コワーキングスペース。福島県内プレミスト初IoTテクノロジー導入レジデンス。
BOTANICAL INNOVATION

プレミスト郡山Green Marksが叶える、
未来の暮らしとは?

COLUMN

BOTANICAL INNOVATIONと暮らす

どんなに忙しくても、どんなに疲れていても、毎日のリズムを崩したくない。言い訳にしたくない。
朝陽を感じたときには一日がすでにはじまっている。この、最高のスタートをきるために欠かせないツール、
それが「SUMAIFUL」。今日も自分の頼れるパートナーとして、いろんなシーンで活躍してくれるにちがいない。

自宅

絶妙なタイミングでリビングへ。
寒い朝は特に欠かせない。

「もう少しベッドに入っていたい…。」冬の朝は、誰もがそう感じているにちがいない。でも、数歩先に温かいリビングがすでに用意されていたらどうだろう。布団の中から床暖房の電源を入れておけば、睡眠中のぬくもりをそのままに、気分よく朝の支度ができる。快適な朝の時間は、一日の善し悪しを左右するほど大切だと思う。

コワーキングスペース

週初めの朝こそ寄り道して、
颯爽とオフィスへ向かう。

休み開けの月曜日。気持ちをすぐONに切り替えるのに苦労するので、会社に行く前にワンクッション置ける場所があるとうれしい。朝、自宅を出たら1Fの「コワーキングスペース」で愛用のPCを開く。社会・経済からスポーツ、芸能までひと通り最新のニュースをチェック。Wi-Fi完備だからストレスもない。これこそ手軽にできる、自分流時短ライフ。

帰宅途中

電気も水も節約できる時代。
時間はどうだろう?

残業で遅くなった日、忙しい日が続いた時こそ、早く家に帰って、ゆったりとくつろぎたい。帰宅してすぐにお風呂の準備ができていれば、そんな願いも叶えられる。家に着く少し前に外から、バスタブにお湯はりスタート。家に着くころにはお風呂の準備が完了。お風呂上がりに冷たいビールでも飲みながら、録画していた映画でもみようか。

部屋の掃除や洗濯、ショッピング、宅配便のお届け、突然の来客など、休日とはいえなかなか予定通りにいかないのが現実。
自分のライフスタイルを合わせて、家族と一緒に過ごす時にも欠かせないツール、それが「SUMAIFUL」。
どこにいても、なにかをしながらでも、休日をかしこくサポートしてくれるにちがいない。

公園

公園で来客対応!?
家族との時間は、とまらない。

家族で公園近くのレストランへ行き、少し早めのランチを。ママと子どもたちはボール遊びに夢中。私はベンチに座ってスマートフォンで本を読んでいたら、自宅に来客の通知が入った。そういえば今日、会社の同僚が旅行のお土産を届けてくれることになっていた。すぐに彼のケータイに電話して謝り、宅配ボックスに入れておいてもらった。今までならすぐ家に帰らなくていけない場面だが。

ボタニカルラウンジ

自宅のようで、自宅じゃない。
カフェに近いかも。

部屋が片づいていない、来客の人数が多い、でも断れない。また、玄関先で話したくない状況もある。そんな時、自宅以外に気軽に使える共用スペースがあると嬉しい。1Fの「ボタニカルラウンジ」は、グループで集まれるカフェのようなサードプレイス。近々、学生時代の仲間と何人かで旅行に行く計画があるので、ここならみんなで打合せができる。さっそく、来週にでも使ってみようか。

ダイワハウスが贈る、
新たな感性に彩られたレジデンス 全58邸。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.