お近くのダイワハウス

分譲マンション

宮城県仙台市青葉区広瀬町に誕生する新築分譲マンション プレミスト広瀬町

  • 物件概要
  • 資料請求・来場予約

Design デザイン/ランドスケープ

エントランスアプローチ完成予想図

御屋敷町の美学を求めて。

歩みを進めるほどにその風景に心が満たされていく。
それが、御屋敷町としての歴史を重ねてきた私たちが目指した住まいの姿。
四季折々の樹や花、陰影ある表情の外塀が
帰ってくる家族、尋ねてくれる客人を優美に誘う。

アプローチ完成予想図

  • 外観完成予想図
  • アプローチ完成予想図
  • アプローチ完成予想図
  • エントランスアプローチ完成予想図
1 2 3 4
外観完成予想図 アプローチ完成予想図 アプローチ完成予想図 エントランスアプローチ完成予想図

目指したのは
既存の緑との豊かな調和。

仙台市内において新たな開発や建物の建築等を行う場合に敷地内の緑化を義務付けた「杜の都の環境をつくる条例」に基づき、緑のスペースをゆったりと確保。広瀬川周辺の豊かな自然にとけこみ調和しながら、潤いある景観の価値がさらに高まるように多彩な植栽を施しました。南側にはシラカシやモミノキなどの列植、北側にはヤマボウシやソメイヨシノなどの列植が敷地に沿って続きます。これらの高木とともに、ドウタンツツジ、アジサイ、キキョウ、スイセンなどの草花を重層的に配しました。緑の変化や色鮮やかな花々など、四季の豊かな表情を存分にお楽しみいただけます。

四季折々の表情を取り込む植栽計画

広瀬川の自然を継承し価値を高め、
全戸南向きを実現した、潤いのランドスケープ。

ボタンにマウスを合わせると完成予想図が表示されます

landplan_01 landplan_02 landplan_03 landplan_04

外観完成予想図

アプローチ完成予想図

アプローチ完成予想図

エントランスアプローチ完成予想図

ボタンをタップすると完成予想図が表示されます

1メインエントランス
居住者や来訪者を優雅にお迎えし、お車の乗り降りをスムーズにするだけではなく、建物にさらなる格調の高さを称えるメインエントランス。
2エントランスホール
訪れる方を優美に迎えるエントランスホールには、シッティングコーナーとアートを設置。
3宅配・メールコーナー
メールコーナー・宅配ボックスはハンズフリーキーをかざすだけで解錠するシステムが採用されており、暗証番号を覚える必要がありません。
4シャッターゲート
駐車場出入口にはリモコンで開閉できるリングシャッターゲートを設置。大切なお車をしっかり守るため、セキュリティに配慮しました。
5駐輪場・バイク置場
専用の自転車置場を71台、バイク置場2台、ミニバイク置場3台設置。
6駐車場
専用の駐車場を9台(屋根付)、機械式駐車場51台設置。
7来客用駐車場
来客用の駐車場を1台設置。
8タイヤラック
スタッドレスタイヤなどを収納できる、タイヤラックを56台分設置。

デザイン監修

一級建築士
日本建築家協会(JIA)会員

株式会社柴田知彦・柴田いづみ
+SKM設計計画事務所

柴田知彦
Tomohiko Shibata

1946年東京都出身、1971年早稲田大学大学院・修士課程修了、吉阪隆正、丹下健三ら、20世紀を代表する建築家に師事、1977年独立・設計事務所を設立、現在に至る。

“まちを創る建築”をテーマとしています。地域資産や緑の環境を活かし、地域の評価向上につなげること、それが計画の社会的経済的価値(資産、生活、文化)を創り高める方法です。計画の対象は、単体や大規模な生活空間(集合住宅、住宅)、多種の建築や開発、庭園・ランドスケープなどを手がけています。

※掲載の外観、エントランスアプローチ、アプローチ完成予想図、敷地イラスト図は設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。植栽等は特定の季節の状況を示すものではありません。また、竣工時には完成予想図程度には成長しておらず、形状、位置等は実際とは多少異なる場合があります。
※車は販売価格に含まれません。
※植栽写真はすべてイメージです。植栽計画につきましては、計画段階のものであり、樹種等については変更になる場合があります。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright(C) DAIWA HOUSE INDUSTRY CO.,LTD. All right reserved.