お近くのダイワハウス

分譲マンション

宮城県仙台市青葉区広瀬町に誕生する新築分譲マンション プレミスト広瀬町

  • 物件概要
  • 来場予約
  • 資料請求

Modelroom 建物内モデルルーム

外観(平成29年5月撮影)

※掲載の写真は建物内モデルルーム1101号室(リビング・ダイニング)を平成29年5月に撮影したもので、家具は販売価格に含まれます。今回販売対象外です。

阿部仁史 Hitoshi Abe
リビングデザインコンセプト

今回のプレミスト広瀬町のモデルルームデザインにおいては、我々の建築のテーマの一つであるシンプルなグリット状のグラフィックによる構成を部屋の中心に据えることで、空間に統一感と個性的な表情を創り出しています。また、白を基調とした空間に黒やダークブラウン色の色調の家具を配することでアクセントをつけ、高級感のある落ち着いた空間を演出しました。
約25畳の広さのゆとりのあるリビングダイニングルームは、広瀬川を見下ろす豊かな語らいの空間を提供します。

実績紹介

Vienna University of Business and Economics

ウィーンの中心部の北東に接したドナウ川側の大きな公園に面した敷地に、新しく建てられる新キャンパスの5つの建物に3段階の国際コンペによって我々の案が選ばれ、2013年10月竣工した。

Vienna University of Business and Economics

建物は、21,000平方メートルの規模を持つ、5つの学科のオフィス、各種セミナールーム、小図書館、ビアホール、ジム、スーパーマーケットなどの学生生活支援施設、幼稚園などの機能が複合した施設である。この建物は、 平行に並べられた細長い帯によるオフィスとアトリウムが、交互に繰り返される層状の構成となっている。このことにより、建物の隅々まで太陽の光が降り注ぎ、空気が循環する快適な環境と、単に個人作業に集中するだけでなく、人々のインフォーマルな対話を促しコミュニティを活性化する、随所にちりばめられたアトリウムなどのコミュニケーション空間が実現した。

F-townビル

一般的なテナントビルと異なり、この計画では通常のエレベーターから各階への動線に加え、吹き抜けを介して各階の空間をらせん状につないでいく“街の通り”の延長のような追加動線が設けられている。

F-townビル

これによって、各階に至る経路は複数化し、さまざまな空間の組み合わせの可能性が生まれ、複数階にわたるテナントリースや複合的な利用が可能となった。加えて、階高にも4種類のバリエーションがあり、設備配置に柔軟な構造体とすることで、借り手の必要に応じた多様な空間の提供を可能にしている。またこの結果として、建物は矩形のボリュームが螺旋状に積み重なった独特の造形をあたえられ、街の景観において象徴性の高い際立った存在となっている。
2011年日本建築仕上学会賞作品賞 (平成23年5月)

Profile&Award

Profile

有限会社阿部仁史アトリエ 代表取締役

1992
阿部仁史アトリエ開設
1993
東北大学工学研究科建築学専攻博士課程後期修了 博士(工学)
1998~02
東北工業大学建築学科 助教授
2002~07
東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻 教授
2007~現在
カリフォルニア大学ロスアンゼルス校 建築・都市デザイン学科教授
Award
1992
宮城県陸上競技場公開設計競技最優秀賞
1997
第17回東北建築賞作品賞佳作(C-house)
第8回ワールドトリエンナーレ・オブ・アーキテクチュア
INTERARCH ’97 World Architecture Prize(しらさぎ橋)
1998
第14回吉岡賞(読売メディアミヤギゲストハウス)
1999
第19回東北建築賞作品賞佳作(Gravel2)
2001
第21回東北建築賞作品賞(みちのく風土館)
第42回BCS賞(宮城スタジアム)
2002
第8回木材利用大型施設コンクールくまもと県産材振興会賞(苓北町民ホール)
2003
日本建築学会賞作品賞(苓北町民ホール)
Business Week / Architectural Record賞(関井レディースクリニック)
2005
GOOD DESIGN AWARD 2005(佐々木義肢製作所)
2007
International Architecture Award(SSM菅野美術館)
2008
SIA-GETZ Architecture Prize
2009
contractworld award2009(青葉亭)
日本建築学会作品選奨(SSM菅野美術館)
2011
日本仕上学会作品賞(F-townビル)
2012
七ヶ浜町菖蒲田浜災害公営住宅プロポーザル最優秀
2013
卸町コミュニティプラザ・災害公営住宅プロポーザル最優秀
2016
公共建築賞優秀賞 東北大学百周年記念会館川内萩ホール

針生承一 Shoichi Haryu
リビングデザインコンセプト

今回の依頼は「形を変えることなく空間を変える」というもので、「プレミスト広瀬町」本来の形を活かしながら、質の高い生活空間を求めて演出した。眼下に広がる開放感のある眺望や陽光を考え、各部屋は濃い配色をアクセントに個性的でありながらも、居心地良く落ち着く空間としている。玄関からリビングまで続く廊下は漆黒の壁を連続させ、白と黒のコントラストで暗から明の空間へと動線を誘う。リビングダイニングは白と黒で構成し華やかに緊張感を持ちながらも落ち着きをもたらす。黒と朱(柿渋色)による洞窟のような異空間として、生活の場に変化と広がりをもたらす。また、グレーを主体に江?紫を配した寝室は、柔らかな華やぎが漂う、安らぎの空間となるよう配慮している。洋室はクロゼットルームを配置し、豊かな生活を支持する空間としている。各室から望まれる豊かな景色を楽しみながら、明るさや広大さを感じ、時には闊達に、時には心穏やかに、居心地良く住まうことを楽しんでいただきたい。

実績紹介

八戸ポータルミュージアム「はっち」

青森県八戸市の中心市街地を再生させ、まちに賑わいを取り戻すことの契機となることを目指して計画された地域観光交流施設。八戸は建物内の通り抜けを含む街区内の通り抜け路地が非常に発展しており、この路地がまちの構造や体験に奥行きを与えている。

八戸ポータルミュージアム「はっち」

この構造を継承し、建築をまちのようにめぐる回遊式のミュージアムと捉え、さらに歩いて自ら楽しみを発見していくという体験が建築からまちへと連続していくことでまちに賑わいを波及させていくことを考えた。「はっち」のオープンにより、まちは賑わいを取り戻し、シャッター通りが活き活きと蘇り、まちは賑わいを見せている。

東北大学 川内厚生会館

東北大学川内厚生会館は、学生や教職員が利用する食堂、各種ショップ、談話室などから構成されている。新厚生会館にはプラザからの人の流れを誘い込み、北キャンパスへのゲートとして、やさしく人々を迎え入れるオアシスの雰囲気を求められた。

東北大学 川内厚生会館

中庭を囲みながら全長100mを超える細長い円弧状の形態とし、できるだけ軽やかな雰囲気をもたせ、室内外の境界を柔らかく形成するために木構造を採用した。木材を表しとすることで安心感とリズミカルな緊張感をもたらそうと考えた。ほっと憩える空間は学生たちに様々な活用を促している。

Profile&Award

Profile

株式会社 針生承一建築研究所 代表取締役

1968
東北大学大学院工学研究科修士課程 卒業
1968~1981
第一工房 勤務
1970
一級建築士取得
1981~
針生承一建築研究所 設立 現在に至る
1992~1997
東北大学建築学科 非常勤講師
1992~2003
宮城学院生活文化学科 非常勤講師
1995~2010
東北学院大学工学部建設工学 非常勤講師
2003~2009
秋田県立大学建築環境システム学科 非常勤講師
2004~2006
宮城学院女子大学生活文化学科 教授
Award

■日本建築学会作品選奨

1996
名取市斎場 作品選奨

■BCS 賞(一般社団法人日本建設業連合会)

2001
第42回受賞作品 宮城スタジアム(共同・代表事務所)

■古川医療福祉設備振興財団

2015
平成27年度一連の医療福祉設計に対して 顕彰功労者賞

■第9回 公共建築賞 優秀賞 受賞建築物

2004
七ヶ浜健康スポーツセンター+七ヶ浜サッカースタジアム
-社団法人公共建築協会会長表彰-

■JIHa 医療福祉建築賞

1991
仙台ありのまま舎(身体障害者自立ホーム) 医療福祉建築賞

■日本建築学会作品選奨

1989
中新田町営並柳住宅(共同・代表事務所)作品賞
1989
蔵の郷土館 齋理屋敷 佳作
1991
宮崎町陶芸の里 切込焼記念館、郷土文化保存伝承館 佳作
1991
身体障害者自立ホーム仙台ありのまま舎 佳作
1994
七ヶ浜国際村 作品賞
1997
名取市斎場 作品賞
1998
丘の家-シオンの園・育児院-作品賞
1999
七ヶ浜健康スポーツセンター+七ヶ浜サッカースタジアム 佳作
2004
杜の修道院 作品賞
2013
八戸ポータルミュージアム‘はっち’作品賞
2014
まちの工房‘まどか’作品賞

■日本建築家協会(JIA)優秀建築選

2013
八戸ポータルミュージアム‘はっち’優秀建築 100 選
2013
まちの工房‘まどか’優秀建築 100 選

■国土交通省営繕技術コンクール

2005
青森県警察機動隊庁舎 優秀賞

■公立学校優良施設表彰 文部科学省文教施設リニューアル部門

2002
秋田工業高等専門学校講義室棟・管理棟

■グッドデザイン賞

2013
八戸ポータルミュージアム‘はっち’

■伝承デザイン賞(街中グッドデザイン展)

2013
蔵の郷土館 齋理屋敷

■木材利用推進中央協議会

2010
仙台市八木山動物公園ビジターセンター 会長賞

■日本鋼構造協会東北地区連絡協議会優秀作品

1995
宮城県総合運動公園高架水槽(共同・代表事務所)
1997
名取市斎場 優秀作品賞
1997
仙台基督教育児院・丘の家-積雪寒冷地体育施設-優秀作品賞
1998
七ヶ浜健康スポーツセンター(アクアリーナ) 優秀作品賞

■照明学会 照明普及賞

2001
宮城スタジアム(共同・代表事務所)
2001
仙台二高 100 周年記年館 東北支部長賞

■あぶくま建築賞

1990
細川邸 最優秀賞

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright(C) DAIWA HOUSE INDUSTRY CO.,LTD. All right reserved.