全区画温泉付分譲

現地見学申し込み

カタログプレゼント(無料)

このリゾートのメニューを見る

  • エリア情報
  • リゾートについて
  • 設備・管理について
  • 生活利便施設
  • 物件情報
  • 物件概要
  • アクセス
  • 現地便り
  • 暮らしぶり紹介
  • フォト&動画
  • 建築実例
  • 各種お手続き

カタログプレゼント(無料)

全区画温泉付!雄大な阿蘇山の麓で田舎暮らし。別荘、定住どちらも楽しめます。

スタッフからの現地便り

今年最初の野焼き 🔥 前編

  • 更新日:2019年03月07日
  • カテゴリ:四季だより
 皆様こんにちは

 だんだんと日が長くなり始めましたね
日が長くなると、日中にやりたい事をしているうちに時間を忘れてしまい、時計を見て “ はっ✷ ” となる事が多くなってきました

 時間を見ながら計画を立て、その通りに事を進める事が良いのは分かっているのですが、なかなかその通りに事が進んだためしがありません

 ただ、日が長くなると『もうすぐ春なんだなぁ~』と思います。
そして、阿蘇に春の訪れを感じる行事が『野焼き』です。

 今回は、2月5日に行われました野焼きの様子をお届け致します
 


 2月5日に行われた野焼きは、阿蘇で一番最初。つまり、野焼きのスタートの日でした。

 こちらの野焼きには、当リゾートのオーナー様が毎年参加なさっているとの事で、取材同行させていただきました



 集合場所には、地域の方やボランティアの方、テレビ取材の方達もいらっしゃいました。


 野焼きをした場所は、仙酔峡へ向かう道路沿いに水無川があり、その斜面と《 阿蘇青少年交流の家 》の入り口から草原にかけてです。



オーナー様のYご夫妻とO様です
 


 Yご夫妻は、《 公益財団法人 阿蘇グリーンストック 》というボランティア団体に登録していらして、野焼きに参加なさってるとの事ですが、今回は、O様のお手伝いとして参加なさったそうです。

《 公益財団法人 阿蘇グリーンストック 》は、阿蘇の自然を守るために熊本県に許可を得て設立された財団法人です。
ご興味のある方は、インターネットにホームページがあるみたいなのでご覧にになってみてください。




これから現場に向かいます🚶
 



 この日のお天気は、午前中晴れて、午後から雨の予報だったので、野焼きには最高の予報でした


 仙酔峡へ行く道を登っていくのですが、ちょっと立ち止まり後ろを振り返ると北外輪山が目の前に広がり、大観峰から見る景色とは違った景色を楽しむことが出来ます









 何十年ぶりかに山へ向かう道を歩きました
車でドライブもすてがたいですが、たまには歩いて景色を楽しむのもいいものだなぁ~と感じました
ただ、運動不足が祟って息切れと、すでに足の筋肉に疲労感が・・・


 オーナー様方は、毎日リゾート地内を散策したり運動をしていらっしゃるので、はるかに早かったです
しかも、お話をしながら息切れもなく普通に歩いていらっしゃいました





現場に到着です



 野焼きの火入れは上から点火するそうなのですが、前日の午前中に降った雨で完全に乾ききっていない茅がなかなか燃え広がらず、待てども下まで火が降りていきませんでした。
TVの取材の方も今か今かとチャンスを待ちます。







 結局、この日は上からの点火では燃え広がらず、お昼休憩をはさんでやむなく下からの点火となりました。






 下からの点火でようやく燃え広がっていきました。
しかし、乾燥しきっていなくてこの勢いなので、下からの点火がいかに危険なのかが分かりました


 野焼きは、危険が伴う作業なので最新の注意が必要です。
飛び火して山火事防止をするために、お水を入れた袋を背負っている方や竹と蔦で手作りされた火消し棒を持って見守ります。
火のそばは結構熱くて、皆さんゴーグルや帽子・タオルにマスクは必需品のようでした。

 私も、一応マスクとハンドタオルは持参していたのですが、帽子とゴーグルは持ってきておりませんでした。
そしたら、O様が予備に持っていらしたタオルと軍手をかしくださったので、早速、お借りして着ていたコートのフードを被りカバーできました
まるでエスキモーの人の様だとオーナー様に褒めていただきました



 本来は火消し棒を使って、野焼きをしない所に燃え広がらないように火を消すのですが、この日は燃やしたい範囲に火が燃え広がらないので、茅を火に近づけて少しでも広がるようにしていらっしゃる様子です。



こちらが火消し棒です


 そして、次の場所へ移動していきます。最初に降りてきたところへ戻り、また別の場所から水無川へ降りていきます。




 水無川へ降りていくときに、茅で足元が見えないのと滑りそうな感じでうまく降りられず、ここでも、皆様とどんどん離れていきましたが、O様が気に掛けてくださってご迷惑をお掛けしてしまいました



 
やっと皆さんのお姿を確認できるところまで来ることが出来ました。





 

ここも、同じく下からの点火です。



 

 
 ここも乾燥しきっていなくて、少しでも広がるように悪戦苦闘のオーナー様








 ここは、いい感じに燃え広がっています。オーナー様が火を見守るお姿が凛々しくて素敵で、火消し棒の持ち方もかっこ良く様になりますね

ちょっと長くなりましたので、今回はこの辺りで・・・

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。


次回は、後編をお届け致します。









 
 ロイヤルシティ阿蘇一の宮リゾートでは、阿蘇の自然を感じることができる無料体験宿泊も可能です
『泊りは時間の都合がつかない』という方でも、現地見学会を開催しておりますので、是非、お気軽に足をお運びくださいませ




 
もしくは 


フリーコール ☏  0120-618-138 


皆様のご来場、スタッフ一同心よりお待ちいたしております






(情 報)
2019年 2月 撮影

仙酔峡道路‧‧‧‧‧ ロイヤルシティ阿蘇一の宮リゾートより約1.4km

                                    (車で約4分)








☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
自然に囲まれたスローライフや別荘・田舎暮らし・温泉付きの暮らしや移住・定住にご興味のある方は、是非、ロイヤルシティ阿蘇一の宮リゾートまでお気軽にお問い合わせくださいませ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

担当スタッフ紹介

物件担当スタッフ写真

津上

一緒になってお客様の理想のマイホームづくりをしていくと共に、   ご入居後も安心してお任せ頂ける様なベストパートナーとなる事です。

物件担当スタッフ写真

宇野

生まれも育ちも阿蘇。阿蘇大好きな宇野です。 沢山の方に阿蘇を愛して頂けるような情報を発信していきます。

物件担当スタッフ写真

谷口

現地スタッフ谷口です!大阪出身の自然とスポーツ大好き人間です。ブログでは、現地のお役立ち情報など盛り込んでいきますので、ぜひご覧ください!

この物件が気になった方はご連絡下さい。
専門のスタッフがご質問・ご希望などについてお答えいたします。

ロイヤルシティ阿蘇一の宮リゾート カタログプレゼント(無料)

物件に関するお問い合わせはこちら

ロイヤルシティ阿蘇一の宮リゾート(熊本県) ピックアップ物件

ピックアップした分譲土地物件・分譲物件・仲介物件を写真や区画図などを使いご紹介しています。別荘や移住利用などのライフスタイルに合わせて、さまざまなタイプの物件をご用意しています。

阿蘇一の宮リゾート[熊本県]

土地

北西角地物件

販売価格:1,392万円

詳細はこちら

阿蘇一の宮リゾート[熊本県]

土地

森林浴を楽しむ敷地

販売価格:802万円

詳細はこちら

阿蘇一の宮リゾート[熊本県]

土地

南間口の物件

販売価格:1,522.3万円

詳細はこちら

阿蘇一の宮リゾート[熊本県]

仲介

2階から高岳を望む家

販売価格:2,480万円

詳細はこちら

阿蘇一の宮リゾート[熊本県]

土地

外輪山を望む物件

販売価格:1,102.3万円

詳細はこちら

阿蘇一の宮リゾート[熊本県]

分譲住宅

ガレージと離れ風の洋室を楽しむ住まい

販売価格:2,342万円

詳細はこちら

 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

阿蘇一の宮リゾートのご相談(別荘・移住・田舎暮らし)は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

阿蘇一の宮リゾートがよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

現地見学申し込み

熊本支社森林住宅営業所

(フリーコール)0120-618-138

電話をかける

FAX:096-360-5210

WEBでのお問い合わせはこちら

所在地:熊本県阿蘇市一の宮町宮地6273-49

交通・アクセスはこちら

阿蘇一の宮リゾート現地案内所「ビジターセンター」:0967-22-7055

阿蘇一の宮リゾート現地案内所「ビジターセンター」:0967-22-7055

ロイヤルシティ阿蘇一の宮リゾート(熊本県) 関連リンク

阿蘇市のお天気


  • TOP

このページの先頭へ