温泉付分譲 ※温泉供給できない区画が一部あります。

現地見学申し込み

カタログプレゼント(無料)

このリゾートのメニューを見る

  • エリア情報
  • リゾートについて
  • 設備・管理について
  • 生活利便施設
  • 物件情報
  • 物件概要
  • アクセス
  • 現地便り
  • 暮らしぶり紹介
  • フォト&動画
  • 建築実例
  • 各種お手続き

カタログプレゼント(無料)

全区画温泉付!スキー場やゴルフ場も近く、アクティブに楽しむ。定住、別荘どちらにも適しています。

スタッフからの現地便り

オーナー日記#43 八戸えんぶり

  • 更新日:2015年03月28日
  • カテゴリ:オーナー日記
 
  八戸えんぶりが2月17日に開幕した。予てからぜひ見たい祭りではあったが、神奈川から冬の北東北を訪問するにはなかなかの度胸がいる。ここに越してきていざいざと思っていたが、天候次第で高速道路が通行止めになることがあり、ハラハラドキドキでこの日を待った

 この祭りは“弘前城雪燈籠祭り”、“いわて雪まつり”、“なまはげ柴灯まつり”、“横手かまくら”と共に“みちのく五大雪まつり”の一つとして紹介され、年の初めに豊年満作を祈る民俗芸能。全国的にみられる「田遊び」から派生したものと言われる
 
 お題の“えんぶり”は田植えをするときに代掻きをして最後に泥を平らにならす農具のこと。朳(えぶり)とも紹介されるが、今でも、自分の生家を含めこの地方では“えんぶり”と呼んでいる

 大きな熊手の爪のないもの(木製のT字型の農具)。50年前に父が使っていた記憶があり、訪ねてみたら、当時のものはすでに無く、アルミ製の熊手ほどの大きさのものに変わり、アルミの梯子の傍に架かっていた

 
<真ん中のものが“えんぶり”昔は木製で柄の半分ぐらいの板が先についていた>
 
 えんぶりは八戸を中心に近隣の地域にも伝承され、今は30組ほどが参加するという。1組が大人から子どもまで20人~30人の踊り手・お囃子で構成され、田植えから稲刈りまでを“祝いの唄踊り”を挟みながら舞う
 
 祭り初日、朝7時に八戸市内の“長者山新羅神社”に集結して舞を奉納した後、市中演舞までの間に、(親切にも)撮影会がプログラムされている




<撮影会場で。カメラを向けると“決め”のポーズを取ってくれる。>
 
 10時から舞を奉納した順に行列をなして町の中心部に出て一斉に舞を披露する。そののちは分散して地域に戻るもの、公会堂や市役所の仮設舞台で披露するものなど、4日間にわたってえんぶりの舞が繰り広げられる

 また、“かがり火えんぶり”、“お庭えんぶり”、“こどもえんぶり”等はいつ、どこで、誰が舞うかによって呼び名が異なる。衣装の面白さ、舞の面白さなど言葉だけでは説明しきれず、その詳細はインターネット様に委ねるしかない




<市中に移動中。>

 ここでは、念願の生のえんぶりを見た感想を披露するに留めたい。祭りは2月17日火曜日から20日の金曜日まで。演者の半分は生徒の様子、学校は休みになっているのかもしれない

 踊り手の衣装は極彩色、太夫の被り物=烏帽子は馬の頭を模したものだという。ここだけではないが“馬一匹半身上“の言葉通り、財産の半分に匹敵するほど大事な馬。南部曲がり屋で馬と同居する等、この地方における馬との結びつきの強さがわかる

 踊りのしぐさは大きく大胆で力強く、朴訥としている。八尾の”おわら風の盆“の如き優美さはなく、洗練されているという風ではない。数々の冷害に見舞われてきた人々の五穀豊穣への強い願い、切実さが込められている

 半数は生徒の年齢?とも思うが、もっと驚くのは未就学の子どもが多く参加していること。おむつが取れたばっかり?とも思う子ども達。泣くわけでも、ごねるわけでもない。中学生ぐらいの子どもが抱きかかえて頬ずりをしていたりする

 あたかも、1つのえんぶり組が4世代の1家族で構成されているが如くである。子どもも大人も同じ土俵で生き、責任を果たそうと一生懸命であり真剣である。世代のギャップなど微塵も感じさせない。TVの中では見ることのできない世界が見えてくる

 大人の優しさの中で、大人の背中を一生懸命追いかける子ども達。”チャグチャグ馬っこ“や”さんさ踊り“、”平笠の裸詣り”でも同様の光景がある。北東北のこの子どもたちの一生懸命さは忘れられない。また、これほどに人を感動させるものはない

 大きな宝物を頂いた気分で会場を出ようとした時、またまた、呼び止められた。新聞記者の方だった。越して1年、もう4回目である。TV、ラジオ、新聞。自分たちがまだまだ“余所の人間”の匂いがするのだろうか。だからこそ、この地の人々に魅了されるのだろうか

 
<市中で一斉に演舞→“摺り“という>         


<市役所の仮設舞台での公演風景>




長者山新羅神社       リゾートより約101km

※掲載の写真は全て平成27年2月撮影


※オーナー日記は当社からの依頼により、オーナー様の日々の生活の情報をご提供いただき、当社スタッフが更新を行なっています。


ロイヤルシティ八幡平リゾートの資料請求
↓↓↓クリック↓↓↓
資料請求

フォト&動画ギャラリー【自然の中で暮らそう ウェブ版】
↓↓↓クリック↓↓↓
フォト&動画ギャラリー

フォト&動画ギャラリー【K-97モデル棟のご紹介】
↓↓↓クリック↓↓↓
フォト&動画ギャラリー

スペシャルコンテンツ【航空写真ナビ】のご紹介
↓↓↓クリック↓↓↓
航空写真ナビ

スペシャルコンテンツ【オーナー探訪】
↓↓↓クリック↓↓↓

オーナー探訪



別荘に田舎暮らしに、豊かな大自然が息づく岩手山の麓
ロイヤルシティ八幡平リゾートにぜひお越し下さい

担当スタッフ紹介

物件担当スタッフ写真

NAGAYAMA

岩手支社森林住宅営業所に来て4月で1年になります。岩手県内のご紹介をいろいろしてきましたが、まだまだご紹介しきれてません...。日本で2番目に大きい面積なので仕方ないですね。引き続き頑張ります!

物件担当スタッフ写真

ITO

森林住宅に8年、岩手に16年在籍しています。もうすっかり岩手県人になりました。皆様の為に、精一杯尽力し、お手伝いできればと思っております。岩手山の登山の事は何でも聞いてください!

この物件が気になった方はご連絡下さい。
専門のスタッフがご質問・ご希望などについてお答えいたします。

ロイヤルシティ八幡平リゾート カタログプレゼント(無料)

物件に関するお問い合わせはこちら

ロイヤルシティ八幡平リゾート(岩手県) ピックアップ物件

ピックアップした分譲土地物件・分譲物件・仲介物件を写真や区画図などを使いご紹介しています。別荘や移住利用などのライフスタイルに合わせて、さまざまなタイプの物件をご用意しています。

八幡平リゾート[岩手県]

土地

森に囲まれて暮らす立地

販売価格:380万円

詳細はこちら

八幡平リゾート[岩手県]

分譲住宅

「森居育孫」の家

販売価格:3,967万円

詳細はこちら

八幡平リゾート[岩手県]

土地

森の中の角地

販売価格:320万円

詳細はこちら

八幡平リゾート[岩手県]

仲介

ストーブを楽しむ南向きの別荘

販売価格:900万円

詳細はこちら

八幡平リゾート[岩手県]

分譲住宅

「愛犬」と共に過ごす家

販売価格:3,358万円

詳細はこちら

八幡平リゾート[岩手県]

分譲住宅

薪ストーブと吹抜のリビングに癒される家

販売価格:4,019万円

詳細はこちら

 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

八幡平リゾートへのご相談(別荘・移住・田舎暮らし)は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

八幡平リゾートがよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

現地見学申し込み

岩手森林住宅営業所

(フリーダイヤル)0120-78-3003

電話をかける

FAX:019-634-1649

WEBでのお問い合わせはこちら

所在地:岩手県八幡平市大字松尾寄木第一地割1589-73

交通・アクセスはこちら

八幡平リゾート現地案内所:0195-78-3422

八幡平リゾート現地案内所:0195-78-3422

ロイヤルシティ八幡平リゾート(岩手県) 関連リンク

Active Resorts 岩手八幡平

ダイワロイネットホテル盛岡

四季館 彩冬

八幡平市のお天気


  • TOP

このページの先頭へ