温泉付分譲 ※温泉供給できない区画が一部あります。

現地見学申し込み

カタログプレゼント(無料)

このリゾートのメニューを見る

  • エリア情報
  • リゾートについて
  • 設備・管理について
  • 生活利便施設
  • 物件情報
  • 物件概要
  • アクセス
  • 現地便り
  • 暮らしぶり紹介
  • フォト&動画
  • 建築実例
  • 各種お手続き

カタログプレゼント(無料)

温泉付!宮城蔵王の山々のふもとで暮らす。別荘、定住どちらにも適しています。

スタッフからの現地便り

小さくてもいい・強くたくましく。

  • 更新日:2009年12月04日
  • カテゴリ:四季だより
『縁の下の力持ち』

例年になく暖かな師走となりそうですが、それなりの冬の決まりごとは粛々と進んでい
ます。

窓から差し込む朝日が暖かでも、起き掛けに「キュッ」とした感じの外の気温は氷点
下。太陽が地表の熱を奪う放射冷却です。

一日中陽のあたらない場所の土は本格的な冬となりますと、季節が春になるまでずっと
凍ったままになります。

「住まい」のことで、凍結について心配しなければならないのは、台所やお風呂、おト
イレなど「水を使う場所」です。

温暖な地方では大きな問題にはなりませんが、「住まい」で生活するうえで欠かせない
水が凍ってしまうのは大問題です。

そこで、道路下を通る水道の本管から宅内へ引き込まれる水道管は、その埋設される深
さが地域によってある程度の基準に則して埋められています。その基準は「凍結深度」
というものです。

深深と冷え込む寒さは、地表からもぐること数十センチの地下を凍らせます。試しに氷
点下の日に土を掘り起こそうとすると、タイルを剥がすように凍った土が捲れます。い
ったん凍った地面では霜柱は見られません。土の表面が凍る途中でグングンと氷の筋が
上に向かって伸びて行きます。

▲平成21年11月撮影
また、玄関や縁側の土間、タイル目地の小さな隙間に浸み込んだ水が凍って、コンクリ
ートを割ってしまうこともあります。凍った水は、とっても力持ちですね。

ちなみに・・私は営業でありながらも、縁の下の力持ちでありたいと思っておりましたが、太陽の日差しで溶け始めております。

担当スタッフ紹介

物件担当スタッフ写真

ゴウ

自然の美しさ、食べ物の美味しさなど、たくさんある宮城蔵王の魅力を、少しづつ発信していきたく思います。 よろしくお願い致します。

物件担当スタッフ写真

オサカ

宮城蔵王の四季折々の自然の素晴らしさや暮らしをお伝えさせて頂きますのでよろしくお願い致します。

この物件が気になった方はご連絡下さい。
専門のスタッフがご質問・ご希望などについてお答えいたします。

ロイヤルシティ宮城蔵王リゾート カタログプレゼント(無料)

物件に関するお問い合わせはこちら

ロイヤルシティ宮城蔵王リゾート ピックアップ物件

ピックアップした分譲土地・分譲物件・仲介物件を写真や区画図などを使いご紹介しています。ライフスタイルに合わせて、さまざまなタイプをご用意しています。

宮城蔵王リゾート[宮城県]

土地

【温泉有】水音の杜7

販売価格:332万円

詳細はこちら

宮城蔵王リゾート[宮城県]

土地

【温泉無】あかまつ平258

販売価格:117万円

詳細はこちら

宮城蔵王リゾート[宮城県]

土地

【温泉無】あかまつ平257

販売価格:131万円

詳細はこちら

宮城蔵王リゾート[宮城県]

仲介

ウッドデッキから四季を感じる家

販売価格:1,400万円

詳細はこちら

宮城蔵王リゾート[宮城県]

仲介

庭の四季をリビングから楽しめる家

販売価格:930万円

詳細はこちら

宮城蔵王リゾート[宮城県]

仲介

森の中に佇む平屋建てのログハウス

販売価格:3,000万円

詳細はこちら

 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(田舎暮らし・別荘)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

宮城蔵王リゾートがよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

現地見学申し込み

仙台森林住宅営業所

0224-34-3706

電話をかける

FAX:0224-34-3718

WEBでのお問い合わせはこちら

所在地:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字鬼石原1-372

交通・アクセスはこちら

宮城蔵王現地販売センター:0224-34-3706

宮城蔵王現地販売センター:0224-34-3706

ロイヤルシティ宮城蔵王リゾート 関連リンク

Active Resorts 宮城蔵王

宮城蔵王カントリークラブ

ダイワロイネットホテル仙台

蔵王町のお天気


  • TOP

このページの先頭へ