田舎暮らしの夢をサポート。スローライフに役立つお得な特典満載!ダイワハウスのスローナ倶楽部

スタッフからの現地便り

お試しデュアルワーク八幡平 奥谷様 1回目

  • 更新日:2019年12月13日
  • カテゴリ:その他
はじめまして、今回はじめてデュアルワークに参加させていただきました奥谷です。
レポートでは5回に分け、「岩手県八幡平市」でのデュアルワーク体験をお話しさせていただきます。
「デュアルワーク」をかんたんに説明すると、「2つの地域で並行して働く」ことみたいです。今回、私は1週間東京から岩手に滞在したので、東京と岩手のデュアルワークですね。
岩手を訪れたこと自体はじめてだったので、手探りではありましたが、なんとか1週間東京の仕事をリモートでこなしつつ、快適に過ごすことができました。
本レポートでは、東京から八幡平への道のりから、1週間宿泊させていただいた「オークフィールド」さんのことを書かせていただければと思います。

岩手県八幡平市へ

中央線で東京駅、そこから東北新幹線で岩手の盛岡駅を目指します。



東北新幹線は乗客を乗せ、1時間30分ほどの静かな走行を経て、盛岡駅着。
盛岡駅から八幡平のオークフィールドさんへは、バスで1時間ちょっとで着くそう。
しかし、行き方がいまいち分からず、オークフィールドさんへ電話したり、バス停近くにいた40歳前後の女性に声をかけ行き方を教えてもらい、「岩手県北バス」で「東八幡平病院前バス停」まで行けばOK、だということが分かりました。
2番バスのりば、18:57乗車。岩手県北バスは数人の乗客を乗せ、北上。
だんだんと、窓に映る景色が暗く、街灯の数はすくなくなっていきます。その景色を眺めていると、東京から出てきたばかりの私はすこしずつ、不安な気持ちになっていきました。

私は、バスのフロントに浮かぶオレンジ色の案内板を、ゆらりゆらり、眺めていました。バス停を過ぎるたび、増えていく乗車賃の表示を、なんとなく数えながら。



オレンジの案内板に「東八幡平病院前」の文字が。20:12。降車ボタンを押す。
バスの運転手さんが「どちらに向かわれますか?」と私に尋ねてくださいました。
私は「オークフィールドという建物です」と伝えると、「ああ、オークフィールドですか。あそこはバス停から200mほど離れていて、寒いでしょう。建物の目の前で停車しますよ」と、バス停のずっと手前で停車してくださいました。
お礼を言い、960円を支払います。岩手の人のあたたかさに触れ、外に出ると、東京では感じることのなかった冷たい空気が肌に触れました。
足早に宿に向かいます。

オークフィールド着



 入り口へ向かうと、50歳前後ぐらいの優しそうな雰囲気の男性が対応してくださいました。どうやら宿の方みたいです。

宿泊する部屋まで案内していただき、頼んでおいた食事をいただきました(本来なら18:30の夕食を、着く時間まで待っていただきました。ありがとうございました)。



やさしい味の煮物とスクランブルエッグ、揚げ物。とても美味しかったです。はじめての岩手の寒さに触れた体を、味噌汁がじんわりあたためてくれました。
建物はかなり新しいようで、雰囲気もモダン。デザイナーズマンションに住んでいるようでした。東京にあっても、かなりお洒落な建物だなぁと感じると思います。
夕食の後、外をすこし散歩しました。
暗闇の中、眼前に岩手山がずっしりと、大きく広がっています。
その上に、ラグビーボールに似た月が小さく浮かびます。
月明かりに照らされた雲が、音もなくゆっくり流れていきました。
さっきまで、東京の住宅街にいたのに、大自然の中にぽつりと立った自分に不思議とそわそわしながら、その景色をただじっと、眺めていました。

オークフィールドについて



 オークフィールド公式HP: https://kotonohagroup.co.jp/oak.html
 
オークフィールドはことのはグループさんが運営する、バリアフリーな住まい兼宿泊施設だそうです。
基本的には、入居されているお年を召した方向けの住宅施設のようで、今は空いている場所を宿泊者向けに公開しているそう。



写真のとおり、比較的あたらしい建物で、どこも綺麗です。
 


メインのテラスでは、光がたくさん入り、優しい印象です。
テラスでは、おばあちゃんたちがお食事されたり、談笑されていたりしました。


寒い地域ならではの暖炉。薪が良い味を出しています。



外から覗いてもお洒落ですね。
 

こちらが1週間宿泊させていただいたお部屋。



壁にかかった写真もお洒落。



お風呂も綺麗。快適に使うことができました。



部屋からの眺め。とても良いですね。やっぱり、自然の中で過ごすと心が癒やされます。
ベッドもとても快適で、朝までぐっすり眠れることができました。


滞在中、オークフィールドの目の前に広がる岩手山を、何度も見ていました。
住居者のおばあちゃんとも、朝一緒に岩手山を眺めたりもしました。
八幡平に住んでいる方は、「岩手山がどこに位置しているか」「どの角度で見えているか」によって、今のおおよその場所を予測するのだそう。
この美しい岩手山を眺められただけでも、八幡平にきてよかったなぁ、と思えました。
今回はデュアルワークということで、オークフィールドさんには通常1泊6000円のところ1泊5000円(税込)で泊まらせていただきました。長期で滞在するとすこしコストがかかりますが、1週間ぐらいだとちょうどいいのではないでしょうか。
お食事は事前に連絡しておけば、朝500円、昼800円、夜800円で用意してもらえます。私は岩手の食事をいろいろまわって食べてみたかったので、初日と2日目だけ用意してもらいました。
これからレポートが続くので、かんたんに締めさせていただくと、「岩手の方はみなさん人柄が良く、空気も景色も良くて、快適に過ごせることができる場所」。それが岩手の印象でした。
それでは、次のレポートでは「オークフィールドでリモートワーク」体験記事をお届けします。

奥谷

※写真は令和元年11月 ロイヤルシティ八幡平リゾートより約3.6㎞の「オークフィールド」他にて撮影
 




 


 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら