田舎暮らしの夢をサポート。スローライフに役立つお得な特典満載!ダイワハウスのスローナ倶楽部

スタッフからの現地便り

取材紀行~鳥取県・大山~

  • 更新日:2009年07月22日
  • カテゴリ:分譲地紹介

去る7月17日、18日とWebサイト「オールアバウト」の取材で鳥取県にある大山(だいせん)に行って参りました。今回の取材内容は公開までのお楽しみとして取材で訪れた撮影箇所を掻い摘んでご紹介いたします。

まずは到着したのはここ「JR米子駅」。
他のスタッフが来るのを待っている時に「山陰鉄道発祥の地」と書いてあるモニュメントを発見しました。
説明看板を読んでみると当時は境港~米子~御厨まで開通したようです。
 
▲JR米子駅(分譲地から約16km)             ▲山陰鉄道発祥の地のモニュメント

スタッフが到着すると「ロイヤルシティ大山リゾート」へ向って出発。
初日の取材風景は「大山」のブログで紹介していますのでここでは省略。

オーナー様の取材終了後、スキー場近くに流れている「阿弥陀川(あみだがわ)」の清流を撮影。
小雨がパラついていましたがかえって緑が映える写真を撮ることが出来ました。

 
▲阿弥陀川の清流(分譲地より約12km)

ホテルに向う途中、米子市にある「湊山公園」から中海に沈む夕日を撮影にいきましたが小雨の為、断念。過去に撮影したものを載せておきます。

       
            
▲中海に沈む夕日「湊山公園から」(分譲地から約16km)
                                  (平成19年8月1日撮影)

そして次の日、昨日は雨でしたがこの日は晴れ間ものぞくいい天気。
さっそくロイヤルシティ大山リゾートへ向いました。この日はオーナー様が共同で借りて共同で耕している農園があるということでその方々を取材。
内容はオールアバウトで公開されるまで明かせませんので。取材風景だけを紹介します。


▲木漏れ日が気持ちいい広いオープンデッキでお話を聞きました。

まずは数名集まってもらい共同農園を始めたきっかけなどをお聞きしました。
その後皆で耕している共同農園へ。
大山を仰ぐことの出来る素晴らしいロケーションです。
畑仕事の疲れを大山がいやしてくれそうです。

▲数名の家族で借りられている共同農園。大山がみなさんを見守ってくれています。(分譲地より約2km)

オーナー様の取材の後、大山のミネラルウォーターのCMでよく見る大山の写真を撮ろうと江府町の貝田という所へ移動。
地図をまさくりながらこの辺りだろうと予測し到着。
すばらしい大山の南壁を見ることができました。

 
▲江府町の貝田という地区から大山南壁を撮影(分譲地より約19km)

さあ、山のつぎは海です。ここ大山地区は山だけでなく海も楽しめる場所。
さっそく海水浴場へ向いました。
ここは皆生(かいけ)海水浴場です。全国で有名な温泉地でもあり、1年を通じて観光客でにぎわっています。今日はもう海開きをした後ということもありたくさんの人が海水浴に訪れていました。

 
▲皆生海水浴場。「日本の渚100選」にも選ばれています。(分譲地より約17km)

海水浴場を後にし、つぎに到着したのは「弓ヶ浜」。名前の通り弓のようにしなった白砂海岸が約20kmつづいています。「白砂青松100選」にも選ばれています。

 
▲その名の通り弓のように湾曲につづいている海岸(分譲地より約27km)

そして最後に訪れたのは弓ヶ浜と隣接している「境港公共マリーナ」へ。
ここは約400隻も収容できる大規模なヨットハーバーです。
キャンプ場も隣接してるのでアウトドアとマリンスポーツの両方を楽しむ事ができます。

 
▲弓なりにカーブする弓ヶ浜と大山が一望できるロケーションが人気です。(分譲地より約30km)


今回の2日間の取材で大山エリアは山と海の両方の魅力を持った地域だと改めて感じることが出来ました。
まだまだこの場では紹介しきれないほど魅了的な場所はたくさんありましたが、それは現地のスタッフにお任せすることにしましょう。
また他の現場に取材に行く機会がありましたらこうして、そのエリアの魅了を紹介していきたいと思います。


※上記写真は一部を除いて全て平成21年7月17,18日に撮影

 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら