田舎暮らしの夢をサポート。スローライフに役立つお得な特典満載!ダイワハウスのスローナ倶楽部

スタッフからの現地便り

お試しデュアルワーク(鹿部町・山﨑さま 5回目)

  • 更新日:2019年08月25日
  • カテゴリ:その他
 ブルーベリーの周りには、たくさんの生物が集まってきます。
 

(ブルーベリー畑)

 畑の奥に入っていくと、そこら中に蜘蛛の巣が張っています。
黄色が映える毒々しい体の蜘蛛。
 この蜘蛛を、何度も目にしました。
 調べると、女郎蜘蛛という名で、害虫を捕食してくれる益虫らしいです。その見た目から益虫ということが意外でした。
 蜘蛛の巣を払おうと糸に触れると、物凄く張りが強く、弾力性があるんですね。生命力の強さのようなものを感じました。

 (蜘蛛の写真)

 かたつむりもちらほら見かけました。
成虫から小さな子どものかたつむりまで、ブルーベリーの果実を、舐めるように食べています。
人間側からすると、果実が食べられてしまうので、害虫に該当します。
 

(かたつむり)

 蜂や虻も集まってきます。
ブルーベリーの摘み取りをしながら、何度も、蜂や虻の羽音の威嚇を受けました。実は、私、蜂に刺されてしまいました。
 上から、ぼてっと、親指のところに、何かが落ちてきたと思った瞬間、刺されていました。
(刺された瞬間、すぐに振り払ったので、蜂の種類までは分かりませんでしたが、多分、雀蜂ではないと思います。)
 ジンジンと痛み、翌日には、痒みに襲われました。もちろん、すぐに消毒を施しました。
 今回、幸い大事には至りませんでしたが、蜂や虻の羽音がしたら、下手に動かず静かにその場を離れることが要諦だと思います。
 

 
 お邪魔させていただいた畑のブルーベリーは、無農薬栽培をされています。
 確かに、農薬を使用すれば、害虫を駆除できて、効率的に収穫ができるというメリットがありますが、使用することによるデメリットも存在します。
 無農薬ブルーベリーなので、安全で安心して食べられます!


写真撮影:2019年7月
ブルーベリー畑 … 分譲地から約11㎞
 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら