田舎暮らしの夢をサポート。スローライフに役立つお得な特典満載!ダイワハウスのスローナ倶楽部

スタッフからの現地便り

お試しデュアルワーク(鹿部町・山﨑さま 6回目)

  • 更新日:2019年08月26日
  • カテゴリ:その他
 北海道は梅雨がないと思っていましたが、鹿部町に来てから二週間ほどは、曇りや小雨の天候でした。
 それから本州の梅雨明け宣言がされた後は、晴天に恵まれました。
 
(鹿部リゾート内 小雨・曇り)

 鹿部町では小雨が降り霧が立ち込めていたが、隣町に行くと青空だったりします。
 その逆も然りです。
 車でちょっと移動した程度で、天候が、がらっと変わることが少なくありません。駒ヶ岳の麓の町なので、雲の流れによってこのような天候の変化が生じるとお聞きしました。
 
 晴れた日は、鹿部町や森町のどこからでも、そびえ立つ駒ヶ岳が望めます。「鹿部町のひょうたん沼公園」と「森町砂原地区のブルーベリー畑」で撮った駒ヶ岳の写真です。
 駒ヶ岳を背景とする景色が素晴らしいです。


(駒ヶ岳/ひょうたん沼公園エリアより撮影)


(駒ヶ岳/森町砂原地区ブルーベリー畑より撮影)
 
 晴天が続くと、ブルーベリー畑では、熟した果実が多く目につくようになりました。
 果実の重さにより弓なりに垂れ下がっている枝があります。それを持ち上げると、果実が、たくさん実っています。果実が大きいものは、意外と、枝や葉で隠れている、という発見がありました。
 房を優しく掴むと、ぼろぼろと手のひらに果実がこぼれ落ちます。
摘み取りを始めると夢中になりますね。




(ブルーベリー)

 私が滞在した期間は夏の盛りなので、北海道といえど、暑い日はありました。しかし、東京の暑さとは感覚的に違いました。
 東京は、エアコンから出る排気熱や周りのコンクリートで街が熱せられた暑さですが、こちらは自然豊かでそのような不愉快さはありません。
 それに、鹿部町の夏の暑い時期はせいぜい一週間くらいとお聞きしました。避暑地として住まわれている方も少なくないだろうと思います。
夏を過ごすには、とても快適な場所です。


写真撮影:2019年7月、駒ヶ岳の写真は8月

鹿部町ひょうたん沼公園エリア … 分譲地から約1.4㎞
森町砂原地区ブルーベリー畑 … 分譲地から約11㎞
 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら