田舎暮らしの夢をサポート。スローライフに役立つお得な特典満載!ダイワハウスのスローナ倶楽部

スタッフからの現地便り

お試しデュアルワーク(志賀町・ダンバラさま 初回)

  • 更新日:2019年05月30日
  • カテゴリ:その他

 大和ハウス工業株式会社とランサーズ株式会社、そして合同会社菜夢来の三社のご協力で、「お試しデュアルワーク」という企画に2週間参加することになったダンバラと申します。

 短い間ですが、志賀町、そして能登の魅力を自分なりにお伝えできれば、と思います。

 ところで「お試しデュアルワーク」とはなんぞや、と思われた方と多いと思います。
 これはdual(二つの、二重)とwork(働く)を足した造語で、二つの地域や二つの企業、二つの職種で仕事をするという新しい働き方を意味します。IターンやUターンなどの地方移住と平行して、都会と地方間の2拠点居住、3拠点居住も注目されています。それをお試しでやってみませんか、という企画です。

 僕は横浜からの参加で、金沢を経由して志賀町入りしました。

 この町の第一印象は、空気が美味い。
輝く新緑のお陰なのでしょう、比喩ではなく本当に空気が違います。マイナスイオンを計測したいところです。

 ざっと町内を案内していただいてから、志賀の郷リゾートのペンション&カフェ「クルーズ(CRUISE)」に立ち寄らせていただきました。



 カントリー調の小物とアンティーク家具の調和が美しい店内は、絵に描いたようなリゾートコテージ。高原という立地も相まって、日常のせわしなさから心が解き放たれます。思わず、写真を撮りまくってしまいました。





 今週のおまかせごはんの「ふわとろオムライス」を頂きましたが、サラダやスープ、ドリンクまでついて千円。お陰様でゆったり食事を楽しむことが出来ました。
 吹き抜けを見上げると、2階はペンション。いつか泊まってみたいものです。



 その後、仕事や宿泊でお世話になる菜夢来の‎石村高志社長と面談。
石村社長は志賀町の名産品である干し柿の一種「ころ柿」を、新製法でつくっています。



(合同会社菜夢来 石村社長)


 試食させていただきましたが、従来の干し柿と異なり、黒ずんでいません。上品な甘さが口の中に広がります。

 志賀町滞在中は、石村社長のお世話で菜夢来の寮をお借りします。

ペンション&カフェクルーズ (写真は分譲地内 2019年5月撮影)
https://pension-cruise.com/

合同会社 菜夢来 (分譲地から約8.9㎞ 2019年5月撮影)
http://www.samurai-korogaki.com
 

 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら