中古住宅の購入、住宅の売却、 リノベーション・リフォームは大和ハウスグループのLivnessにご相談ください。

不動産投資もリブネスで。お客さまの予算や目的に合う投資プランをご提案します。

大和ハウスグループの全国に広がるネットワークにより
多数の投資用物件を取り扱っております。

投資用物件一覧はこちら

なぜ今不動産投資が
注目されているのか?

  • マイナス金利政策でローンが組みやすい

    マイナス金利政策で
    ローンが組みやすい

  • 年金への不安から老後の備えとして

    年金への不安から
    老後の備えとして

  • 相続税への税務対策として

    相続税への
    税務対策として

  • 副業禁止の会社でも認められやすい

    副業禁止の会社でも
    認められやすい

  • 生命保険の代わりに活用できる

    生命保険の代わりに
    活用できる

将来の備え・不安や副業の解禁もあり、
近年、若年層からシニア層まで、不動産に投資をする方が増えています!

不動産に興味はあるが、
不安がいっぱい

不動産に興味はあるが、不安がいっぱい 不動産に興味はあるが、不安がいっぱい

不動産投資をお考えならリブネスにご相談ください。
お客さまの状況に合わせて、ご希望を叶える投資プランをご提案いたします。

投資用物件一覧はこちら

不動産投資初めての方へ

投資用物件一覧はこちら

大和ハウスグループは以下の3社にて
投資用物件を取り扱っています。

  • Daiwahouse

    大和ハウス工業株式会社
    (東京本店不動産流通事業部)

     大和ハウス工業株式会社東京本店不動産流通事業部は、主に収益用不動産(1棟ビル・1棟マンション・区分マンション・1棟賃貸住宅など)の仲介業務や買取サービスを手掛けています。
     はじめて収益用不動産をご購入検討の方から更なるキャッシュフロー改善のための買換えなどをご検討される方に至るまで、幅広いご要望にお応えします。

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府

    大和ハウス工業の投資用物件
  • Daiwahouse Group

    株式会社コスモスイニシア

     コスモスイニシアは、2013年に大和ハウスグループへ加入した不動産デベロッパーです。投資用不動産におけるソリューション事業は1985年にスタート。約30年にわたり培ってきたネットワークを活用し、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県において収集した投資用不動産情報の中から、お客様のご要望・目的に合った最適な不動産をご紹介します。

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

    コスモスイニシアの投資用物件
  • Daiwa Real Estate

    大和ハウスリアルエステート株式会社

     総合不動産会社である日本住宅流通は、マンション・ビルといった収益用不動産の仲介業務を担うほか、買取サービスも展開しています。リフォームやコンバージョンを通じ物件収益を改善、サブリース(一括借上げ転貸)や管理代行をセットにした販売で、大切な不動産の付加価値を高めます。

    北海道、東北、関東、中部、関西、九州の大和ハウスリアルエステート営業エリア

    大和ハウスリアルエステートの投資用物件

Q&A

  • ローンを組むのにどのぐらいの自己資金があればよいでしょうか?
    投資物件の価格やお客さまの現在のお借入状況、ご年収などによりローンの利用条件が異ってきますが、一般的には70万円~80万円程度の自己資金があればご利用できます。
  • 投資用ローンの金融機関への相談は自分でしないといけないでしょうか?
    営業担当が窓口となりご相談させていただくことも可能です。居住用物件とは借入条件やローン内容も異なるため、詳しくは営業担当までお気軽にご相談ください。
  • 投資用物件のエリアを選ぶポイントはありますか?
    賃貸経営において家賃収入を得る目的で不動産投資を行う場合は、人口密度が高く、かつ家を借りたいという需要が高いエリアを選ぶことがポイントになります。
    例えば、「人口数」と「賃貸の需要度」から地方圏ではその中心部を選択し、また東京や大阪といった大都市圏エリアを選ぶのもポイントのひとつです。なお、一人暮らしや学生が多く住んでいるエリアの場合、長期間居住する可能性が高いことからファミリーが住む街よりも空室リスクが減る傾向があるといえるでしょう。
  • 初めての投資の場合は、どのような投資物件がよいでしょうか。
    投資用物件は、大きく分けて1室単位で購入する「区分所有」と、建物を一棟丸ごと購入する「一棟物件」の2 種類があります。
    それぞれのメリットとリスクをご理解いただいた上で、ご自身に合う投資用物件を選ぶことが重要となります。
    区分所有は投資額が低く、不動産投資が初めての方も投資を始めやすい物件です。
    しかし、空室になると収入がゼロとなり、その期間が長引くとローンや経費などの出費の回収に影響が出ます。
    一方で、一棟物件は投資額が高額になりますので、一定の自己資金(頭金)と借り入れが必要になります。
    ただし、収入の変動リスクが相対的に小さくなります。例えば総戸数が20戸あるとして、2~3戸が空いていたとしても入居率は80%以上を保てます。
  • 不動産投資をするにあたり、何が一番大事でしょうか。
    比較的に安定した収益を得ることができる同時に、リスクが存在することを認識しておくことが重要です。
    投資のリスクを理解した上で、正しい運営方法でリスクを少しでも抑えることが大事です。
    運営方法などに関しては、営業担当へご相談ください。
  • 空室や家賃滞納の不安があるのですが、それを解消する方法はありますか?
    リブネスでは「賃貸管理サービス」および「空き家管理サービス」がありますので、ぜひご相談ください。
    賃貸管理サービスはこちら
    空き家管理サービスはこちら
投資用物件一覧はこちら
投資用物件一覧はこちら