大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

物流施設ソリューション
大和ハウス工業 スマートロジスティクス オープンデータチャレンジ 賞金総額500万円 応募期間: 2022年12月9日~2023年8月31日

応募は締め切りました。たくさんのご応募をいただき誠にありがとうございました。

「大和ハウス工業スマートロジスティクスオープンデータチャレンジ」では、実際の物流システムにおけるデータを公開し、デジタル技術を用いた新たなサービスやアプリケーションの提案を、広く募集します。

物流業界では、人手不足や長時間労働といった課題を抱えております。「SSCV®-Safety」は、ロジスティード株式会社が開発した、スマートで安全な物流を実現し「事故ゼロ」を目指すソリューションです。本チャレンジでは、この「SSCV®-Safety」から取得した実在のトラックの位置情報やトラックドライバーのバイタルデータ、さらにはヒヤリハットに関するデータと、その時の映像を、参加者の皆様に公開します。

和ハウス工業とロジスティードがめざす「スマートで安全な物流」の実現にむけて、開発者や研究者の皆さま、学生の皆さまをはじめ、世界中からのご提案を、お待ちしています!

主催 大和ハウス工業株式会社
共催 YRPユビキタス・ネットワーキング研究所
特別協力 株式会社日立物流、株式会社フレームワークス、羽田みらい開発株式会社
協力 INIAD cHUB(東洋大学情報連携学 学術実業連携機構)

募集内容

ロジスティードの安全運行管理ソリューション「SSCV®-Safety」から得られる、トラックの位置情報、トラックドライバーのバイタルデータ、ヒヤリハットに関するデータ・映像を活用した作品(アプリケーション、Webサービスなど)や調査レポート等を募集します。

スケジュール

応募期間 2022年12月9日(金)~2023年8月31日(木)(23:59 JST)
表彰式 11月

審査および審査基準

以下の審査員による審査会を実施します。

審査員 坂村 健(INIAD(東洋大学情報連携学部)学部長、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所 所長)
表彰式 浦川 竜哉(大和ハウス工業株式会社 常務執行役員)
佐藤 清輝(ロジスティード株式会社 専務執行役員 営業統括本部長)
秋葉 淳一(株式会社フレームワークス 会長)
加藤 篤史(羽田みらい開発株式会社 SPC統括責任者、鹿島建設株式会社 開発事業本部 事業部長)

審査基準は、スマートで安全な物流への提案性の観点から総合的に判断します。

表彰内容

賞金総額 : 500万円

最優秀賞 : 200万円
優秀賞 : 50万円 x 4
その他、特別賞を設けます。(特別賞の本数は審査会で決定します)

お問い合わせ

大和ハウス工業 スマートロジスティクス オープンデータチャレンジ事務局
(YRPユビキタス・ネットワーキング研究所内)
support@daiwa-open-challenge.jp


このページの先頭へ

物流センターをお考えの方

マルチテナント
物流センター一覧

Dプロジェクト開発実績