メニュー

CASE5

医療施設

みやま腎泌尿器科クリニック

所在地:
福岡県みやま市
構造:
鉄骨造
延床面積:
1,377m2
竣工:
2014年7月
用途:
診療所(透析室33床)

福岡県筑後市において長年、地域の透析治療を支えてこられた医療法人中村クリニック様。全国的な透析患者の増加に伴い、本院においても満床状態が続いていました。周辺エリアの患者様のニーズに応えるためにも、透析施設がない近隣地区への分院開設をご計画されました。

計画のポイント

POINT 1分院開設によって地域の医療ニーズに応える

本院は常に満床状態。周辺エリアの患者様のニーズもあり、分院開設の必要を感じておられた同法人。本院には、建設予定地のあるみやま市北部からの通院患者様が多く、周辺には透析施設がなかったことから、腎泌尿器科クリニックとしての開設を計画されました。

エントランスを入ってすぐに広がる、明るく広々とした待合スペース。受付もホテルを思わせるような高級感にあふれています。

POINT 2すべてのスペースに余裕を持たせ、贅沢な空間を演出した建物づくり

待合スペースやロビーなどのスペースにも十分な余裕や設えなどの配慮をし、訪れる患者様に安らぎや癒しを感じていただけるよう演出しました。

治療後の患者様が、休憩や食事のできる2階部分のロビー。広々と明るいスペースを活かし、定期的にミニコンサートなどが開催されています。

POINT 3患者様の快適性を重視し、さまざまな配慮を施す

週3回、約5時間を治療に費やされる透析患者様の快適性に配慮し、空調や目に見える天井の形状まで工夫を凝らしました。

全33床が一つのスペースに配置できる2階の透析室。大空間ながら柱を設けず、患者様には開放感を、部屋の中央で作業を行う医療スタッフからは、死角を極力なくす工夫がされています。

お客様の声

患者様の目線でつくられた建物は、
快適な透析治療のための第一歩

医療法人中村クリニック
みやま腎泌尿器科クリニック 理事・統括事務長 中村 桂子様

理事長より分院の建設計画を一任された私が、まず考えたのは「患者様が長い時間、しかも週に3回も過ごされるだけに、どこよりも快適な場所にしなければならない」ということ。しかも、透析治療という性質上、長期間通っていただかなければならない施設です。ですから、大和ハウス工業さんと初めてお会いしたとき「患者様が行きたくなる、他にない透析クリニックをつくりたい」とお願いしたことを憶えています。
計画当初は、設計担当者の方といっしょに遠くは横浜まで他院の見学に行き、双方のイメージの共有化から始めました。たくさん見た他院の良い部分を取り入れ、私たちが抱いていたこだわりもさまざまなカタチで表現していただいたと感じています。

「長期間居ても苦にならない快適性」のために空調や開放感に工夫を加えていただいた透析室。ロビーや受付、待合スペースには、「訪れたくなるクリニック」のために贅沢な空間の使い方や設えの高級感などに工夫を凝らしていただきました。
また、今回の計画において大和ハウス工業さんには、建築するだけでなく綿密な収支シミュレーションも行っていただき、開業前後の投資の妥当性も知ることができ、今後の経営に安心を与えてくださったことも感謝しています。今後は、本院との連携はもちろん、いままでお困りだった周辺地域の患者様のお役に立てるよう、そして、さらなる地域医療への貢献を目指し、スタッフ一同精力的に取り組んで参ります。

全33床が一つのスペースに配置できる2階の透析室。大空間ながら柱を設けず、患者様には開放感を、部屋の中央で作業を行う医療スタッフからは、死角を極力なくす工夫がされています。

エントランスを入ってすぐに広がる、明るく広々とした待合スペース。
受付もホテルを思わせるような高級感にあふれています。

診察室。1階部分には、診察室、泌尿器科検診室、X線室など、外来機能が集約されています。

泌尿器科検診室。1階部分には、診察室、泌尿器科検診室、X線室など、外来機能が集約されています。

X線室。1階部分には、診察室、泌尿器科検診室、X線室など、外来機能が集約されています。

屋上には、太陽光発電設備も設置。

  • 左へ進む
  • 右へ進む

お客様の声と事例

上手な計画進行は、まずご相談から

市場調査レポート依頼

独自のシルバーエイジ研究所による「市場調査」
レポートを活用して、事業を成功に導く第一歩を!
独自のノウハウに基づく市場調査レポートをぜひご活用ください。

土地・建物などのご相談

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって
蓄積された医療・介護・福祉施設の開設における知識と技術で
お客様の事業運営をバックアップします。


HOME

このページの先頭へ