田舎暮らしの夢をサポート。スローライフに役立つお得な特典満載!ダイワハウスのスローナ倶楽部

スタッフからの現地便り

宮城蔵王リゾートに行って来ました。

  • 更新日:2010年06月15日
  • カテゴリ:分譲地紹介

▲蔵王のシンボル「お釜」。まだ雪が少し残っていました。

入梅も始まったばかりの6月11日、12日にオールアバウトというWebサイトの取材でロイヤルシティ宮城蔵王リゾートに行ってきました。
今回は宮城蔵王の自然のすばらしさと、分譲地内で定住をされている方の暮らしぶりを紹介するという内容の取材です。
1日目、分譲地内から「お釜」に向うエコーラインは霧の真っ只中。5m先も見えないくらい深い霧に包まれていましたが。お釜の近くまで来ると、なんと快晴です。雲の上に出てしまいました。数年ぶりにお釜を拝見する事が出来ました。
 
▲新緑がきれいなエコーライン

2日目は快晴。オーナーさまの取材も行われ、色々なお話を聞くことが出来ました。内容は7月に公開される予定のAll Aboutのサイトでご確認ください。家庭菜園をれているお庭でオープンデッキからは蔵王連山を見渡せるすばらしいお家でした。
 
▲家庭菜園をされているお庭           ▲オープンデッキからは蔵王連山が見渡せます

オーナーさまの取材終了後、分譲地の街並みを撮影していましたが、桜の木にサクランボらしきものがありました。どうみてもサクランボですが食べる勇気がなかったのでカメラマンさんに「どうぞ」と一言。カメラマンさんいわく「むちゃくちゃ美味しかった」そうです。
 
▲ロイヤルシティ宮城蔵王リゾートの個性豊な街並み風景
 
▲おいしそうなサクランボがぎっしり

都会に住んでいる私たちにとっては目にすることもないような体験をさせていただきました。
今回は2日間の取材でしたが宮城蔵王エリアは壮大な自然と観光地を併せ持つリゾートエリアだと感じました。
まだまだ他に紹介したい箇所がたくさんありましたが、それはロイヤルシティ宮城蔵王リゾートのホームページをご覧ください。

現地案内事務所「リビングサロン」
※上記写真は平成22年6月撮影

 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら