田舎暮らしの夢をサポート。スローライフに役立つお得な特典満載!ダイワハウスのスローナ倶楽部

スタッフからの現地便り

お試しデュアルワーク(伊方町・ダンバラさま 初回)

  • 更新日:2020年04月17日
  • カテゴリ:その他

2020年3月23日

 やけにトンネルが多いな。
ハンドルを握りながら、そんな風に思いました。
佐田岬半島の只中を、体をくねらせながら走る稲妻のような国道197号線は、
ほんとうにトンネルだらけです。


(塩成第一トンネル 分譲地から約6.5km)

 八幡浜を過ぎてからめっきり人家も少なくなり、緑溢れる道が蛇行するばかり。
松山で借りたレンタカーをのんびり走らせると、木々の切れ目から時折蒼い海原が覗きます。


(佐田岬メロディー道路 分譲地から約9km)

 今日から1週間の予定で伊方町にやって来ました。
「お試しデュアル+ワーク」という企画に参加するためです。

 これはdual(二つの、二重)とwork(働く)を足した造語で、二つの地域や二つの企業、二つの職種で仕事をするという新しい働き方を意味します。
IターンやUターンなどの地方移住と平行して、都会と地方間の2拠点居住、3拠点居住も注目されています。それをお試しでやってみませんか、という企画です。

 じつは参加するのは2回目なんです。
前回は石川県の志賀町という、能登半島の付け根にある海辺の町でした。
伊方町も半島の町ですから、共通性があります。
しかし共通項と言ったらそれくらい。
敢えて予備知識ゼロで乗り込んだので、右も左も分かりません。
どんな暮らしが待っているのでしょうか。


(伊方町大久地区を望む 分譲地から約1.5km)

 そうこうするうちに、左手にパルテノン神殿のような不思議な建物が見えて来ました。
展望台だそうです。そのすぐ先を右折すると、今回お世話になる大和ハウスさんの「ロイヤルシティー佐田岬リゾート」は目と鼻の先です。

新しい生活が始まりました。


 ダイワハウスさんでご挨拶や諸々の手続きを済ませた後、買い出しと食事を兼ねて三崎まで車で移動しました。フェリー乗り場のそばに駐車して、まずは名物のじゃこ天を賞味。


(三崎ではじゃこ天が猛烈にアピールされてました 分譲地から約11km)


 
(これがじゃこ天です 分譲地から約11km)
 
 折良く碇泊していたフェリーを眺めながら、落ち着いた風情を楽しんでいました。ここから大分県の佐賀関まで乗っていけるそうです。別府まで行くのも良いかもしれませんね。覚えておきたいところです。


(九州に向かうフェリー 三崎港 分譲地から約11km)

 もうしばらく海沿いを徘徊してみます。すると昭和感ただよう喫茶店がありました。貼り出されたメニューに目を通したところ、「ちゃんぽん」の文字が踊っています。「佐田岬半島では九州のものとは異なるちゃんぽんが食べられていて、しかもラーメンより人気がある」という話を小耳に挟んでいたので、さっそく扉を開きます。近所に住むいつもの面子と、フェリーに乗ってきた九州のお客さんを相手にしているのでしょう。なんとものんびりした雰囲気。お店の中はお城の写真で埋め尽くされています。
 

 本棚にどっちゃり用意された漫画を読みながら、ちゃんぽんが運ばれてくるのを待ちました。ついに姿を現したそれは、たしかに見慣れたちゃんぽんとは別物でした。九州のもののようにスープが白濁していません。醤油系で野菜や鶏ガラなどのエキスも染み込んでいるようです。えらく優しい味です。刺激のつよい豚骨スープで擦れ枯らしてしまった都会人には、お婆ちゃんの手料理のような日だまり感さえ感じられました。


(醤油出しのちゃんぽん)


(喫茶店内観) 


※写真はすべて2020年3月撮影、伊方町内で撮影

ダンバラさまの前回の記事はこちら

 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら