田舎暮らしの夢をサポート。スローライフに役立つお得な特典満載!ダイワハウスのスローナ倶楽部

スタッフからの現地便り

お試しデュアルワーク(伊方町・ダンバラさま 4回目)

  • 更新日:2020年05月05日
  • カテゴリ:その他

2020年3月26日

 天気予報によると、この日の夜から数日間、天気が大幅に崩れるとのこと。
早めに出かけようと、名物のしらす丼で有名な「しらすパーク」へ。


(「しらすパーク」の「しらす食堂」 分譲地から約9km )
 
 「一帯どこにこんな人が?」というくらい賑わっていて、軽く驚きました。川之浜海岸の前なのでロケーションは抜群。夏はきっとかなり良い感じでしょうね。
 せっかくなのでしらす丼定食を注文。しらすはとても新鮮でした。


(しらす丼)


 そこから亀ヶ池温泉へ向かうも、グーグルマップが間違った場所にピンを立ててており、あらぬ方向に誘導された挙げ句、どこまでも1本道なので延々遠巡りをさせられました。
 そうしてようやくたどり着いたと思ったら、なんと月1日しかない休館日。グーグルによると、この日も営業中だったんですが……。


(道に迷っているとき見かけた、巨大なわらじ)


(運転者の心境とは無関係に、黄色い花弁を揺らす菜の花。愛媛県は道端に咲く菜の花がすごく多い土地です )

 閉まっている以上、ここにいても仕方がありません。給油も兼ねて、10キロ先の湊浦まで足を伸ばします。
 ガソリンを入れて、食事をして、帰ろうかというタイミングで雨が降り始めました。辺りは既に日が落ちています。
 ふだん車は運転しておらず、もっぱら地方に行ったときだけハンドルを握るのですが、地方の夜道は暗いので運転慣れしていないドライバーには難敵です。しかも天気は雨。
 
 気乗りせぬまま車を走らせたところ、197号線沿いを猛烈な横風が襲い始めました。轟音を響かせるその様は、嵐といっても過言ではありません。みかん畑が生け垣で覆われている理由が分かりました。

 さらにしばらくすると、霧まで出てきました。「5メートル先がようやく見えるか?」というレベルの深刻な濃霧です。風が強ければ霧はどこかにかき消されるものと思っていたのですが、どうも様子が違います。一向に視界が回復する様子がありません。

本当に視界が悪い瞬間は、さすがに写真を撮る余裕がありませんでした.


 佐田岬半島に来て、まだ数日です。ダイワハウスの佐田岬リゾートへの目印となるギリシャ調の展望台は、この濃霧でも見分けられるのでしょうか?
 ちらちらとグーグルマップに視線を移しながら、慎重に運転しました。そこからどれだけ気を揉みながら運転したのかは、ご想像にお任せします。
 最期の最期、お借りしている家のすぐそばに来たとき、突然見慣れた家が夜霧の中から現れたので、驚いたのと同時に大きく安堵しました。これだけ荒れるのは珍しいようですが、佐田岬の自然を舐めちゃいけませんね。
 
 結局、この日の夜から2日半、霧と雨と強風に阻まれて、外出できませんでした。都会にいると霧なんて体験しません。
  
 そういう意味では貴重な経験となりました。


(いつもは抜群の眺望を誇る せとうみショートステイハウス)


(この2日半はモノクロームの世界でした)


 

すべての写真は2020年3月撮影、伊方町内で撮影
 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら