昔ながらの農家の生活を今風にアレンジしてみました。

森林住宅地 モデルプラン集

プライベートファームのある家 木造 平屋 3LDK 延床面積/163.96m²(49.59坪)

昔の農家の家には、自然を利用した工夫がありました。
日差しを取り入れ、風を通し、建物の中の暖かいところに部屋を取り、涼しい部分に貯蔵庫を取る。
雨水を貯め畑にまき、チャボやヤギに雑草や害虫を食べてもらう。
そんなエコな生活は、現代の別荘生活にも共通する部分があるのではないでしょうか。
今回の提案では、そういった様々な工夫をアレンジして取り入れました。

外観

外観

内観

A. 料理の出来る薪ストーブ

キッチン横の土間スペースに薪ストーブを設けました。昔のかまどの様に料理に使うほか、おもてなしの土間スペースの暖房も兼ねています。

B. おもてなしの土間スペース

テーブルと椅子を置いてカフェのようにお客様と寛ぐ土間スペース。大好きな道具の保管や趣味の作業場、ペットのスペース等用途は様々です。

C. 広縁

昔ながらの広縁はひなたぼっこの空間。西日も有効利用し家の空気を暖めます。

D. チャボのいる農園

無農薬の農園では雑草や虫を食べてくれるチャボが大活躍。

土間収納と味噌づくりスペース 土間スペースと一体利用できる土間収納と味噌を熟成させるスペースを設けました。
趣きのある門構えの玄関 玄関は広く取り、門構えを意識したデザインとしました。
畳スペース 小上がりの畳スペースでは堀ゴタツや囲炉裏を設置してごろ寝のできるスペースに。
 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら