賃貸住宅経営
  • 賃貸住宅経営について
  • 賃貸住宅経営開始までの流れ
  • 賃貸住宅経営サポート体制
  • 税金について
  • 事例紹介
  • 商品紹介
  • 相談する
  • 活用一覧

土地活用をお考えの方へ、賃貸住宅・賃貸マンション経営のご提案

画期的な「静けさ」を賃貸住宅へ。気になる「音」をブロック

遮音について

賃貸住宅でとくに気になるのが、上階からの「音」。そんな入居者ニーズにお応えするため、様々な角度から「住みやすさ」を追求してきたダイワハウスが、業界随一の遮音性能を誇る「サイレントハイブリッドスラブ50」を開発しました。上階、下階ともにプライバシーが守られ、「音」を気にすることのない、快適な生活をご提供します。賃貸住宅に画期的な「静けさ」をダイワハウスがお届けします。

画期的な「静けさ」を賃貸住宅へ。気になる「音」をブロック 高遮音床サイレントハイブリッドスラブ50 業界発※1LH50(等級5相当)を実現※1:軽量鉄骨造の賃貸住宅 上階から聞こえる「音」を約3分の1※2に低減※2:当社従来仕様比

業界初の遮音性能

お子様が走ったり、跳んだりする「ドンドン」「ドスン」という重量床衝撃音、コップやスプーンなどが落ちる「コツン」という軽量床衝撃音など、上階の「音」はとにかく気になるもの。「サイレントハイブリッドスラブ50」はそれらの床衝撃音を約1/3に低減しました。

上階からの床衝撃音を約3分の1に低減。

大幅にアップした遮音性能

当社はご入居者の満足度向上のため上下階の遮音性能を高める開発を進め、軽量鉄骨造の集合住宅で業界初となる、「LH-50」、「LL-40」の床を開発しました。これにより、当社従来仕様に比べ、3ランクアップの商品が誕生しました。

重量床衝撃音(LH: Level, Heavy-weight)

LH - はお子様が走り回ったり、飛び跳ねたりするような、かなり大きい音を示します。「サイレントハイブリッドスラブ50」は軽量鉄骨造において、最高クラスの遮断等級5(LH-50)の性能を有しています。

重量床衝撃音遮断性能

軽量床衝撃音(LL: Level, Light-weight)

LLは日常の比較的小さい衝撃音を示しており、「サイレントハイブリッドスラブ50」は当社従来の仕様である遮断等級3(LL- 55)から、最高クラスの等級5超(LL-40)に性能を高めました。

軽量床衝撃音遮断性能
  • ※「LH」「LL」はJIS(日本工業規格)の測定基準に基づく性能表記であり、当社仕様は実測値によります。またその他はホームページなどで公開されている情報を参考にしています。
  • ※数値の見方/L値:数値が小さいほど遮音性能が優れています。
  • ※等級表示は、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)の日本住宅性能表示基準に基づいた等級に相当します。
  • ※約1/3は、当社従来仕様比です。必ずしも上階からの音を約3分の1に低減する訳ではございません。
  • ※音の感じ方は個人差により異なります。
  • ※プランなど、諸条件によって数値は変動します。

RC造の27cm厚スラブに匹敵

上の階の床から下の階の居室に伝わる重量床衝撃音(重量のあるものの落下や歩行音の衝撃音)の遮断の程度をコンクリート単板スラブの厚さに換算した場合の厚さを「スラブ厚○cm相当以上」と表記し、数値が高いほど、遮音性が高いことを示します。当社の賃貸住宅の現行標準仕様が相当スラブ厚11cm以上であるのに対し、「サイレントハイブリッドスラブ50」では、相当スラブ厚27cm以上と評価されます。

  • ※相当スラブ厚表示は、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)の測定基準に基づく指標です。

どんな生活シーンでも、音をブロック!

大きな衝撃音はもちろんのこと、小さくても気になる音など、賃貸住宅の大きな悩みの種となる「音」も「サイレントハイブリッドスラブ50」で問題解決。暮らし心地がさらにアップします。

サイレントハイブリッドスラブ50を採用した賃貸住宅の場合
床衝撃音に対する遮音等級と生活実感 (出典:建築学会)

特殊な材料で遮音性を高めた床構造

ダイワハウスの技術力を集結した「サイレントハイブリッドスラブ50」は、遮音性を高めるリブ付断面のコンクリート床版や梁上防振材といった特殊な材料を採用しています。

設計基準強度60N/mm2、リブ付き高強度プレキャストコンクリート床版

「サイレントハイブリッドスラブ50」は、床版に設計基準強度「60N/mm2」の高強度プレキャストコンクリート床版を使用しています。さらにリブをつけた形状にすることにより剛性を増し、衝撃を受けたときの振幅を小さくします。またリブの凹部分の空間で空気伝播音を拡散し共振を防止しています。加えて梁上防振材と組合せることにより、遮音性を向上させた静かな住まい環境を提供します。

  • ※株式会社エム・テックと共同開発(特許出願中)
サイレントハイブリッドスラブ50の床構造
拡大版イメージ図

振動を低減する防振材

梁上防振材がプレキャストコンクリート床版を支持。この特殊な「防振材(粘弾性体)」が、梁や柱に伝わる振動を低減します。粘弾性体は衝撃吸収性や防振性に優れた素材で、スポーツシューズの衝撃吸収材として使われたり、地震や機械などの震動を低減する装置や、オフィスビルの制振装置にも活用されています。

梁上防振材

お客様のニーズ

優れた「遮音性」が賃貸住宅の価値を高めます

ご入居者が賃貸住宅を選ぶ際の大きなポイントが、「遮音性」です。当社が行った入居者アンケートでも、音に関する不満は多く、中でも上下階の遮音性に対する不満度はトップに。そんな音問題を解決するのが、「サイレントハイブリッドスラブ50」。快適な音環境を整え、賃貸住宅の価値を高めます。

多くのご入居者が「上下階の遮音性」に不満を感じています。

上下階の遮音性アップで入居率もアップ!安定した賃貸住宅経営をサポートします。

賃貸住宅での生活上、不満に感じることは何ですか? (出典:2012年4月~9月当社賃貸住宅入居者アンケートより N=2743)

どんな上下階の「音」が気になりますか? (出典:2012年4月~9月当社賃貸住宅入居者アンケートより N=2743)

対応商品

※戸建て、メゾネットタイプは対象外となります。

サイレントハイブリッドスラブ50を体験したい

D-roomプラザ館には遮音体感ルームがございますので体験希望の方はこちらまで

ダイワハウスの賃貸住宅D-roomが体感できる D-roomプラザ館 詳しく見る

賃貸住宅経営についての相談はこちら

賃貸住宅経営について相談する
資料を取り寄せる(無料)


賃貸住宅経営、その一歩を踏み出す時は、私たち、ダイワハウスがお手伝いをさせていただきます。

商品紹介

賃貸住宅経営・アパート経営・マンション経営をお考えの方へダイワハウスでは、
目的に合わせて様々な商品をご用意しております。

おすすめ賃貸住宅経営事例紹介



このコンテンツに関するコラムのご紹介

ダイワハウスが運用する土地活用ラボでは、土地活用に関する様々な情報を提供しております。


  • TOP

このページの先頭へ

賃貸住宅経営開始までの流れ

商品紹介