土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

  • 賃貸住宅経営のポイント
  • 土地活用バリエーション

コラム vol.035

定期借地型土地活用のメリットと注意するポイント

公開日:2015/05/12

定期借地型の土地活用は、以前から広く行われている方法であるが、土地活用のもっともポピュラーな形である賃貸住宅経営ほど、その内容が広く知られていない。

土地活用では、主に遊休地つまり今は使っていない土地の活用を行うわけだが、その土地は、いつの日か自分が使う時が来るかもしれない。

遊休土地を一定期間(10年~30年のパターン、30年~50年のパターンにより、若干内容が異なる)貸すタイプの土地活用である、定期借地型土地活用の特徴やメリットをあげると、

  • (1)自らの土地に建物(賃貸住宅、店舗など)を建てる土地活用ではなく、ただ貸すだけ
  • (2)そのため、基本的には借入れが不要
  • (3)自己資金不要
  • (4)遊休地のまま放置することに比べて固定資産税が軽減される。
  • (5)当初の相続税評価が減額される。(減額される)
  • (6)譲渡税のかからないまとまった保証金が入る。
  • (7)主に企業相手なので、毎月安定した地代が期待できる。

一方、注意すべき点は長期契約となり、賃料の取り決めが難しい。とくに、これからしばらく続くと予想されているインフレ経済時には注意が必要だ。何年ごとに契約金額を見直すか?長期一定契約ならインフレ時には相場よりも安い賃料の可能性もある。
定期借地型の土地活用は、リスクが少なく安定感が見込め、各種の減税効果も期待できる魅力的な土地活用だ。
それだけに、確実に水準以上の収益をあげたいものだ。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ