土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

最新コラム

  • ICTを活用した地域活性化 地方における地域活性化の取組を持続可能とするためには、地場産業を振興し、収益源を創造することも大切な要素です。今回は、ICTの活用により地域産業を再生
  • eコマース企業が抱える構造的問題の解決に向けて ロボットの導入を検討し始めたのは、2014年くらい。その頃、eコマースが伸びているのに労働力不足により物流センターでの働き手の確保に苦労しはじめていました
  • 「不動産情報」 不動産には土地・建物の所在地や面積から所有者、権利関係の移転の推移など多くの情報が詰まっています。不動産登記の情報を見れば一目瞭然ですが、不動産テック
  • 2018年度の証券化取得不動産は4.7兆円~国交省が実態調査~ 国土交通省は昨年11月に2018年度の「不動産証券化の実態調査」の結果を公表しました。それによると、証券化された不動産や信託受益権の資産額は約4.7兆円で、前年度
  • 「道の駅」を拠点とした地域再生の取り組み 近年、各地に魅力的な道の駅が誕生し、地域内外からの多くの来訪者の憩いの場となっています。また、集客力が高い観光地の道の駅は、地域外から流入する
  • 物流倉庫の自動化でSCM改革を起こす ひと口に自動化といってもいろいろな技術があり、様々な問題を解決することができるのですが、現状は、なんといっても人件費が抜き差し
  • 第1回 関西物流展2019 2019年11月27日(水)から29日(金)の3日間、インテックス大阪にて、関西物流展実行委員会〔(株)新東通信内〕主催のもと、第一回『関西物流展』
  • 第1回 関西物流展2019 プレゼンテーションションセミナー 今、日本の物流を取り巻く産業構造は大きく変化しています。物流自体はもちろん、もっと源にある日本のものづくりが変革の真っただ中にいます。一つ目は、サプライチェーン
  • 進展求められる不動産のバリアフリー化 JRや私鉄といた公共交通機関で段差の解消や点字ブロック、車いす対応型トイレの設置などバリアフリー化が着実に進んでいることが、国土交通省の調査で明らかに

おすすめコラム

  • 第1回 関西物流展2019 プレゼンテーションションセミナー 今、日本の物流を取り巻く産業構造は大きく変化しています。物流自体はもちろん、もっと源にある日本のものづくりが変革の真っただ中にいます。一つ目は、サプライチェーン
  • 進展求められる不動産のバリアフリー化 JRや私鉄といた公共交通機関で段差の解消や点字ブロック、車いす対応型トイレの設置などバリアフリー化が着実に進んでいることが、国土交通省の調査で明らかに
  • 「リフォーム・リノベーション」 リフォームとリノベーションは、空き家の利活用や中古住宅の流通促進などの不動産が抱える課題を改善するための方策として、不動産テックの分野で最も注目
  • 30年後の国土を展望~国交省審議会が議論開始~ 国土交通省の国土審議会は10月30日、有識者会議の「国土の長期展望専門委員会」の初会合を開きました。30年後の国土の姿を展望し、将来の課題を整理
  • 「スペースシェアリング」 スペースシェアリングは、仲介サイトを経由してオフィスや自宅などの空きスペースを貸したり借りたりするサービス。自動車や住居、不動産など、あらゆるもの
  • 中山間地域の生活圏を再生する取り組み 少子高齢化や人口減少による地域住民の生活基盤への影響は、特に中山間地域(山間地及びその周辺の地域)にとって大きな問題となります。中山間地域は

注目ランキング

  • No.1
    「道の駅」を拠点とした地域再生の取り組み 近年、各地に魅力的な道の駅が誕生し、地域内外からの多くの来訪者の憩いの場となっています。また、集客力が高い観光地の道の駅は、地域外から流入する
  • No.2
    物流倉庫の自動化でSCM改革を起こす ひと口に自動化といってもいろいろな技術があり、様々な問題を解決することができるのですが、現状は、なんといっても人件費が抜き差し
  • No.3
    第1回 関西物流展2019 2019年11月27日(水)から29日(金)の3日間、インテックス大阪にて、関西物流展実行委員会〔(株)新東通信内〕主催のもと、第一回『関西物流展』
[1・2月開催] ダイワハウスの賃貸住宅経営セミナー 参加無料/予約制

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ