土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

最新コラム

  • 公民連携による国土強靭化の取り組み【3】BCP(事業継続計画) 近年、気候変動の影響もあり、自然災害による被害が甚大化しつつあります。災害による被害を最小化するためには、平常時から被害を予測して施設・設備
  • 第3回 これから物流はどのような価値を創り出していくのか 安高さんがSBロジスティクスでこれからどのようなことを目指しており、具体的にどのようなことをしているのか、お聞かせいただけま
  • 全国に拡大するスマートシティ事業 AIやIoTなどデジタル技術を活用してまちづくりにおける課題を解決し、新たな価値を創り出して生活の質向上を目指す都市計画「スマートシティ」が全国に
  • 注目集めるWELL認証(1)WELL認証とは何か 働く人々の健康や快適な居住性を重視してオフィス空間の環境性能を評価するWELL認証が注目を集めています。コロナ禍でリモートワークなど多様な働き方が登場
  • 公民連携による国土強靭化の取り組み【2】 国土を強靭化し、国家及び社会の重要な社会機能を維持し、人命を最大限保護するためには、社会インフラの保全が最も需要な課題であると言えます。国内の公共インフラは
  • 第2回 美しいストーリーが物流の新たなステージを拓く 昨年から続いているこのコロナ禍で、物流関連の課題の中で顕在化されたものもたくさんあったと思います。例えば1年前、トイレットペーパーやマスク
  • 長期化する「ウッドショック」 北米などから輸入される木材の価格高騰が続いています。アメリカでコロナ禍による新築住宅需要が高まり北米産の木材価格が急上昇。輸入製材に頼る日本国内の
  • (12)ESG投資を巡る諸課題 ESG投資が普及・発展するには、投資対象である企業がESGに積極的に関与し、その取り組みや成果によって企業の価値や評価が決まる状況を生み出すことが重要
  • 公民連携による国土強靭化の取り組み【1】 昨今、世界的にさまざまな分野で国土強靭化の取り組みが進んでいますが、国内においても、2013年12月に、「強くしなやかな国民生活の実現を図

おすすめコラム

  • 第1回 日々変化する世界とともに物流も変わり続けていく 現在、SBロジスティクスのCOOをされていますが、物流事業を行われるようになったのは、どのようなきっかけだったのですか。
  • (11)SDGs経営とESG投資 現在、SDGsへの取り組みの度合が企業評価のデファクト・スタンダードのひとつになりつつあり、SDGsに配慮した経営を展開していくことが企業の持続可能性を高める
  • グリーンインフラとEco‐DRR 植物や河川、森林など自然の持つ力を生活基盤の改善に活用していこうとする考え方「グリーンインフラ」が最近、注目されています。国土交通省もこのほどグリーン社会の実現
  • 折れない”エネルギー基盤整備で強靭化を図り地域活性化を目指す 分散型配電網を整備し、電力レジリエンス(復旧力)を高めて地域の強靭化を図り、将来的な地域活性化に繋いでいこうとする挑戦が各地で始動してい
  • 第3回 お客様の現場におけるDXを推進する 2020年10月に、千葉県印西市の千葉ニュータウンで、「(仮称)千葉ニュータウンデータセンターパークプロジェクト」が着工
  • (10)脱炭素の動きとESG 改正地球温暖化対策推進法(改正温対法)が2021年5月下旬に国会で成立しました。国や自治体、企業が取り組むべき気候変動

注目ランキング

  • No.1
    長期化する「ウッドショック」 北米などから輸入される木材の価格高騰が続いています。アメリカでコロナ禍による新築住宅需要が高まり北米産の木材価格が急上昇。輸入製材に頼る日本国内の
  • No.2
    (12)ESG投資を巡る諸課題 ESG投資が普及・発展するには、投資対象である企業がESGに積極的に関与し、その取り組みや成果によって企業の価値や評価が決まる状況を生み出すことが重要
  • No.3
    公民連携による国土強靭化の取り組み【1】 昨今、世界的にさまざまな分野で国土強靭化の取り組みが進んでいますが、国内においても、2013年12月に、「強くしなやかな国民生活の実現を図

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ