土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

最新コラム

  • 30年後の国土を展望~国交省審議会が議論開始~ 国土交通省の国土審議会は10月30日、有識者会議の「国土の長期展望専門委員会」の初会合を開きました。30年後の国土の姿を展望し、将来の課題を整理
  • 「スペースシェアリング」 スペースシェアリングは、仲介サイトを経由してオフィスや自宅などの空きスペースを貸したり借りたりするサービス。自動車や住居、不動産など、あらゆるもの
  • 中山間地域の生活圏を再生する取り組み 少子高齢化や人口減少による地域住民の生活基盤への影響は、特に中山間地域(山間地及びその周辺の地域)にとって大きな問題となります。中山間地域は
  • 海外投資家からの日本不動産への評価調査を公表 海外投資家から日本の不動産への投資が増加する中、日本の不動産に対する評価はどのように変化しているのでしょうか。 国土交通省が行った
  • ロボットを導入するということは、プロセスを変革するということ ティーチレスで稼働するロボットは、動きもスムーズですね。ティーチングしたロボットの動きはカクカクしています。 人間のように考えられませんから、ティーチングしたロボットは
  • ロボットを動かす「脳」をつくる 2011年に創業されて、2017年には中国eコマース大手のJD.comに数十台のロボットを納入し、今回、75億円の資金調達を実施されました。ものすごいスピードで
  • 増加するサウンディング型市場調査 行政と民間業者が公有地の活用や民間活力の導入について事前に直接対話する「サウンディング型市場調査」が、いま増加しています。官民連携事業の推進に繋がるとして
  • 「IoT」 「IoT」は「Internet of Things」の略で、直訳すれば「モノのインターネット」、この技術によって、インターネット経由で自宅にあるエアコンや照明を操作したり
  • ドローン訓練施設としての廃校活用 最近、空撮や運搬の手段として、ドローン(無人飛行機)を活用する動きが活発になっています。一方で、ドローンを市中で飛行させるには、様々な規制が

おすすめコラム

  • ロボットを動かす「脳」をつくる 2011年に創業されて、2017年には中国eコマース大手のJD.comに数十台のロボットを納入し、今回、75億円の資金調達を実施されました。ものすごいスピードで
  • フードディストリビューション2019 9月11日(水)~13日(金)、東京ビッグサイト青海展示棟にて、一般社団法人日本加工食品卸協会と一般財団法人 食品産業センター主催のもと、「フードディス
  • フードディストリビューション2019 プレゼンテーションセミナー 大和ハウス工業は、建築会社・住宅メーカー・デベロッパーという三つの顔を持っていますが、元々は建設会社で、食品の製造施設や物流施設を数多く手掛けて
  • 「物流施設の機能強化」で多くの新規施策が提唱される 2017年7月に閣議決定された、「総合物流施策大綱」に基づいて具体的施策を取りまとめた「総合物流施策推進プログラム」について、その進捗と振り返りとして
  • 官民連携による廃校活用で地域活性化 廃校の活用事例の中には、地元企業を誘致することで、地域活性化につなげている取組も多くあります。そのような事例を、文部科学省が編集した「廃校施設活用事
  • ロジスティクスソリューションフェア2019 2019年8月27日(火)~28日(水)、東京ビッグサイト西3ホールにて、「ロジスティクスソリューションフェア2019」が、公益社団法人日本ロジスティクスシステム

注目ランキング

  • No.1
    増加するサウンディング型市場調査 行政と民間業者が公有地の活用や民間活力の導入について事前に直接対話する「サウンディング型市場調査」が、いま増加しています。官民連携事業の推進に繋がるとして
  • No.2
    「IoT」 「IoT」は「Internet of Things」の略で、直訳すれば「モノのインターネット」、この技術によって、インターネット経由で自宅にあるエアコンや照明を操作したり
  • No.3
    ドローン訓練施設としての廃校活用 最近、空撮や運搬の手段として、ドローン(無人飛行機)を活用する動きが活発になっています。一方で、ドローンを市中で飛行させるには、様々な規制が

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ