土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

PREコラム

関連コラム一覧

  • 官民連携による廃校活用で地域活性化 廃校の活用事例の中には、地元企業を誘致することで、地域活性化につなげている取組も多くあります。そのような事例を、文部科学省が編集した「廃校施設活用事
  • (2)地方自治体におけるPREの活用状況 2014年12月に、国から「まち・ひと・しごと創生の長期ビジョンと総合戦略」が発表されました。新時代のまちづくりが大きく動き出した今、地方活性化の鍵を握ると考えられているのがPRE戦略です。
  • (1)地方都市が抱える課題 多くの地方自治体では今、高度成長期における人口増加対策のまちづくりから、人口減少、高齢化を踏まえた新たなまちづくりへと、大きな転換が求められています。
  • 地域の「よりどころ」として校舎を再活用 廃校の再生事例としては、学校施設の特性を生かして、大学のオープンキャンパスや各種訓練施設としての再利用が多くみられます。また、廃校以前から地域住民が多く集う施設
  • 廃校となった校舎を活用した地域活性化事例 近年、少子化による児童生徒数の減少や市町村合併などの影響により、公立学校が、毎年500校程度廃校となっており、文部科学省によれば、平成14年度か
  • 日本における「スマート農業」の推進 農林水産省の「平成29年度 食料・農業・農村の動向」によれば、ここ10年の全若手農家(若手農家:49歳以下の基幹的農業従事者がいる販売農家)の経営耕
  • 海外における「スマート農業」の先進事例 ~米国~ まず、世界の穀物生産、消費の動向と米国の位置付けを見てみます。なお、穀物とは小麦、大麦、とうもろこし、米などのイネ科の農作物ですが、ここでは
  • 海外における「スマート農業」の先進事例 ~オランダ~ 今回は、海外における「スマート農業」の先進事例のうち、近年注目を集めているオランダの取組について、ご紹介します。まずは、オランダの実態を押さえておきま
  • 「スマート農業」による地域再生 今回は、農村部における地域活性化の取組、その中でも、近年注目されている「スマート農業」にスポットを当ててみます。農林水産省の公表資料によると
  • 「地域スポーツコミッション」による地域振興策 今回は、地域全体の地域資源とスポーツを関連付けることで、地域の活性化を図る「地域スポーツコミッション」の取組について紹介します
  • スポーツ施設を含んだ中核施設を活用 スマート・ベニューとは、日本政策投資銀行によれば「これからの街づくりおよびコンパクトシティの中核施設として、周辺のエリアマネジメントを含む
  • スポーツによる戦略的な地域振興 今回は、少し視点を変えて、近年注目を集めているスポーツによる地域振興について、考えてみます。少子高齢化、人口減少傾向が進むにつれ、各地域で地域資源を広く発信し、認知度を上げる地域振興策が活発化しています。
  • 英国BID制度にみるエリアマネジメント手法 現在、BID制度は世界各国で採用され、各国の国の事情に合わせた制度整備が進んでいます。日本におけるBID制度は緒についたばかりですが、今後、日本独自の制度として、どのように根付いていくのでしょうか。
  • 地域の資産価値を向上させるBID制度(地域再生エリアマネジメント制度) BID(BusinessImprovementDistrict:ビジネス改善地区)制度は、1970年代にカナダのトロントで誕生し、80年代に米国で発展、欧州を始め全世界に普及したといわれています。
  • 日本版BID制度「地域再生エリアマネジメント」 国土交通省が発行した「エリアマネジメント推進マニュアル(2008年)」によれば、エリアマネジメントとは「地域における良好な環境や地域の価値を維持・向上させるための、住民・事業主・地権者等による主体的な取組」と定義されています。
  • 官民連携で空き家問題を解決(4) 今回は、官民連携による空き家や空き店舗の活用事例を見ながら、地域において課題を解決する具体的な手法について考えたいと思います。
  • ~東京都八王子市~ 川口土地区画整理事業セミナー 2018年7月17日(火)、大和ハウス工業 東京本部ビル2階の大ホールにて、大和ハウス工業と八王子市との共催という形で「~東京都八王子市~ 川口土地区画整理事業セミナー」が開催されました。
  • 所有者不明土地の利用の円滑化(3) 未利用土地の有効活用に関して、平成27年度に「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されましたが、今年6月に所有者不明土地の活用に関連する「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法」が国会で可決され、来年6月までに施行されることが決定しました。今回は、この特措法についてご紹介します。
  • 次世代における地域開発の方向性を探る 島県浜通り南部に位置するJヴィレッジは、1997年に開設されたスポーツ施設です。
  • 地域開発戦略としての観光施策 地域を活性化するためには、中長期に亘っての地域開発戦略が必要なことはよく言われることです。
  • 事業承継の課題解決が空き家や空き店舗の解消に繋がる 空き家や空き店舗が生まれるひとつの要因に、地域における家業の廃業があります。事業を引き継ぐ担い手不足のため、止む無く事業を停止し廃業してしまうことで、店舗や工場が取り残され、それが空き家となっている地域は全国に見られます。
  • 都市部における空き店舗活用事例 中小企業庁では、地域商業自立促進事業を活用した商店街組合等の取組事例を、「全国商店街の挑戦」という事例集に取りまとめて毎年公表しています。今年も2月に中小企業庁のホームページに掲載されました。
  • 「空き家問題の解決は地域の活性化を生む」(5)空き家、空き店舗の活用が、地域コミュニティの再生を生む 空き家、空き店舗は、地域社会の保安上、衛生上、あるいは景観の面から、解決が急がれる課題です。その解決には、行政による強制力をもった劣悪な空き家の排除とともに、地域住民が一体となった空き家、空き店舗の活用への取組が必要です。
  • 都市部でも問題化する空き店舗について考える 人口減少と少子高齢化によって、特に地方部にあっては、空き家の増加が社会問題となっており、その解決に向けて、行政やまちづくり組織、住民が一体となった取り組みが進んでいます。
  • 古民家を商業施設としてリノベーションし、地域を活性化 人口の増減が、ある程度は安定している都市部などにおいては、空き家をリフォームすることにより、住居として再生する取組が少しずつではありますが増えているようです。
  • 国や自治体の空き家対策 前回の地方における空き家の現状では、空き家が地域で社会問題化している現状と、その主な要因が少子高齢化と人口の減少にあることを概観しました。
  • 地方における空き家の現状 地域再生における「空き家問題」について考えてみたいと思います。地域にとって、不動産を活用すること(PRE戦略)は、地域を再生するにあたって大きな課題のひとつですが、現実は、活用どころか、空き家が増加している地域も多くなっています。
  • 伝統工芸品のブランド化による地域再生プラン~現在に生きる伝統技術~ 伝統工芸品は、その作品の高い完成度が現代でも評価され、長い年月に渡り伝統的な造形のままで継承される一方、優れた伝統的製造技術を応用して、全く新しいコンセプトでヒット商品を生み出している企業もあります。
  • 伝統工芸品のブランド化による地域再生プラン~伝統工芸品の近代化~ 来日する外国からの観光客がよく口にすることですが、近代都市の中に、神社や仏閣をはじめ、歴史ある建造物や庭園などが混在していることに驚かされるといいます。地域全体を歴史的な遺産として保存している都市は、欧州などによく見られます。
  • 伝統工芸品のブランド化による地域再生プラン~山中漆器の挑戦~ 前回は、伝統工芸品の生産状況や取り巻く環境について概観しました。地域の名を冠した伝統的な技術を伝承するために、国や地方自治体、地域の人々が、職人の育成や販売促進に取り組んでいるところですが、若い後継者の中には、伝統工芸品の新たな魅力を開発し、日本はもとより世界に向けて、ダイナミックに提案型ビジネスを推進している挑戦者もいます。
  • 伝統工芸品のブランド化による地域再生プラン 地域再生には、特徴ある文化や商品・サービスが必要なのは当然ですが、本質的には、その地域にある、長年独自の技術・技法を守っている伝統的な工芸品に着目すべきです。
  • 中小企業が地域の名産品を支えて地域を育てる 地方再生には、地域のオリジナリティあふれる特性が欠かせません。そして、どの地域においても、独自性を出そうと四苦八苦しているのが現状でしょう。
  • 北陸新幹線の開業・延伸と観光地のブランド再生 鉄道あるいは空港や港湾の整備により、地域が大きく変貌することはよくあることだ。特に観光地であれば、観光客の入込数が大きく増減し、競合する周辺地域への影響も大きい。
  • 地域の再生のために、空き家だって役に立つ 回は、地方における空き家活用の取組をご紹介しよう。少子高齢化などによって、全国的に空き家が増加し、安全や衛生面で社会問題となっている。
  • 地域の再生のために、がんばれ中小企業! 今回は、民間企業の規模別による特性と時代的な変遷、地方都市における企業の分布などにフォーカスして、企業活動と地域活性化の相関から、地方の再生・創生に向けた支援のあり方などを考えてみよう。
  • 少子高齢化がもたらす地方都市の課題と再生への可能性 現在、地方を再生・活性化させる目的で、様々な施策や支援策、資金的補助が国や自治体から打ち出されている。
  • 日本版「CCRC」は、地方創生となるか? 現在、地方創生と都市部の介護人員不足という二つの問題を解決するための計画が、国によって進められています。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ