土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

CREコラム

関連コラム一覧

  • 複数株主から複数後継者への贈与税の取扱 特例事業承継税制では先代経営者からの贈与等を条件に、先代経営者以外の株主からでも贈与でき、かつ特例後継者は特例後継計画に記載された3人まで認められます
  • 資産流動化型の不動産証券化 企業が資産を有効に使って経営効率化を図るために非常に効果的な存在といえるのが、不動産証券化です。経営資源は有限であり、企業の資産は有効活用して
  • 待ったなしの「ホワイト物流」推進 EC取引全盛のいま、現代の物流を支えるトラック輸送の生産性向上と労働環境の改善は待ったなし。国はこのほど、自動車運送改革を進める「ホワイト物流」運動
  • 不動産証券化に「信託」が利用される理由 不動産の証券化では信託受益権や信託銀行の存在など、「信託」が持っている広範な機能が大いに発揮されます。不動産証券化になぜ、信託の機能が必要不可欠
  • 国土交通省も不動産投資におけるESGやSDGsへの取り組みを推進 国土交通省は2019年2月、「ESG不動産投資のあり方検討会」の初会合を開きました。近年、財務情報だけに頼らない投資判断が機関投資家の間で広がっており
  • オフィスのウェルネスを考える 生産性を高めるためのビル、オフィスのあり方を紹介してきましたが、前回「WELL認証」でも紹介したように、そこで「働く人」が心身ともに健康である必要があり
  • 雇用確保要件の緩和と事業継続要件 特例事業承継税制では、雇用確保要件80%の雇用を確保できなかった場合でも認定は取り消されず、会社に認定経営革新機構等支援機関の意見が
  • Eコマースの拡大と宅配便の再配達問題 自宅に居ながら買い物ができる通信販売。テレビ通販やインターネットショッピングは、翌日には商品を届ける宅配業者の存在が不可欠です
  • 不動産鑑定評価について 不動産証券化では、実物不動産の取得または譲渡の際には不動産鑑定士による鑑定評価が義務付けられています。対象不動産の
  • 人に配慮をした建築空間を評価する「WELL認証」 オフィスに勤務する人にとって働きやすさは、ビルやオフィスによって大きく変わります。昨今、建物に対する環境配慮や
  • 「特例事業承継税制」の経営者・後継者の要件 特例事業承継税制の適用を受けるためには、贈与・相続等の前には先代経営者が、贈与・相続等の後には後継者が
  • 森林経営管理法を知る 林業の規模拡大を目指す森林経営管理法が2019年4月から施行されます。森林の所有者に代わって自治体や民間事業者に伐採や植林など森林の管理を委託できる制度で
  • セール・アンド・リースバックについて 保有している不動産を売却したあともその不動産を継続使用するセール・アンド・リースバックがここ数年、増加しています。
  • ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)に代表される、「働く場所改革」 東京都心(千代田、中央、港、新宿、渋谷区)の2018年11月末時点でのオフィスビル平均空室率は前月比0.22ポイント低下の1.98%とほぼ満室状態となっているようです(三鬼商事発表資料に基づく)。
  • 株式を無税で後継者に引き継げる「特例事業承継税制」創設! 中小企業経営者の平均年齢のピークが69歳になり、中小企業の廃業数もピークを迎えようとしています。そこで平成30年度の税制改革において
  • 外国人雇用と建設・宿泊業界 改正出入国管理・難民認定法(入管難民法)が12月8日に成立しました。人手不足に悩むわが国の産業界は今後、新たな外国人労働者の受け入れに向けて体制を整備
  • 出口戦略について 不動産証券化は期間を定めて実行しますので、終了するときが来ます。その際に行う資金調達戦略を出口戦略と言います。
  • 多様なワークスタイルに対応する 前回、日本がこれから生産性向上を実現していくためには、働く人たちの多様なワークスタイルやライフスタイルを尊重し、「働き方改革」が可能な不動産のあり方を考え直す必要があることを紹介しましたが
  • 利益相反について 不動産証券化は、多くのプレーヤーが関わりながらその目的を実現するために業務を展開しますが、その仕組みの性質上、利益相反になるリスクを構造的に抱えているともいわれます。
  • サブリース関連トラブルに関係省庁が注意喚起 国土交通省は2018年10月下旬、消費者庁・金融庁と連携してサブリース契約に関する注意喚起を行いました。女性向けシェアハウスの運営会社の破たんや、一部の地方銀行が関与したシェアハウス向けの
  • 生産性を向上させるオフィス環境のあり方 働き方改革の大きな目的のひとつとして、業務効率化を実現し生産性を向上することが挙げられます。次のグラフ(図1)は、先進国各国と年間労働時間の平均と労働生産性を比較したものですが、
  • 「安心R住宅」制度で中古住宅流通市場が活性化 物件内容の情報が乏しいために不安視されてきた既存(中古)住宅の流通市場に、新たな動きが出ています。国が中古住宅市場の活性化を狙いに4月からスタートした「安心R住宅」制度をご紹介します。
  • 格付けについて 不動産証券化は、資金調達のための金融手段のひとつで、そこに資金を投じる人(投資家)にとっては資金の運用にあたります。このため、資金需要者にとっては資金調達コストの低減、投資家にとっては信頼できる投資情報が重要な意味を持ちます。今回は格付けについてご紹介します。
  • 働き方改革への不動産の関わり 現在、国を挙げて「働き方改革」が推進され、ICT分野を中心に、様々な業界において多様な解決策が提案されています。
  • 銀行が不動産業界に急接近 銀行が再び不動産業への関与を高めています。地方銀行業界は不動産業務の規制緩和を要望し、メガバンクでは不動産大手と組んで保有不動産の有効活用のための新会社を設立する意向といわれています。
  • デュー・デリジェンス 不動産証券化は、不動産が生み出す経済的な価値を前提とした金融手段です。それだけに不動産自体をあらゆる角度から適確に調査することが不可欠。今回は、こうした調査を指すデュー・デリジェンスについて考えてみます。
  • 注目を集める駐車場シェアリングビジネス 個人や企業が保有している駐車スペースを手軽に利用できる「駐車場シェアリング」が注目を集めています。
  • ノンリコースローンについて 不動産証券化は、主にSPC(特別目的会社)を設立して実行しますが、設立当初は資金が不足しているので、事業を開始するための軍資金を集める必要があります。
  • 信用補完について 不動産証券化は、企業にとって有効な資金調達手段の一つですが、投資してくれる人がいなければ成り立たないビジネス。
  • 倒産隔離と真正売買 不動産の証券化では、業務を適切に行うためのルールがあります。今回は倒産隔離と真正売買について考えてみます。
  • 不動産証券化における資金調達 不動産の証券化では、収益を生み出すための仕組みを作る必要があります。そのためにはSPC(特別目的会社)に軍資金がなければ、何も始まりません。
  • 不動産証券化には、どのようなプレーヤーが存在するか 不動産証券化は、多くの利害関係者が存在します。不動産を保有し資金調達を図りたいオリジネーター(原債権者)と投資家との間に入って証券化を完成させる役割を担っています。
  • 今さら聞けない「不動産証券化」(11)三つのタイプの不動産証券化 不動産の証券化には、資産流動化型と資産運用型(ファンド型)、開発型の3つのタイプがあります。
  • 資金調達、運用、そして新しいビジネス 企業が資金を外部から調達する方法としては、大きく分けて2つあります。ひとつは、企業自らが持っている信用力を担保にした資金調達。
  • 「不特法」改正で地方の不動産再生が加速 不動産を小口化し投資商品として販売する「不動産特定共同事業法」の改正法が昨年12月1日に施行されました。
  • 観光における地方の不動産流動化・証券化 内閣府は今年5月、地方創生の推進に向けて、地方で拡大する観光や健康関連の事業に対して安定的に不動産を供給するため、「地方創生に資する不動産流動化・証券化に関する意見交換会」を開きました。
  • コールドチェーンの課題と大和ハウス工業の取り組み グローバルコールドチェーンが東南アジアを中心に広がりを見せていることを紹介しましたが、まだまだいくつかの課題を抱えていることも事実です。
  • 地方における不動産流動化・証券化【ヘルスケア・CCRC分野】 内閣府は今年5月、地方創生の推進に向けて、地方で拡大する観光や健康関連の事業に対して安定的に不動産を供給するため、「地方創生に資する不動産流動化・証券化に関する意見交換会」を開きました。
  • 地方創生と不動産証券化 内閣府は今年5月、地方創生の推進に向けて、地方で拡大する観光や健康関連の事業に対して安定的に不動産を供給するため、「地方創生に資する不動産流動化・証券化に関する意見交換会」を開きました。
  • アジアに広がるグローバルコールドチェーン 食品の物流を効果的に行おうとするならば、低温や冷凍状態を保ったまま移動させる技術や仕組み(コールドチェーン)が必要になります。
  • 今さら聞けない「不動産証券化」(9)不動産証券化の歴史(3) 不動産証券化の代表選手といえるのが、J-REIT(Jリート)。当連載第4回「Jリートとは何か」でも触れましたが、その経緯を詳しく見ていきましょう。
  • 高齢化社会と不動産証券化 全国の病院で施設の老朽化が進んでおり、耐震化などを含めた建て替え需要が高まっています。高齢化社会の中、国の資金に依存しているだけでは医療機関の建て替えニーズに対応するのは難しく、民間の資本を導入する医療関連不動産の証券化が今後進むのは間違いありません。
  • 新技術によって「物流を革命的に変化させる」 国交省は、物流が果たすわが国の産業競争力の強化、豊かな生活、地方創生を支える社会インフラとしてより一層の強化を図るために、平成29年7月28日、「総合物流施策大綱(2017年度~2020年度)」を閣議決定しました。
  • 今さら聞けない「不動産証券化」(8)不動産証券化の歴史(2) 証券化は企業の資金調達手段を多様化させる原動力になりました。米国では住宅ローンの証券化によって、収入の低い人でもマイホームを実現するエンジンになりました。
  • 第8回 民泊新法と不動産証券化 訪日外国人の増加とともに国内での宿泊事情が変化しています。民泊新法がこのほど成立し、来春の法施行に合わせて民泊事業の環境整備にメドがつきました。民泊ブームに連動して、伝統的な古民家を再生し、投資用の宿泊施設に模様替えして証券化商品にする動きも出ています。民泊ニーズが新たな不動産証券化を生んでいる、とも言えそうです。
  • 不動産証券化の歴史(1) 不動産証券化が最も発達したのは米国。米国の金融当局は、国民のマイホーム保有を推進させるためには、土地を担保にした住宅ローンを取り扱う銀行が健全経営を継続する必要があると判断し、保有リスクのある住宅ローン債権を銀行から切り離し、政府系の公的機関が買い取りました。国の信用で銀行の住宅融資を支えたのです。
  • オフィス環境が「働きやすさ」「働きがい」を促進 現在のような知的生産性(ITビジネス、金融ビジネスをはじめとしたさまざまな知財を活用するビジネスのみならず、ホワイトカラーのビジネス全般の生産性)が求められる社会においては、高度成長時代とは違い、オフィス空間の重要性が飛躍的に高まっています。
  • なぜ不動産証券化が登場したのか 分かったつもりでも理解できていない。不動産の証券化も、そんなところがあるのではないでしょうか。練習はウソをつかない。
  • 第7回 不動産証券化とIT~不動産テックの波 不動産業とITを融合させた仕組み「不動産テック」が注目を集めています。ITを駆使して不動産の物件情報や地価を推定したりするサービスが登場しており、不動産証券化でもITを活用した新しい潮流は避けて通れないでしょう。
  • 「働き方改革」につながるワークプレイスとしてのCRE戦略 従業員の満足度、ロイヤリティの高さが企業の生産性に大きく影響することは、以前のコラム(No.31)で紹介したとおりですが、これがCRE戦略とどのように結びつくのかを考えてみましょう。
  • 第6回 金融軸で不動産証券化が過熱する「大手町と兜町結ぶ東京国際金融センター構想」 東京国際金融センター構想が再浮上しています。東京都は知事の交代などで遅れていた構想の実現に向けて議論を再開。証券と銀行の集積地である東京・大手町と兜町を繋ぐゾーンを軸に、首都を一大金融センターにしようと動き出しています。
  • 第5回 自動バレーパーキングで駐車場が変わる? 夢の乗り物といわれる自動運転車の実用化が加速しています。究極の安全運転を目指して普及すれば、交通事故低減や高齢者の移動支援などにもつながり、社会的メリットは測り知れません。
  • 中小企業の取組が地域コミュニティを活性化させる 今回は、地域における中小企業の取組をオムニバスでご紹介します。中小企業は、地域特有のニーズに細かく対応することで事業が成り立っていることが多く、その経済活動自体が地域コミュニティの活性化に繋がっているように思えます。
  • 中小企業白書に見る「中小企業における生産性」 日本の労働生産の低さが注目されるなか、企業規模で見た場合、どうなるのでしょうか。
  • 地銀が地方創生で不動産証券化に意欲 地方銀行が不動産証券化を使って地域活性化を図ろうとしています。
  • 【1】現状の活用法について 企業が保有する不動産資産を、経営者、事業責任者は、CRE戦略の観点からどのようにとらえているのでしょうか。
  • 【2】CRE戦略の目的、今後に対する期待 企業は、CRE戦略の観点からどのように不動産資産をとらえているのか、不動産資産を有すると答えた全国のビジネスパーソン(経営者ならびに部門・部署責任者)300名にアンケート調査を行いました。
  • 【3】CRE戦略実施にあたっての問題 企業が保有する不動産を、経営者、事業責任者は、CRE戦略の観点からどのようにとらえているのか、不動産資産を有すると答えた全国のビジネスパーソン(経営者ならびに部門・部署責任者)300名にアンケート調査を行いました。
  • 【4】CRE戦略と生産性向上 企業が保有する不動産を、経営者、事業責任者は、CREの観点からどのようにとらえているのか、不動産資産を有すると答えた全国のビジネスパーソン(経営者ならびに部門・部署責任者)300名にアンケート調査を行いました。
  • 【5】アウトソーシングに関する調査結果 企業が保有する不動産を、経営者、事業責任者は、CRE戦略の観点からどのようにとらえているのか、不動産資産を有すると答えた全国のビジネスパーソン(経営者ならびに部門・部署責任者)300名にアンケート調査を行いました。
  • 国交省、外国人向け不動産取引マニュアルを作成へ 国土交通省は、不動産業者が外国人とスムーズに不動産取引ができるよう、早ければ3月中にも業者向けの実務マニュアルを作成する意向です
  • 圏央道の開通がもたらすCRE戦略への影響 2017年2月26日に、圏央道の境古河IC(茨城県猿島郡境町)~つくば中央IC(茨城県つくば市)間28.5キロメートルが開通し、神奈川県の藤沢ICから千葉県の大栄JCTまでが1本の圏央道で完全につながりました。
  • 生産性向上の鍵を握る「物流生産性革命」 コラムNo.22で、国土交通省の進める「生産性革命プロジェクト」のいくつかを紹介しましたが、今回はその中の「物流生産性革命」をさらに詳しく取り上げます。
  • 生産性の向上こそが成長へキーワード 国土交通省は、人口減少や高齢化による労働力減少の中で経済成長を図るために、生産性の向上をテーマに、動き出しています。
  • 第2回 本格化するか インフラファンド 景気の影響を受けにくく安定した利回りが期待できる、と注目を浴びているのがインフラファンド。
  • 第1回 米国の規制緩和は不動産証券化市場を変えるか 不動産証券化は、保有する不動産を有効活用して資金の調達および運用を図る金融手法です。
  • 国土交通省が進める「土地・不動産の最適活用による生産性革命」とは 国土交通省は、経済の生産性向上を図ろうと、「土地・不動産の最適活用による生産性革命」として、様々な施策を打ち出しています。
  • 耐震・環境不動産形成促進事業実施要領の改正に見る、老朽化不動産対策 現在、マンションやオフィスビル、自治体の公共施設などの老朽化したビルや建築施設に対する対策が急がれています。
  • 小売業三業態(スーパー、コンビニエンスストア、ショッピングセンター)の動向に見るCRE戦略のヒント 国内の小売業の業態動向は現在、どのような傾向を示しているでしょうか。CRE戦略をBtoCの視点で見た場合、小売業の業態動向はひとつのヒントになるのではないでしょうか。
  • 不動産投資判断における重視度と用途の変化 不動産投資に関して、国内在住の投資家はどのような判断基準を持って投資を行っているのでしょうか。
  • CRE戦略としてのオフィス クリエイティブ・オフィスの具体例 企業が保有する不動産を有効に活用し、企業の価値を上げることがCRE戦略ですが、現実に商品やサービスを生み出し利益を上げ、企業の価値を上げるのは、何といってもそこで働く人材です。
  • CRE戦略としてのオフィス 創造的な活動を活性化するクリエイティブ・オフィス 日本の企業が保有する不動産(CRE)は、多くの企業において事務所や作業所など、いわゆるオフィスとして活用されています。
  • CRE戦略は何のために行うのか(7) 中小企業・小規模企業の事業承継・資産承継とCRE戦略 中小企業庁の統計データ(中小企業・小規模企業※の数等:2014年7月時点)によると、中小企業・小規模企業は380.9万社で、全体の99.7%を占めており、雇用で見ても約7割を占めていると言われています。
  • CRE戦略は何のために行うのか(6) 環境問題への取り組みとCRE 不動産に対する環境意識が年々、高まっており、環境問題への取り組みは、CRE(企業不動産)戦略を考えるうえで欠かすことのできないテーマとなっています。
  • CRE戦略は何のために行うのか(4) 活性化するM&A M&Aとは、英語の mergers and acquisitions(合併と買収)の略で、企業の合併や買収の総称を指しますが、CREを含めたM&Aは非常に活性化しています。
  • CRE戦略は何のために行うのか(3) 社会的な効果 企業が保有する不動産は、貴重な経営資源であることは間違いありませんが、同時に日本の国土という社会的資本という側面も持っています。
  • CRE戦略は何のために行うのか(2) CREの直接的効果 CRE戦略とは、企業の経営戦略に基づきながら中長期的な企業価値向上を目指すものですが、CRE戦略導入によって直接的な効果を得ることもできます。
  • CRE戦略は何のために行うのか(1) 企業価値を向上させる 国土交通省が発表する「法人の土地所有・利用状況」によると、法人が所有する土地の面積は24,972km2(平成20年現在)となっており、平成15年より2,549km2増加しています。
  • 特集 CREレポート CRE戦略実践のための「三種の神器」 海外の先進的なグローバル企業のCRE戦略には、3つの共通点が見られます。私はこれらの共通点を、CRE戦略実践のための「三種の神器」と呼んでいます。
  • 特集 CREレポート シェアードサービスの一翼を担うCRE戦略 その通りです。CRE戦略は、企業の本業に関わる一連の業務工程である「バリューチェーン」を支える「シェアードサービス」であると認識することが非常に重要です。
  • 特集 CREレポート Vol.2 日本のCRE戦略の課題 日本においても、外国人持ち株比率の上昇や物言う株主の台頭により資本市場から一層高まっている資産効率向上の要請、固定資産の減損会計適用など時価会計に向けた会計制度の変更、内部統制強化の要請などを背景に、適切なマネジメント体制の下で、組織的に、そして戦略的にCRE戦略に取り組む必要性が高まっています。
  • 特集 CREレポート CSRとCRE戦略の在り方 CRE(Corporate Real Estate)とは、企業が事業を継続するために使うすべての不動産を指します。
  • 土地活用ラボ for Biz について 企業が持つ不動産をいかに効果的に活用し、企業価値を高めていくかということに、大きな注目が集まっています。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ