土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

  • 賃貸住宅経営のポイント

コラム vol.090

新築賃貸用住宅と中古賃貸用住宅

公開日:2015/10/30

今回のコラムでは、賃貸用の1棟住宅(賃貸住宅)における新築物件と中古物件のちがいについて考えてみたい。

vol.084のコラムでお伝えしたように、1棟ものの収益賃貸住宅投資には、自身の所有する土地の上に新しく建てる場合と、土地と建物を合わせて購入する場合がある。後者の場合、新築物件と中古物件に分かれる。かなり大きな違いがあるので、メリットデメリットをおさえておきたい。

中古賃貸用住宅のメリット
  1. (1)新築物件に比べて割安
  2. (2)ご入居者がすでについているため、投資スタート時から収益計算できる
中古賃貸用住宅のデメリット
  1. (1)融資期間が短い(支払額が増える)
  2. (2)築年数が古い場合、賃料が低く空室が出やすい
  3. (3)メンテナンス・リフォームコストがかかりやすい

これらに加えて、中古物件では、購入者の方がきちんとした目利きができないと、情報格差・知識格差から、「イマイチ」物件を購入する可能性もある。

一方、新築物件の場合

新築物件のメリット
  1. (1)融資期間が長い
  2. (2)新築のためご入居者が付きやすい
新築物件のデメリット
  1. (1)中古物件に比べて高い
  2. (2)そのため、利回りが短期的に見ると低い

こうしてみると、物件目利き力があり、優良物件の情報が入ってくる方は、中古物件でもいいかもしれない。しかし、そうでない方には、リスクを覚悟して購入すべきだろう。

そもそも、利回りのよい優良中古賃貸物件は、出回ることが少なく、出ても、すぐに売れてしまう。

中古物件で「イマイチ」物件を購入するより、安全で確実なのは、新築物件ではないだろうか。

[8月開催] ダイワハウスの賃貸住宅経営WEBセミナー 参加無料/予約制

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ