仕事と家事・育児の上手な両立と快適を。

テレワークスペース採用物件特集

仕事と家事・育児の
上手な両立と快適を。

自宅でのテレワークの普及が進んでいます。「家で働く」という、新しい生活様式では家で過ごす時間が増え、仕事・住まい・暮らしをめぐっていくつかの困りごとがうまれています。
たとえば「仕事とプライベートの切り替えが難しい」「周りの音が気になって仕事に集中できない」「育児と仕事の両立が難しい」など。ダイワハウスではこうしたストレスを解決するために『仕事集中タイプ(クローズスタイル おこもりワーク)』『仕事・家事両立タイプ(セミオープンスタイル きくばりワーク)』『家事優先タイプ(オープンスタイル みまもりワーク)』の3つのワークスペーススタイルを提案。
一人ひとりの働き方や暮らし方のご希望に寄り添ったスタイルをお選びいただけます。

クローズスタイル
おこもりワーク

リビングやダイニングから独立して設置。
独立性が高く、テレワークの問題点のひとつである「仕事とプライベートの切り替えが難しい」「周りの音が気になって集中できない」などを解決。仕事にじっくり取り組めます。

セミオープンスタイル
きくばりワーク

ワークスペースを壁や室内窓などでゆるやかに仕切ることで、家族の気配を感じながら仕事に集中できます。
お子様を見守りながら仕事ができるのも安心です。
家族とつながりながらもゆるやかな距離感があり、仕事と暮らしを上手に両立させます。
さらに、お子様のスタディスペースとして共用もできます。

オープンスタイル
みまもりワーク

リビングやダイニングの中、キッチンの脇、あるいは階段下などのデッドスペースを活用したワークスペースです。壁や間仕切りなどがないため、「さっと仕事、ぱっと家事」など素早く切り替えできるのが魅力。
お子様を見守ることができ、家族の気配などをつねに感じられるのも安心。お子様のスタディスペースとして共用もできます。

住まいカテゴリ
このページの先頭へ戻る

大和ハウス工業株式会社

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.