物流施設ソリューション

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

全拠点へ。最先端のテクノロジー導入

トラックの入場予約システム・
オンラインチェックインシステム

全国のDPLシリーズに
標準装備し、輸配送を最適化

物流施設のさらなる高機能化・高効率化を目指し、株式会社Hacobu※1が提供する
MOVOのトラック入場予約システム・オンラインチェックインシステムを当社が開発するマルチテナント型物流施設に導入しています。
最先端のテクノロジーを取り入れた物流施設を開発することで、ご入居いただく荷主企業様に対して新たなサービスを提供していきます。

※1 2017年9月資本提携

トラックバースの予約をWEB上で

トラックの入場予約システムは、トラックドライバーや運送企業様が、トラックバースの予約をWEB上で行うシステムです。大和ハウス工業が物流デベロッパー業界で初めて※2、開発した全ての物流施設に本システムを導入することにより、同社が開発した物流施設の入居テナント企業様は、施設内作業や物資の移動計画が立てやすく、物流施設の運営効率を高めることができます。

[オンライン予約]事前に倉庫への入場時間を予約いただく →[予約状況確認]誰が何時に来るのかシステム上で確認 →[時間調整(時間調整を行う場合のみ)]予約情報(時間、物量等)を基にバースに割り付け、時間調整 →[予約完了の回答(時間調整を行う場合のみ)]予約確定時間をドライバー/運送会社に通知 →[遅延連絡(任意)]ドライバーがシステム経由で遅延連絡

※2 当社調べ

日本初のオンラインチェックインシステムを導入

オンラインチェックインシステムは、物流施設から一定の半径内に入った際に、トラックドライバーが携帯電話から物流施設への入退場受付を登録できる、日本初※2のシステムです。
本システムを導入することで、トラックドライバーが物流施設に到着した際に車を降り、受付まで行く手間がなくなり、トラックの長時間待機問題の元になる、渋滞が緩和されます。

[1]予約システム登録用の番号へ電話し、拠点事業者ごとに定められたコードを入力 →[2]架電元の携帯電話にSMSで予約システム用のURLが届くのでタップしてアクセス →[3]受付登録へ進む※初回は運送会社名、車番等ドライバー名も入力する →[4]一定半径内に物流拠点が存在すれば受付が完了(複数ある場合は選択する)

※2 当社調べ

全国のDPLはこちら

大和ハウス工業は、昨今の物流業界における市場環境の大きな変化に伴った
幅広いお客様の物流ニーズにお応えできるマルチテナント型物流センターの開発を行っています。

大和ハウスグループの豊富な経験と技術で企業の物流戦略をバックアップ 物流施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ

物流センターをお考えの方

マルチテナント
物流センター一覧

Dプロジェクト実績一覧