土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

  • 土地活用バリエーション

コラム vol.007

土地活用にはどんな種類があるのか その6
~高齢者住宅~

公開日:2015/03/03

日本では、ますます高齢者人口は増加を続けている。

ベビーブーム世代と言われる昭和20年代前半に生まれた方々が定年を迎え、あと10年もすれば75歳を超えてくる。その頃になると、日本は高齢化社会ではなく、超高齢化社会と呼ばれるようになるだろう。

ある機関が10年くらい前に発表した資料によると、2015年には、4人に1人が高齢者になると予測している。2015年はまさに今年の事だ。

土地活用において、高齢者用の住宅に関心が高まったのは、1990年代半ばの事だろう。それから約20年世間の誰もが知るところとなり、多くの人が老後の住まいとして、関心を持つことに伴い、土地活用としての定番の一つとなった。

高齢者用住宅は賃貸住宅に比べて、まだまだ数が圧倒的に少なく、競争も賃貸住宅ほど激しくないと言えるだろう。

介護事業者への物件1棟賃貸など、各種サービスが揃っており、長期的に安定的な収入が見込めるだろう。

また、賃貸住宅は街の比較的中心的な場所や、交通利便のよい立地が求められるが、高齢者用住宅においては、多くの場合郊外立地でもご入居者にとってアゲインストにならない。(提供するサービス介護内容によるが、多くの場合そう言える)。

以上のようなこうしたことから、長期安定経営を求める土地オーナー様や郊外立地や交通不便地などにおいての土地活用としても有効な方法ではないかと思われる。

  • 前の記事へ前の記事へ
  • 次の記事へ次の記事へ
[2月開催] ダイワハウスの資産活用WEBセミナー 参加無料/予約制

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ