大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

メニュー

CASE1

複合施設

介護付き有料老人ホーム アシステッドリビング習志野

所在地:
千葉県習志野市
構造:
鉄骨造
延床面積:
5,364m2
竣工:
2016年3月
用途:
介護付き有料老人ホーム(100室)、透析クリニック、コミュニティホール

千葉県習志野市で、自治体が運営する公共施設「コミュニティホール」と、民間事業者が運営する介護付き有料老人ホーム、さらにクリニックの複合化という、全国でもあまり例のない事業が実現しました。

計画のポイント

POINT 1地域活性化にもつながる複合施設

習志野市では、約1,300m2の市有地について有効活用策を検討。地域からの要望が高い公共施設(コミュニティホール)や、周辺商店会の活性化にもつながる付加価値の高いプランが求められており、市の介護ニーズも踏まえた介護付き有料老人ホームとの複合化案に決定。

介護付き有料老人ホームの居室総数は100室。居室面積は21.02~21.71m2で、すべての部屋が明るく広々とした設計となっています。

POINT 2医療との連携を目的にクリニックを併設

入居者様への医療サポートとして、地域の透析治療に多くの実績を持つ医療法人社団小羊会様の新たな拠点の併設が決定。入居者様や周辺住民の透析治療に対応するとともに、入居者様への訪問診療も実施しています。

26台のベッドが並ぶ透析クリニック。長時間滞在する患者様のため、照明の光が直接目に入らないよう配慮されています。

POINT 3資金調達の一環としてヘルスケアファンドを活用

土地購入費および建設資金を大和ACAヘルスケア様が組成したヘルスケアファンドが出資するTMK(特別目的会社)より調達。土地建物は、TMKの所有となり、ZENウェルネス様と医療法人社団小羊会様に賃貸借するという事業スキームを採用しました。なお、公共施設部分については、習志野市様が区分所有されています。

(1)大和ACAヘルスケア様が組成したヘルスケアファンドが運営するTMK(特別目的会社)が建物建築、(2)公共施設部分は土地建物を習志野市様が区分所有、(3)それぞれZENウェルネス様と小羊会様に賃貸するという事業手法です。

お客様の声

医療・介護の充実と街の活性化。
地域の思いと期待を一身に集める

株式会社ZENウェルネス 取締役 熊坂 智仁様

私たちZENウェルネスでは、「住まいを通じて一生のおつきあい」という理念を掲げ、医療・介護の場として捉えられがちな高齢者住宅においても、「住む」という要素をきちんと考え、楽しく快適で安心・安全な施設づくりを心がけています。また施設づくりは、「非日常的な空間の演出=リゾート」というコンセプトで統一。このアシステッドリビング習志野もフロアごとに異なるテイストで全体をコーディネートしています。
習志野市は、特定施設がそれほど多くないのに古くからの住宅が多く、高齢化が一層進むことが予想されますので、この地への開設を決めました。居室総数100室というボリュームを活かし、入居一時金や月額利用料を極力抑えることで、多くの方にご入居いただきたいと考えています。また、大規模な建物ですが、ファンドを活用することでボリュームを確保でき、事業のスピード化が図れたと思います。
実際、地域の注目度の高さも実感しています。習志野市は、地域のコミュニティが強く、全国的にも珍しい公共施設との複合化によって、入居者様が地域との交流をしやすい場になることも期待しています。

大和ACAヘルスケア株式会社 代表取締役社長 小林 秀樹様

この施設は、複合の形態がとても特徴的で、老人ホームの課題の一つである「地域とどう交わっていくか」の解決策につながるケースとなると考えています。市のコミュニティホールには若い人も集まりますし、そこに入居者様が参加することで、地域の高齢者施設に対する理解が深まることも期待できるでしょう。透析クリニックについても、地域に適した診療科目が誘致できたのではないでしょうか。こうした透析クリニック、高齢者住宅と公共施設の併設は、全国的にも珍しいケースです。
また、土地建物を自治体との区分所有で共有しているという点は、事業の安定性の面から見ても良い組み合わせ。こうした複合施設の運営は、私たちのような会社がまとめ役として機能することもメリットの一つです。権利・契約関係を明確にするためにも、第三者がしっかりと線引きする役目を果たし、各々の事業者が円滑な関係を保つことに努める必要があるでしょう。
資産の軸を資金で抱える時代は変わってきました。事業リスクを抱えながら、不動産のリスクを負うのは大変なこと。安定的な経営を目指すにあたり、不動産にリスクを負わず、本業に力を入れていただくためにも、私たちのようなファンドを活用いただく意味はあると思います。

介護付き有料老人ホーム アシステッドリビング習志野

エントランス。建物右手の玄関と、白を基調としたインテリアで構成された1階部分。調度品等もリゾートをイメージしたものが揃えられています。

エントランス。建物右手の玄関と、白を基調としたインテリアで構成された1階部分。調度品等もリゾートをイメージしたものが揃えられています。

エントランス。食堂・談話室。施設内は、3・4階が和風、5・6階が洋風、1・2・7階がオリエンタル風と、それぞれ異なるインテリアで構成されており、入居者様の多様なこだわりに対応することができます。

エントランス。食堂・談話室。施設内は、3・4階が和風、5・6階が洋風、1・2・7階がオリエンタル風と、それぞれ異なるインテリアで構成されており、入居者様の多様なこだわりに対応することができます。

エントランス。食堂・談話室。施設内は、3・4階が和風、5・6階が洋風、1・2・7階がオリエンタル風と、それぞれ異なるインテリアで構成されており、入居者様の多様なこだわりに対応することができます。

エレベーターホール。各階のエレベーターを降りると、眼前に設置されているパーテーション兼ベンチ。エレベーターホールを一つの空間として、廊下とエリア分けする効果があります。
また、入居者様が少し休息できるベンチの裏面である廊下側は掲示板になるなど、多目的な活用が可能です。

エレベーターホール。各階のエレベーターを降りると、眼前に設置されているパーテーション兼ベンチ。エレベーターホールを一つの空間として、廊下とエリア分けする効果があります。
また、入居者様が少し休息できるベンチの裏面である廊下側は掲示板になるなど、多目的な活用が可能です。

居室総数は100室。居室面積は21.02~21.71m2で、すべての部屋が明るく広々とした設計となっています。

浴室は、大浴槽1、個浴1、特殊浴槽2(寝台浴、チェア浴)が設けられています。特に大浴槽では、タイルに色の変化を付け、リゾート感を演出しています。

浴室は、大浴槽1、個浴1、特殊浴槽2(寝台浴、チェア浴)が設けられています。特に大浴槽では、タイルに色の変化を付け、リゾート感を演出しています。

  • 左へ進む
  • 右へ進む

習志野市実籾コミュニティホール・習志野市東部連絡所

建物の左手には、習志野市実籾コミュニティホール・習志野市東部連絡所の玄関が設けられています。東部連絡所は、住民票・戸籍・印鑑等の証明書を発行する市役所の出先機関としての機能を持っています。

建物の左手には、習志野市実籾コミュニティホール・習志野市東部連絡所の玄関が設けられています。東部連絡所は、住民票・戸籍・印鑑等の証明書を発行する市役所の出先機関としての機能を持っています。

建物の左手には、習志野市実籾コミュニティホール・習志野市東部連絡所の玄関が設けられています。東部連絡所は、住民票・戸籍・印鑑等の証明書を発行する市役所の出先機関としての機能を持っています。

2階部分には、総収容人数417名のコミュニティホール。用途に合わせて可動式のパーテーション4分割に仕切ることでき、幅広い活用が可能です。

2階部分には、総収容人数417名のコミュニティホール。用途に合わせて可動式のパーテーション4分割に仕切ることでき、幅広い活用が可能です。

2階部分には、総収容人数417名のコミュニティホール。用途に合わせて可動式のパーテーション4分割に仕切ることでき、幅広い活用が可能です。

  • 左へ進む
  • 右へ進む

医療法人社団小羊会 習志野腎クリニック

クリニックの内部では、受付や診療スペースが機能的に配置されています。

クリニックの内部では、受付や診療スペースが機能的に配置されています。

クリニックの内部では、受付や診療スペースが機能的に配置されています。

26台のベッドが並ぶ透析室。長時間滞在する患者様のため、照明の光が直接目に入らないよう配慮されています。

  • 左へ進む
  • 右へ進む

お客様の声と事例

上手な計画進行は、まずご相談から

市場調査レポート依頼

独自のシルバーエイジ研究所による「市場調査」
レポートを活用して、事業を成功に導く第一歩を!
独自のノウハウに基づく市場調査レポートをぜひご活用ください。

土地・建物などのご相談

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって
蓄積された医療・介護・福祉施設の開設における知識と技術で
お客様の事業運営をバックアップします。


HOME

このページの先頭へ