大和ハウス工業トップ

医療法人の経営を変える高齢者住宅事業

  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 住宅型有料老人ホーム

CASE14

サービス付き高齢者向け住宅/小規模多機能居宅介護
さくら (長野県大町市)

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

地域介護の複合施設で、多面的な高齢者ケアを目指す。

地域交流の場としても活用する、木の温かみを大切にした建物。

強くこだわった『施設ではなく、住まいとしての空間づくり』

室内は、本物の木材や木目調の部材がふんだんに用いられ、また天井の高さなどにも変化を加えることで、温かみのあるものに仕上がっています。
開設時より地域からの注目度も高く、サ高住はまもなく満室となり、小規模多機能型居宅介護も当初から高い稼働率を維持されています。

  • 中央の三角屋根が印象的な外観。向かって右側が小規模多機能型居宅介護支援施設で、左側の玄関がサ高住の専用出入り口となっています。

  • 建物中央部の明るい空間は、サ高住の食堂・談話室。定期的に開かれるイベントのスペースとしても活用し、地域交流の場となっています。また、天井部分には2本の木製の梁を設置。建物の構造上は不要なものの、空間の演出に一役買っています。

  • 木のぬくもりあふれる小規模多機能の談話スペース。特注のテーブルの周りには、絶えず利用者だけでなく、ご近所の方も集まり、交流を深められています。

  • 小規模多機能居宅介護の和室。ロビー横に設置され、明るさと落ち着きを兼ね備えた空間となっています。

  • サ高住の入居者さまも利用されることのある、小規模多機能居宅介護の浴室。壁面だけでなく、浴槽にも木が使われ、さわやかな香りに満ちた空間となっています。

  • 明るい空間のサ高住の居室。こちらも家具はもちろんのこと、壁面のポイントにも木目が使われています。

CASE14

サービス付き高齢者向け住宅/小規模多機能居宅介護 さくら

  • 病院(医療施設)のケーススタディ
  • 高齢者住宅事業のケーススタディ
  • 診療所のケーススタディ
  • 介護施設のケーススタディ
 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ