事業トータルサポート

事業用地分譲 D-Project Industry千葉ニュータウンのご紹介

D-Project Industry千葉ニュータウン

  • 物件概要
  • 区画概要
  • 特記事項
  • 立地について
  • アクセスについて
  • お問い合わせ

D-Project Industry千葉ニュータウン

  • 物件概要
  • 区画概要
  • 特記事項
  • 立地について
  • アクセスについて
  • お問い合わせ

千葉ニュータウン牧の台地区の開発によせて
千葉ニュータウン牧の台地区は、北総線印西牧の原駅から約1kmに位置し、緑や水辺などの良好な自然環境に囲まれた業務施設用地です。また、首都圏と成田国際空港を結ぶ交通軸のほぼ中間に位置し、国道464号北千葉道路は首都圏の大動脈である国道16号や成田国際空港方面とつながり、将来は東京外かく環状道路への接続も計画されており交通アクセス面でも高いポテンシャルを有する地区です。良好な都市環境と調和する業務施設用地の開発が当市の更なる飛躍につながることを期待しています。

印西市長 板倉 正直

工業団地分譲のご紹介
「D-Project Industry千葉ニュータウン」

物件概要

D-Project Industry千葉ニュータウン

所在地 千葉県印西市牧の台2丁目1番他2筆
事業主/売主 大和ハウス工業株式会社
造成完了 平成30年3月末予定
市街化区域 準工業地域
建蔽率 60%
容積率 200%

区画概要

安定地盤に支えられた総面積約42ha。
さまざまな施設を安心して建築していただけます。

区画図
区画番号 敷地面積
A区画 37,139.46m²(11,234.68坪)
B区画 129,781.49m²(39,258.90坪)
C区画 91,117.36m²(27,563.00坪)
区画番号 敷地面積
D-1区画 33,057.85m²(10,000.00坪)
D-2区画 70,279.40m²(21,259.52坪)
D-3区画 16,879.86m²(5,106.16坪)
D-4区画 10,109.48m²(3,058.12坪)
E区画 15,124.95m²(4,575.29坪)

特記事項

■開発規模

開発面積 419,285.78m²(126,833.94坪)

■公共施設の整備状況

道路 車道幅員9m~18m
水道 千葉県水道局
汚水排水 企業内処理、公共下水道
電気 東京電力
特別高圧 約2年程度で引込み可能
※東京電力との協議必要
ガス 都市ガス

地区計画により

  • ・ 倉庫業を営む倉庫
  • ・ 引火性溶剤を用いるドライクリーニング施設
  • ・ 機械のこぎりを使用する加工施設
  • ・ その他準工業地域で不可となっているもの
  • ・ 大気汚染防止法第2条第2項に規定するばい煙発生施設
  • ・ 悪臭防止法に規定する特定悪臭物質を発生させる施設

以上の建築が不可となっています。

立地について

首都圏で価値のあるビッグスケールを実現。
ご希望の規模に応じた柔軟な用地提案が可能です。

東京駅から約55km。千葉県印西市の「D-Project Industry千葉ニュータウン」は、立地の利便性はもちろん、大和ハウス工業による土地・建物の柔軟な対応が可能です。小規模から大規模まで、お客様のニーズに合わせた土地のご提案、各種施設の建設をトータルにプロデュースいたします。

空撮

平成29年4月撮影の空撮にCG加工を施しています

千葉県印西市
印西市(いんざいし)は、東京都心から約40km、千葉市から約20km、成田国際空港から約15kmに位置。
地形は、市の大部分を占める平坦な下総台地と土砂が堆積する肥沃な低地から構成されています。
JR成田線沿線の既成市街地をはじめ、都心と成田空港を結ぶ成田スカイアクセス(京成電鉄成田空港線)が通る千葉ニュータウンなどを中心に市街化が進み、今では人口の半数以上が千葉ニュータウン区域で暮らしています(平成21年住民基本台帳より)

世帯数38,677世帯 総人口98,586人(平成29年8月末現在)
労働力人口45,805人(平成22年10月1日時点、国勢調査より)

■生活利便施設

北総線「印西牧の原」駅

北総線「印西牧の原」駅(約1500m)

複合商業施設「BIG HOP」

複合商業施設「BIG HOP」(約1000m)

ホームセンター「ジョイフル本田千葉ニュータウン店」

ホームセンター「ジョイフル本田千葉ニュータウン店」(約1300m)

アクセスについて

羽田空港、成田空港に鉄道直結、道路も延伸中。
都内から約1時間で通勤できる千葉ニュータウン。

「D-Project Industry千葉ニュータウン」が立地する千葉ニュータウンは充実した鉄道・道路網が魅力です。北総鉄道北総線と成田スカイアクセス(京成電鉄成田空港線)が乗り入れ、都心や羽田空港、成田空港に直結。朝晩は上下線とも通勤客で賑わい、生活圏としての活気に満ちています。また、現地から常葉自動車道・柏ICまでは約30km、東関東自動車道・千葉北ICまでは約25km。成田方面へ道路を延伸する整備も進行中(平成30年度開通予定)で、将来のアクセスがさらに高まると期待されています。千葉ニュータウンのある印西市は、東洋経済新報社による公的統計を基にした平成29年6月発表の「住みよさランキング」で7年連続1位に。また、千葉ニュータウンは堅固な下総大地に広く重なり、M7以上の活断層がない空白エリアだといわれており、震災リスクの低い地盤としても注目されています。

M7以上の活断層位置図

DPI千葉ニュータウンエリアはM7以上の活断層がない空白エリアだといわれており安定地盤に支えられた事業用地です。

電車でのアクセス

お問い合わせ

大和ハウス工業株式会社<建築事業> 東京本店 建築事業部

〒102-8112 東京都千代田区飯田橋3丁目13番1号

TEL.03-5214-2200

大和ハウス工業の事業用地分譲

このページの先頭へ

このページの先頭へ