3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る

[住まいかた暮らしかた]春から始める、ガーデニング

ガーデニングを楽しみたい、でも何から始めたらいいかわからない…という方も多いのでは。まずは、自分のつくりたい庭をイメージし、冬の間に計画を立てて、準備を始めましょう。植物を育てることで、自然を身近に感じられ、毎日の暮らしがより豊かなものになります。

わが家の庭を知り、つくりたい庭をイメージする

ガーデニングを始める前に、まずは日当たりや水はけなど、わが家の庭の環境を知ること。そして、庭でどう過ごしたいか、どんな庭をつくりたいかを考えることが大切です。雑誌やインターネットなどを見て情報収集を行い、どんなテイストの庭にするか、イメージを固めておきましょう。

ライフスタイルに合わせて庭づくりを楽しむ

最初から広い範囲で、たくさんの植物を育てるのはむずかしいもの。普段忙しくて週末しか時間がない場合は、あまり手のかからない植物を選ぶ方法もあります。また、庭が狭くてスペースがないのなら、プランターでも十分に楽しめます。ライフスタイルに合わせて、無理せず庭づくりを楽しみましょう。植物を育てていくうちに愛着がわき、自然と触れ合う楽しみも味わえます。

冬の間に準備しておこう!

春先になるとホームセンターなどでも草花の苗が豊富に出回ります。
その前にどんな庭をつくりたいのかイメージし、無理のない計画を立てましょう。

STEP.1 わが家の庭を知る

日当たりや風通し、水はけなど、植物を育てるための環境をチェックしましょう。また、道路に面した、エントランスやアプローチは外観の一部となるので見栄えも大切。一方リビングに面したメインガーデンは家族が楽しむことが優先。場所によって庭の見せ方や楽しみ方も異なります。

庭のイメージ図

STEP.2 情報収集して理想の庭をイメージする

庭づくりもインテリアと同じ。雑誌やインターネットで、好みの庭や植物の写真を集めてみましょう。例えば、花の彩りを楽しむ庭、個性的なアジアンテイストの庭、フレンチカントリースタイルの庭など…。つくりたい庭がイメージしやすくなります。

最近では、葉が色鮮やかなカラーリーフやオーナメンタルグラスと呼ばれる植物など、個性的なグリーンを楽しむリーフガーデンも人気。

STEP.3 具体的な計画を立て、土づくりをしよう

庭に出て、どこに何を植えるか考えます。そして、土を耕し、水はけなど土の状態を把握し、培養土を入れるなどして環境を整えましょう。実際に作業してみることで、花壇の広さを体感できるので、無理なく手入れできる範囲を決めやすくなります。また、雑草対策などをしておくと、面倒な作業が減り、庭仕事を楽しむ時間を確保しやすくなります。

どこにどんな植物を植えるか、スケッチを描いてレイアウトをイメージ。/冬の間に土づくりをして苗を植える準備を。

ガーデニングを楽しむヒント

限られたスペースでも工夫次第で、わが家らしい庭がつくれます。
毎年少しずつ植物を増やすなど、無理なくガーデニングを楽しみましょう。

植物のことを知っておこう

植物は、発芽して花を咲かせて枯れるまでが1年以内~2年の「一年草」「二年草」と、根が地中に残って生き続ける「多年草」「低木」「高木」に分けられます。育てようとしている植物のライフサイクルや成長パターンを知り、適正な時期に植え替えや株分けなどのお手入れを。初心者は種まきから始めるより、苗から育てるのがおすすめです。また、日当たりや水はけなど、それぞれの植物が好む環境を知っておくことも大切です。

手入れがしやすい庭をつくる

プランターなどコンテナの場合は、大きく育つ植物をコンパクトに楽しんだり、手軽に移動できる利点があります。スペースがなくても育てられますが、こまめな水やりが欠かせません。一方、地植えは根付くと地面の水を吸ってくれるので、水やりの手間は少なくてすみますが、剪定などの手入れが必要になります。スペースやライフスタイルに合わせて無理なく、手が行き届く庭をつくりましょう。花壇は、植え替えの必要がない多年草をメインに、彩りとして一年草を少量植えると手入れがラクで、初心者でも育てやすくおすすめです。

庭での楽しみを広げよう

ガーデニングは育てる楽しみだけでなく、木や草花があることで、鳥や虫などの生き物が訪れたり、実のなる木を植えて収穫の喜びを味わうこともできます。また、インテリアを楽しむような感覚で、プランターやガーデンニンググッズを選んだり、チェアやベンチなどガーデンファニチャーをコーディネートする楽しみも。快適な空間をつくることで、暮らしの場が屋外へと広がり、家族とのコミュニケーションも深まります。

◎地植えで楽しむ

手間が少なく見栄えのよい花壇を保つには、花が咲き終わっても葉のグリーンがきれいな多年草をベースに、葉の形や色に特徴のあるものをアクセントに植えます。葉色が多彩な「ヒューケラ」や葉が大きな「ギボウシ」などがおすすめです。

地植えのイメージ図

◎コンテナで楽しむ

土がないところや狭いスペースでもガーデニングが楽しめます。

プランター

大きく育つバラなどの植物をプランターに植えてコンパクトに育てると、花が見頃のときはエントランスに、咲き終わったら裏庭への移動も可能です。

ハンギング

ハンギングにしたり、寄せ植えにすれば、プランターでも変化のある庭がつくれます。

寄せ植え

◎生き物と触れ合う

巣箱を置いたり、鳥にえさをやったり、鳴き声で目覚めるなど、生き物と触れ合うことで、自然を身近に感じられます。

巣箱

◎収穫する楽しみ

ブルーベリーなど実のなる木を育てると、収穫する喜びが味わえ、ジャムづくりなどの楽しみも。プランターで育てられる種類もあります。

実のなる木

◎くつろげるスペースをつくる

ガーデンチェアやベンチ、テーブルなどがあると、作業中にひと休みしたり、花を眺めながらお茶を飲むなど庭で過ごす時間をより楽しめます。

くつろげるスペース

2017年12月現在の情報となります。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.