土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

コラム vol.303-2
  • 不動産市況を読み解く

「住宅・土地統計」を読み解く(2)40代50代の持ち家比率が減少し続ける理由は何か?

公開日:2019/10/31

今回は持ち家比率について、最新の住宅・土地統計調査のデータを用いながら分析をしてみます。

最新の持ち家比率について

居住する世帯のある家について所有しているかどうか、その割合が持ち家比率です。持ち家の数は、3280万2000戸で前回調査(2013年)に比べて、64万戸増えました。持ち家比率は、61.2%で前回調査に比べて0.5%のマイナスとなりました。
持ち家比率はこの40年間、概ね60%前後で推移しています。2000年以降は、全て61%台で、ほとんど横ばい状況が続いています。

持ち家比率を左右する要因は何か

持ち家比率を左右する要因として考えられるものを列挙してみます。
例えば、住宅価格(土地・建物)が下がると、購入する方が増えて比率は上がりそうな気がします。しかし、住宅価格が急上昇したバブル期に持ち家比率は大きく減っていませんし、逆に景気が大きく悪化し不動産価格が下がったリーマンショック後に増えてもいません。
また、平均年収が増えたり減ったりするのも、顕著な影響はみられません。以前あるテレビの報道番組で、「非正規雇用が増えてくると、雇用の安定性がなくなるため、自宅購入者が減りますすね」と、キャスターが言っていました。ご承知のように、ここ20年くらい非正規雇用者は、かなり増えていますが、持ち家比率に大きな変化はありません。これらはあくまでも、イメージです。
価格や雇用といった現実的なことよりも、地域、ムードといった社会的な要因の方がはるかに大きいようです。例えば、北陸地方の各県では、今回の調査でも8割前後の持ち家比率を維持しています。これは地域性と言っていいでしょう。あるいは、後述しますが、この20年くらい、30代~50代の持ち家比率は減少傾向にあります。「持ち家じゃなくても、いいんじゃない?」という風潮・ムードの影響が大きいと思われます。

減り続ける40代・50代の持ち家比率

これまで、「持ち家比率は横ばいが続いている」述べましたが、逆に、近年の明らかな傾向としてあげられるのは、「40代・50代の持ち家比率は減り続けている」という事です。

(図1)世帯主の年齢別 持ち家比率の推移

総務省統計局「住宅・土地統計調査」より作成

図1は、1988年から2018年まで(5年刻み)の30年間の年代別の持ち家比率の推移を示しています。60代以上は概ね横ばい、20代ではそもそも持ち家を所有する方が少ないのですが、こちらも概ね横ばい。しかし、30代、40代、50代の持ち家比率が毎回減少していることが分かります。特に、40代50代は、綺麗な(?)右肩下がりの棒グラフになっています。

なぜ、働き盛り世代の持ち家比率は下がっているのか

「働き盛り」と中身出しに書きましたが、55歳や60歳での定年が一般的だった時代では30代40代前半を働き盛りと呼んだのでしょうが、今では定年65歳、再雇用契約まで入れると70歳近くまで現役で働く方も増えましたので、「働き盛り」の中心は40代・50代だといえるのではないでしょうか。
家を買うタイミングとして考えられるのは、結婚した時や子どもが出来た(あるいは、しばらくたった)時、等が一般的だと思います。30代の持ち家比率が低下している原因として考えられるのは、「晩婚化が進んだ」ことがあげられます。独身の間は賃貸住宅や実家に住むというのが定番でしょう。
では40代50代の持ち家比率が下がっている理由はなんでしょう?
いくつか考えられます。まず、「大きな借金(ローン)を背負いたくない」という気持ち。この背景には、給与・雇用等の将来の不安があるのかもしれませんが、それ以上に自由なライフスタイルを歩みたいという思いでしょう。
また、近隣との関係を築くのが面倒という声も聞かれます。あるいは、例えば隣近所とのトラブルがあった時に、持ち家だと容易に引っ越せないという事情もあります。賃貸住宅だったら、幾分気持ちはラクです。

しかし、これら以上に「家を所有しなくても、いいんじゃない」という積極的な賃貸派が増えたことが大きな要因だと思われます。
ここ20年、日本の賃貸住宅のレベルは外観・内部環境とも大きくグレードアップしました。かつての「安ものアパート」といった物件は、いまではかなり古い物件を除いてあまり見られず、かなりハイグレードな賃貸住宅が増えました。こうした、賃貸住宅の質の向上も、持ち家比率低下に影響があるものと思われます。

持ち家比率は今後どうなるのか?

では、今後持ち家比率はどうなるのでしょうか。
結論から先に言えば、あまり大きな変化はなく、このまま60%前後で推移するものと思われます。都市部(大都市に限らず、地方の中心都市も含む)は積極賃貸派が増えると思います。そのため、同じ都道府県単位でも、市町村単位では持ち家比率に差がつくでしょう。
また、地方都市の持ち家比率には地域差が結構あります。ざっくり言えば、西日本は低く(つまり賃貸文化が強い)、北陸や東日本は持ち家比率が高い傾向にあります。これは地域文化といってもいいものですので、そう短期間では変化はないと思います。

  • 前の記事へ前の記事へ

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ