大和ハウス工業トップ

目的に合わせた各種施設の建設をトータルプロデュース

医療法人の経営を変える高齢者住宅事業

  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 住宅型有料老人ホーム

CASE15

サービス付き高齢者向け住宅 レインボー/
介護老人保健施設 アイリス (愛媛県四国中央市)

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら
 

グループの在宅復帰の要となる医療・介護の複合施設。

急性期医療から看取りまで、一貫したサービス提供を実現するためのクリニック・老健・サ高住の複合施設を開設。

事業展開

愛媛県の東端に位置し、「8の字」型で形成された四国の高速道路ネットワークが交差する、交通の要衝として知られている愛媛県四国中央市。この地で長年、地域の医療と介護の発展に貢献されてきたのが、石川メディカルグループ様です。

地元のご出身だった石川綮一様(現「医療法人健康会」理事長)は、地域に24時間の救急医療を行う医療機関がないという状況を受け、昭和51年10月に石川外科胃腸科医院を開院。3年後の昭和54年には、慢性的な病床不足を解消すべく、医療法人綮愛会を設立するとともに、石川病院(150床)を開設されました。その後も、地域の医療ニーズのみならず、高齢化が進むにつれ高まっていった介護ニーズに応えるカタチで、昭和63年に社会福祉法人愛美会、平成23年には医療法人健康会を設立。それぞれ特別養護老人ホームやクリニック、介護老人保健施設、グループホーム、各種在宅サービスなどを含め、石川メディカルグループとして計35事業を展開されています。

また平成24年には、医療法人綮愛会から社会医療法人石川記念会に改組。救急や高度医療といった、これまでよりもさらに公益性の高い医療に取り組むべく、翌25年にはHITO病院(25標榜課目・257床)を開設されました。これにより、社会医療法人石川記念会様ではHITO病院で救急医療・急性期医療から回復期医療・緩和ケアを推進。医療法人健康会様では在宅医療・在宅介護サービスの提供、社会福祉法人愛美会様では施設介護を展開することとなり、グループ全体で急性期医療から看取りまで行える、一貫したサービス提供の体制を構築されています。

そして今回、健康会様では、近隣にて運営されていた介護老人保健施設「アイリス」の30床増床の認可を受けてさらなる機能強化をご検討。グループにおける在宅復帰の受け皿としての役割をより高めるべく、『クリニック』と新たに『サービス付き高齢者向け住宅』を併せた複合施設を計画されました。

当初、数社にプランをご依頼。各社の提案の中で、大和ハウス工業のプランが「限られた敷地を有効に使い、コンパクトながらも機能性の高い施設」という、健康会様の施設づくりのご希望に一番応えるものだと選ばれ、今回の施設建築に至りました。

平成26年3月に、80床から110床に増床された在宅復帰強化型の介護老人保健施設「アイリス」、外来診療・リハビリテーションを担う在宅療養支援診療所の「石川クリニック」、その他にも指定居宅介護支援事業所を併せた複合施設が竣工しました。同年4月に老健アイリスと石川クリニックが移転開設し、9月には定員40戸のサービス付き高齢者向け住宅「レインボー」が新規開設されました。

計画にあたって

THEME1 石川メディカルグループ内で、医療と介護の連携および機能分化を進めるため、在宅復帰の受け皿としての施設運営を計画。
THEME2 地域の救急医療・急性期医療を推進するグループの核施設「HITO病院」の新築移転に伴い、その跡地にクリニック、老健の移転およびサ高住の新設を実現する複合施設の建築を計画。
THEME3 限られた敷地内に、コンパクトで機能性の高い建物プランニング、さらに複合施設としての一体感を評価し、大和ハウス工業に建築を依頼。

計画のポイント

POINT1 2棟の建物を一体感ある配置で連携しやすいように設計
1階部分に石川クリニックと指定居宅介護支援事業所、2~4階に介護老人保健施設「アイリス」の建物と、4階建てのサービス付き高齢者向け住宅の建物の2棟で構成された複合施設。利用者様や入居者様だけでなく、職員の利便性を考慮して渡り廊下でつなげるなど、スムーズなサービス提供を実現しています。
POINT2 明るさと温もり感にこだわった建物内部
老健、サ高住ともに、内部には木目調の内装をいたるところに採用し、利用者様や入居者様に安らぎを与えるよう配慮されています。また、老健「アイリス」の建物には、3つの吹き抜け部分を設けるなど、自然光を最大限取り入れ館内全体が明るくなるよう、構造に工夫を凝らしています。
POINT3 共通する外観イメージでグループの一体感と総合力を演出
2棟の建物の外観は、色使いなどを隣接するHITO病院とイメージを揃えました。これにより、地域の方々に石川メディカルグループとしての一体感を表現するとともに、医療・介護の連携を見た目からもアピールするものとなっています。

CASE15

サービス付き高齢者向け住宅 レインボー/介護老人保健施設 アイリス

  • 病院(医療施設)のケーススタディ
  • 高齢者住宅事業のケーススタディ
  • 診療所のケーススタディ
  • 介護施設のケーススタディ
 

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ