3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
閉じる

生活を考える

効率的でストレスフリーな洗濯を!理想の洗濯動線を追求したら、
こんな家になった

毎日のように行う洗濯は、できるだけ効率的に済ませたいですよね。
洗う、干す、たたむ、しまうといった複数の工程を行うには、いかに余計な移動や手間を減らすかがカギ。
たとえば家の中の動線が工夫されていると、こんなにもお洗濯がはかどるんです。
今回は一級建築士・佐々木志穂に、洗濯の管理がしやすい動線についてうかがいます。

佐々木 志穂

大和ハウス工業愛知北支社住宅事業部設計課
主任 一級建築士

2002年入社。出産・育児休業を経て復職後、仕事、家事、育児に追われながら、家事はできる限り「時短」+「楽に」を求める毎日。近年はキャリアを生かし、大型物件やコンビネーションハウジング等を担当。自身の経験を踏まえ「生活者の視点」による設計提案を心掛けています。

ポイントは脱ぐ→洗う→干す→しまうを無理なくつなげる

洗濯しやすい家をつくる上で大切なのは、一つひとつの作業がスムーズにつながる動線をイメージすること。脱いだものをすぐに洗えて、洗ったものをすぐに干せる。といったように、分断されずに自然と作業が進められる動線をつくっていきます。理想的な洗濯動線を再現した春日井xevoΣ展示場を例にして、それぞれのプロセスごとに解説していきます。

(1)帰宅~手洗い

動画を見る

帰宅したら、リビングやそれぞれの部屋に入る前に、まずは手洗い。そのため、洗面所は玄関からすぐにアクセスできる場所にあればベストです。
洗面所と脱衣所は同じスペースにあることが多いので、手洗いした流れで汚れた靴下や服を脱ぎ、部屋着に着替えるまでのプロセスも、ここで同時に済ませておきましょう。洗面所に部屋着をしまっておけば、より効率的です。

「大切なのは、ここまでの一連のプロセスを、帰宅して一息つく前に終わらせることです。帰宅して着替えるまでを自然に済ませられる動線ができれば、リビングが散らからず子どもに良い習慣を身に付けさせることにもつながります」
と佐々木はアドバイスします。

脱いだ衣類はこのような洗濯BOXに溜めておきます。BOXから投入すると「汚れ物」のランドリーバッグに落ちていきますが、奥には「それ以外の衣類」のランドリーバッグも分けて用意されています。脱いだ時からあらかじめ分類して洗濯BOXに入れるようにしておけば、洗濯時の手間がぐっと減らせます。

(2)洗う・干す

動画を見る

洗濯物はすでに分類されてあるので、そのまま投入するだけ。洗濯機に入れてボタンを押すだけなら、子どもにお願いすることもできます。

洗濯後の濡れて重い衣類をハンガーにかける際、洗濯機のまわりにハンガーをかけておけるスペースがあれば作業がラクになりますが、その一瞬のために専用のスペースをつくるのはちょっともったいないところ。

xevoΣ(ジーヴォシグマ)は天井高が2m72cm。天井に取り付けた昇降式の室内物干しがあれば便利。屋外の物干し場にもっていく衣類を一時的にかけておいたり、室内干し場としてそのまま使用するなど、必要な時に昇降して利用できるので、作業スペースが広がります。

また、間取り次第ではありますが、洗濯場と物干し場はできるだけキッチンからすぐの場所が便利。洗濯しながら料理する離れワザも可能です。

(3)たたむ・しまう

動画を見る

洗濯物が乾いた後に待っているのが、たたむ作業です。これを怠ると、洗った衣類がいつの間にか山積みになり、片づけが更に億劫になってしまいます。洗濯スペースにカウンターなどちょっとした台があれば、取り込んですぐたたむ習慣が自然と身につきます。タオルや下着、パジャマは脱衣所で使うものなので、使う場所に収納スペースを確保できれば運ぶ手間が省けます。

その他の衣類はたたんだ後は、各自の部屋に運んでやっと洗濯がおしまい。しかし家族全員の衣類をそれぞれの部屋まで運ぶのは意外と手間がかかります。

この負担を軽減するには、一人で全てを運ぶのではなく、階段まわりなどに家族全員の衣類をおいて、そこから各自が自室に持っていくようにするとよいでしょう。ダイワハウスでは、衣類の一時置き場・仕分け場所として階段BOXを提案しています。階段付近にしまえるスペースがあれば、衣類が階段をふさいでしまう心配もなく、すっきりと片付いた状態が保たれます。

(4)もっと効率的なしまい方

動画を見る

洗濯動線を考える上で、大量の衣類を収納できるクローゼットの使い方もきちんと考えておきたいもの。

ウォークインクローゼット(ファミリークローゼット)の利点は、家族全員分の衣類を一カ所にまとめることができるため、家族ごとに仕分ける手間がなくなること。また、ハンガーで乾かした衣類をそのままかけられるので、たたむ作業が減るというメリットもあります。

動画や写真にあるようなウォークスルークローゼットなら、毎日の身支度が一気に整うメリットに加え、タンスの奥に眠っている服なども見つけやすいという利点があります。

まとめ

効率的な洗濯動線、いかがでしたか?
洗濯作業の余計な移動や手間を減らすのはもちろんですが、『脱ぐと同時に分類しておく』『誰でも洗濯できるようにする』『各自が自室に運ぶ仕組みにする』『収納は子どもが自分で出し入れできる高さに配慮する(成長に合わせた可動棚)』など、家族みんなが洗濯しやすくなるよう協力すること、そしてそれを自然とこなせる動線をつくることが重要です。

ご家庭毎に生活習慣や考え方が異なるので決まった正解はありませんが、少し工夫してみると、日々のストレスが減り、充実した暮らしに繋がるのではないでしょうか。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.