3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
タグ

[住まいかた暮らしかた]二世帯が快適に暮らすための住まい

ライフスタイルが異なる2つの家族が一緒に暮らす二世帯住宅。お互いがほどよい距離感と安心感を持って、快適に暮らすために、わが家らしい満足のいく家づくりをしましょう。

わが家に合った暮らし方は?二世帯同居の3つのタイプ

親子であっても、暮らし方の好みや生活の時間は異なります。別々に暮らすことでいい関係が保てるなら「分離同居」を。育児や家事を協力し合いながら暮らしたいなら「共有同居」や「融合同居」を。お互いが心地よく、安心して暮らすために、それぞれの家族に合った同居スタイルを選びましょう。

プランの工夫で二世帯が快適に暮らす

気になる生活音やプライバシーの確保などの問題は、間取りや動線の工夫で配慮することもできます。また、「共有同居」や「融合同居」では、仲良く交流するだけではなく、各家族がプライベートな時間を過ごせるよう配慮することも大切です。「分離同居」は、一方が空き家になった場合、賃貸住宅にも活用できるので、将来を見据えたプランを立てておきましょう。

融合同居

生活空間のすべてを共有し、ふれあいを重視したタイプ。
家事や育児を助け合いながら、仲良く暮らす。


すべての空間を共有

大家族で過ごしたい、子育てのサポートを頼みたい、家事を助け合いたいというご家族に。共働き世帯が増える現代で、再び見直されつつある同居のスタイルです。育児や家事の協力がしやすく、建築費を抑えることもできます。

共有同居

生活空間の一部をお互いで共有する、ほどよく距離をとったタイプ。「にぎやかさ」と「プライバシー」を両立。

【共有同居パターンの一例】

玄関と浴室を共有

玄関のみを共有

ある程度のプライバシーを確保しながら、サポートを頼みたい、両世帯で過ごす時間も大切にしたいというご家族に。玄関、リビング、キッチン、浴室など水まわりのうち、どこを分離して共有するのか、コストと気遣いのバランスを納得するまで話し合うことが大切です。

分離同居

住まいを完全に分離させ、プライバシーを重視したタイプ。一緒に暮らす安心感、そして将来的には賃貸活用も可能。


すべての空間を分離

お互いに目が届きながらも、それぞれが自由に暮らせるので、ライフスタイルや生活時間が違うご家族におすすめです。敷地に余裕が必要で、建築費もかかりますが、不動産取得税や固定資産税などが軽減でき、相続税対策にも。また、将来、賃貸住宅に活用し、家賃収入を得ることも可能です。

ひとつの家を快適に住み分けるためのヒント

ダイワハウスでは、各ご家族の暮らし方に応じてお互いが心地よく安心して暮らせるようにプランニング。
技術力により快適な暮らしを支え、将来のライフスタイルの変化にも対応できる提案も行っています。

分離同居

各世帯のライフスタイルや将来を見据えて住み分ける

各世帯を上・下層階で分ける場合、親世帯は1階と考えがちですが、家にいる時間が長い世帯を日当たりのいい上層階にすれば、心地よく1日を過ごせます。トイレ、洗面、浴室などの水まわりを上下とも同じエリアに配置することで、生活音に配慮することができます。
将来賃貸住宅としての活用を考えている場合は、玄関の位置を別方向にするなど、プライバシーの確保についても考慮 しておきましょう。

親世帯が2階の場合

将来のエレベーター設置を考慮し、上下階に収納を配置。


階段幅を広めに確保すれば昇り降りが安心。
将来は階段昇降機の設置も可能。

家賃保証のある「かせるストック」
ダイワハウスの二世帯住宅は、移住・住みかえ支援機構(JTI)が定める基準に適合。
分離同居の場合は、将来、子世帯・親世帯いずれかが空き家になった場合、条件を満たせば、一世帯だけでも貸すことができ、空室の場合でもJTIが家賃保証します。

共有・融合同居

間取りの工夫で交流とプライバシーを両立

家族の交流を促すためには、ダイニングに大家族で食事ができる大きなテーブルを置いたり、キッチンをアイランド型にしてみんなで料理を楽しめるプランを。また、リビングを2つ設けるなど、それぞれの家族がプライベートな時間を確保するための工夫も大切です。さらに、水まわりを共有する場合は、使う人数が多いため、プランに配慮が必要です。

2つのリビングを設ける

2階に子世帯用「セカンドリビング」を設置。
趣味の時間や友人を招くときに役立つ。

1階の親世帯のリビングは、二世帯で集まって食事などを楽しむ「コミュニケーションスペース」としても利用。

脱衣室と洗面室を独立させる

誰かが入浴中でも気兼ねなく洗面室が使え、身支度と洗濯が重なってもスムーズ。

二世帯がすっきり暮らすための収納計画を立てる

収納は量だけでなく、「誰が、何を、いつ、どこで、使うか」を考慮して配置することが大切です。各世帯が使う物、共有で使う物をしっかり分けておきましょう。特に家の顔となる玄関や、家族が長く過ごすリビングは、たくさんの物が持ち込まれるため、動線を考慮した収納を設けます。また、キッチンには大型のパントリーを設置すれば、二世帯分の食器や調理器具が収納でき、すっきりと使えます。

キッチンに大型パントリー

  • A: 〈キッチンからの動線〉調理中もラクに物が取り出せる。
  • B: 〈勝手口からの動線〉帰宅後すぐに収納できる。
  • C: 食品を収納する〈大型パントリー〉。冷蔵庫2台分のスペースも確保。
  • D: 〈ゴミ箱スペース〉を設けて、分別ゴミもすっきり。

玄関に大型収納と2つの動線

二世帯の荷物を収納できる大型収納を土間に設け、玄関をすっきり保つ。

  • A: 〈ファミリー動線〉帰宅後、ベビーカーや靴などをしまいながら室内へ。お出かけの準備もスムーズ。
  • B: 〈ゲスト動線〉お客さまを迎える動線。

2018年6月現在の情報となります。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.