3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
タグ

[住まいのお手入れ]クローゼットの掃除と衣類の整理

季節が冬から春へ、暖かくなってくると、衣替えのシーズン。
クローゼットをきれいに掃除して、収納も見直しましょう。

●詰め込み過ぎず8割ぐらいに

詰め込み過ぎると取り出しにくいだけでなく、衣類を傷める原因に。衣類を整理し、取り出しやすく、しまいやすい収納にしましょう。

●中身を出してきれいに掃除

衣替えのタイミングで、中に収納している物を全て出し、徹底的に掃除をしましょう。

●衣類を整理する

衣類を入れ替える際に、不要な物は手放し、収納方法を見直せば、衣類の管理がラクに。

衣替えが掃除のチャンス

クローゼットは、衣類やバッグなどの小物類、収納ボックスなど多くの物を詰め込みがちで、掃除がしづらい場所。衣替えのタイミングで、中の物を全て出し、徹底的に掃除をしましょう。

上から下へホコリを取る

まずは、ハンディーモップで棚板の上や壁面のホコリをぬぐいます。そして、床の隅々まで掃除機をかけてホコリを吸い取ります。

水拭き後、しっかり乾燥

掃除機の後は、固く絞った雑巾で水拭きを。アルコール除菌スプレーを雑巾に吹き付けて拭いておけば、カビ発生の予防にも。水拭きの後は、扉を開けたまま、風を通し、しっかり乾かしましょう。扉に付いた手あかなどの汚れも、水拭きをして落としておきましょう。

湿気をためない

クローゼットに詰め込み過ぎると、湿気がたまりやすくなり高温多湿を好むカビやダニが発生しやすい環境に。衣類を整理して、8割を目安にゆとりのある収納を目指しましょう。週に1度は扉を開けっ放しにして換気を。除湿剤を入れておくのもよいでしょう。

衣類は干してからしまう

その日に着た服はすぐにしまわず、一晩、ハンガーにかけて汗などの湿気を逃がします。ブラシをかけてホコリを落としてからしまうとよいでしょう。

掃除しやすく工夫

クローゼットの中は、掃除をしやすいように、バッグなど小物類も床置きにせず、収納ケースにしまうか、つるすなど工夫を。クローゼット下段の収納ケースはキャスター付きにすると、掃除の際の移動もスムーズです。

防虫対策を

衣類のシミや汚れ、汗などは虫食いの原因に。衣替えの際は、必ず洗濯するか、クリーニングに出して、汚れを落としてからしまいます。防虫剤は商品説明を確認し、適量を正しく使用しましょう。

衣替えのポイント

衣替えのタイミングは?

気温が15℃以下では冬服、15℃~20℃では上にはおる物が必要です。最高気温が20℃を超える4~5月ごろと、20℃を下回る10月ごろに衣替えに取り掛かるとよいでしょう。

不要な衣類を手放す

「古くて傷んでいる」「2年以上着ていない」「体型に合っていない」「流行遅れ」など、衣替えの機会にチェックして、不要な衣類はリサイクルに出すなどして手放しましょう。

季節ごとに分類

衣類は着る時季に応じて、1年中、夏、冬、春と秋の4つに分類すると管理しやすくなります。

使いやすく収納

衣類は着る頻度に応じて、取り出しやすくしまいやすい収納を考えましょう。ハンガーはオンシーズンの物を優先して、アイテムごと、色ごとに並べると、見た目もきれいで選びやすくなります。

大和ハウスグループの大和ライフネクストでは、保管付宅配クリーニングのサービスを承っています。
シーズンオフの衣類の保管にも。
詳しくはこちら

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.