土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

コラム No.84

トレンド

【イベントレポート】ロジスティクスソリューションフェア2019

公開日:2019/09/30

2019年8月27日(火)~28日(水)、東京ビッグサイト西3ホールにて、「ロジスティクスソリューションフェア2019」が、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会主催のもと開催されました。このイベントは2年に一度開催されており、2019年は、「新たなテクノロジーがもたらすロジスティクスイノベーション-環境変化に対応したAIR(AI、IoT、RPA)の活用に向けて-」と題し、95社が参加し行われました。

来場者も年々増加しており、8月27日には6,893名、28日には7,389名が来場(主催者発表)、ロジスティクスへの関心の高さをうかがわせました。

現在、ロジスティクス業界においては、流通構造の変化、小口貨物の増加、原材料費の高騰やドライバーをはじめとする深刻な労働力不足など、喫緊に対応すべき課題が山積しています。また、他業種同様に、少子高齢化、生産年齢人口減少といった社会構造の変化もあり、将来成長を続けていくためには、生産性向上をもたらす革新的な技術の開発、活用が求められています。
こうした背景から、ロジスティクス業界におけるソリューションとして、様々な先進技術や新しい取り組みを紹介するのが、この「ロジスティクスソリューションフェア2019」です。
AIやIoTなどの新たなテクノロジーをはじめ、サプライチェーン全体の生産性を向上させるような革新的なビジネスプロセス、企業間連携の仕組みなど、様々なソリューションが終結しました。

大和ハウスグループ全体によって、総合的なソリューションを紹介

大和ハウス工業はグループ企業10社(出資会社含む)による、最新のロジスティクスに関するソリューションを提案しました。
大和ハウス工業としては、全国各地に展開する物流施設を紹介。マルチテナント型、BTS型として拠点、設備、スキームともにお客様の課題にあわせた展開が可能な施設です。
グループ会社であるフレームワークスは、アベジャ、モノプラスと共同で、画像認識AIによって物流センターの見える化を推進する「Insight for Logistics(α版)」を紹介。物流センター内の作業や機械の動きを可視化し蓄積したデータをAIで分析することで業務全体の効率化を目指す、新しい取り組みを提案しました。
アッカ・インターナショナルは、アパレル通販の業務を全面的に支援する、「ささげ業務(撮影・採寸・原稿)」「在庫管理システム」「倉庫管理システム」をトータルに支援する企業。これらの業務を統合し、お客様の通販ビジネスを全面的にサポートします。
大和物流は、これまでの物流業務の経験を生かし、全国で展開する物流施設ならびに3PLとしての物流支援業務を紹介しました。
大和リースは、作業者の負担軽減となるレイボエクソスケルトンという作業者の身体の負担を軽減する作業アシスト商品を紹介しました。

GROUNDは、自立型協業ロボットを紹介。オーダー情報を受けたロボットは自動的に商品の場所まで移動。作業者は指定された商品をピッキングするだけなので、より高い生産性を実現できます。
Hacobuは、トラックの物流センターでの待機時間を減らす「バース管理ソリューション」、荷主と運送会社をつなげる「配送マッチングサービス」、リアルタイムで全社の運行状況を確認できる「動態管理ソリューション」の3つを紹介。トータルな輸配送管理を実現します。

そして、2019年3月に新たに大和ハウスグループに参画した、若松梱包運輸倉庫。昨今、「HACCP」や「GDP」に代表されるように、食品業界においては、品質・衛生・温度管理による高い安全基準をクリアする必要があります。
大和ハウス工業は、若松梱包グループの持つ低温物流ノウハウや食品の共同配送などを活用することで、大和ハウスグループの物流事業において新たな領域への取り組みを始めました。

物流業界における様々な問題は、あらゆる企業の経営戦略に直結する課題となっています。さらに、IoTやAIの技術は日々進化しています。大和ハウス工業は、その技術を物流に生かすために自らR&Dセンターを持ち、1社1社異なるニーズに対してより良い物流戦略を提供できるように、大和ハウスグループとしての総合的に取り組んでいます。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ