土地活用ラボ for Owner

土地活用ラボ for Owner

コラム vol.293-1
  • トレンドニュース
  • 不動産市況を読み解く

土地活用・不動産投資・賃貸経営に必要なデータの入手法と読み解き方(1)あのデータはどこで入手できる?国土交通省が提供する統計データについて

公開日:2019/07/31

土地活用・不動産投資・賃貸経営に必要なデータの入手法と読み解き方3回シリーズの第1回目です。

日本全国で、土地を購入した人のうち、どれくらいの割合の方が「賃貸住宅建設のため」に購入されたと思いますか?
個人の土地購入において、東京圏や大阪圏などでは約10%程度、全国では約6.7%が賃貸住宅建設のために土地を購入しています。

このデータは、国土交通省のホームページに入り、「オープンデータ」ページ→「統計情報」→「土地関連統計データ」→「土地保有移動調査」とクリックしていけば、このデータにたどり着くことができます。
国土交通省の統計情報ページのアドレスはhttp://www.mlit.go.jp/statistics/details/index.htmlですので、一度ご覧いただくとよいと思います。

日本の公的機関は、近年ものすごい勢いで統計データの整備・公開を進めてきました。「情報公開」という言葉が広く使われはじめて久しいですが、様々な統計データ情報が、各省庁のサイトに公開されています。また、主要なデータには解説のパワーポイント資料もついていることが多くあり、この解説を読めば、大筋がつかめます。
また、CVSデータ、Excelデータで公開されているものも見られ、これらは利用者が独自に加工し分析できるようになっています。

国土交通省の統計情報は、オープンデータの中にあります。このオープンデータには、他にも、白書や調査報告等がありますが、この白書は毎年のその分野を全体俯瞰できる内容になっていますので、業界にかかわる方は、目を通しておいた方がいいと思います。
国土交通省が出している白書にもいろいろありますが、土地活用・不動産・建築といった本サイトが扱っている分野で最も重要な白書は「土地白書」だと思います。
アドレスは、http://www.mlit.go.jp/statistics/file000006.htmlです。このデータは、土地活用を行うオーナーの方も、土地活用の提案を行う営業担当の方々も、知っておくといい情報だと思います。

国土交通省の統計情報の中には、もの凄い数の統計データが公開されています。
この中で、本業界に必要で重要なデータは、左のメニューバーにある「建築・住宅関連統計」の中にあります。
アドレスは、http://www.mlit.go.jp/statistics/details/jutaku_list.htmlです。

ここに入ると、おなじみのデータが並んでいます。ちなみに、最もメジャーな統計データの1つである「住宅着工件数」は、この中の一番上(1)にあります。
またサイトの下の方に行くと、分野別に分かれていることがわかります。
本サイトの想定読者の方に関係あると思われる分野は、「土地」、「建設工事」、「都市」、「建設業」「建築・住宅」などで、不動産活用や賃貸住宅業にお役に立ちそうなデータがあります。

国土交通省 建築・住宅関係統計ホームページ

先ほど述べましたように、公的なデータ数も多く探しやすいように整備されています。しかし、データがあっても、それを読み解くこと(つまり、そのデータから何が分かるか)が出来なければいけません。時系列データと単体のアンケート調査などでは見方が異なります。こうした事も、シリーズ全3回の中で述べてまいります。

賃貸住宅経営 秋の全国実例見学会 9/1(日)-9/30(月)ダイワハウスの賃貸住宅D-room

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Owner メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ