大和ハウス工業トップ

お客さまの建物に関する様々なエネルギー問題を解決していきます。

エネルギーコストを抑えたい

新電力(PPS)事業や建物及び設備の省エネ改修など多様なソリューションにより、エネルギーコストの削減を実現します。

平均的なオフィスビルの消費電力のうち、約7割を空調用(約48%)・照明用(約24%)が占めていると言われており※、これらの設備機器の節電対策が重要です。

節電対策として、大和ハウスは5つのソリューションを組み合わせてご提案します。

  • ●新電力(PPS)への電力契約切替によるコスト削減
  • ●高効率設備機器への更新によるエネルギー使用量の削減
  • ●建物の断熱性能を高めることによる、空調負荷の低減
  • ●エネルギーの見える化による、ムダのないエネルギーの運用改善
  • ●蓄電池導入による電力使用量のピークシフト

※出典:経済産業省 資源エネルギー庁 2011年推計(同省ウェブサイトより)

省エネソリューション

新電力(PPS)への電力契約切替

電力小売事業電力小売事業

当社が新電力として、発電事業者から一括で電力を調達し、おトクな電力をお客様に販売します。

高効率設備機器の導入

高効率照明高効率照明

高効率空調高効率空調

従来の照明や空調などの設備を高効率設備へ更新することでエネルギー使用量を削減できます。

建物の断熱性能の向上

窓断熱・遮熱窓断熱・遮熱

外壁断熱・屋根断熱外壁断熱・屋根断熱

建物の断熱性能を高めることで、空調の負荷を低減し、省エネ化を図ることができます。

電力使用量の見える化による運用改善

BEMS
BEMS

電力の見える化や空調制御機能のあるBEMSの導入により、多拠点のエネルギー管理が可能となります。

蓄電池導入によるピークシフト


リチウムイオン蓄電池

夜間電力を蓄電池に蓄え、使用電力のピーク時間帯に蓄電池から電力を供給することで、ピークシフトを実現します。

お客さまの課題を解決してきた大和ハウスの実績をご覧ください。

  • 環境エネルギー事業とは
  • 事例を見る
  • よくあるご質問

省エネ設備導入、建物省エネ改修など ご相談・お問い合わせ・資料請求はこちら


ソリューション

このページの先頭へ