土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

コラム No.99

トレンド

【イベントレポート】国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-

公開日:2020/02/28

2020年2月19日(水)から3日間、東京ビッグサイトにて、「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」が開催されました。 「国際物流総合展」は1994年からこれまで2年おきの開催でしたが、経営戦略における物流領域の重要性が高まるなか、2020年は2019年に引き続いての開催となりました。
今年の展示会では、特に物流業界における「労働力不足」をテーマに、内外の最新物流機器・システム・サービス等のソフトとハードが一堂に結集し、多くの企業へ紹介されました。
現在、物流現場での労働力確保は喫緊の課題とされ、限られた人員のなかでいかに生産性をあげ、効率的な物流システムを構築することは、大半の企業において最優先の取り組みテーマのひとつとなっています。
3日間合計21,834名にも上り、多くの来場者で埋め尽くされ、関心の高さをうかがわせました。

大和ハウスグループとして総合的に提案

大和ハウス工業は、大和ハウスグループとして、様々なイノベーションにつながる提案を行いました。
大和ハウス工業としては、全国各地に展開する物流施設を紹介。特に、これから建築される、マルチテナントのDPL横浜港北A、DPL戸塚、DPL名港弥冨、DPL茨木北、DPL広島観音などを中心に紹介しました。
また、プレゼンテーションセミナーでは、建築事業推進部Dプロジェクト推進室 室長 井上一樹より、大和ハウス工業は、ロジスティクス事業における新たなステージとして、新たなテクノロジーによる省力化ソリューション、先進的なテクノロジーを持つベンチャー企業との協業、働き方改革にふさわしい働く母親のための施策などを紹介。2017年11月に立ち上げた、物流IT企業ホールディングス「ダイワロジテック」による、物流センターにおける本質的な生産性向上のためのAI、IoTを活用した物流施設内での自動化、ロボティクスの活用に加えて、センター内でのオペレーション、労働力の確保に取り組むことを提案。さらに、中継物流なども含め、様々な手段を駆使しながら、物流の効率化をお客様と共に求めていくことを提案しました。

グループ会社であるフレームワークスは、アベジャ、モノプラスと共同で、画像認識AIによって物流センター内の作業や機械の動きを可視化し蓄積したデータをAIで分析することで業務全体の効率化を目指す、新しい取り組みを提案しました。
同じくグループ会社のアッカ・インターナショナルは、アパレル通販の「ささげ業務(撮影・採寸・原稿)」「在庫管理システム」「倉庫管理システム」をトータルに支援する企業で、今回、特に注目を集めたのが、NIKE社の日本国内での直販フルフィルメント事業のサポートでした。
千葉県市川市に開設されたNIKE社のフルフィルメントセンター「The DUNK(ザ ダンク)」は、2019年6月1日から稼働。施設名は、バスケットボールのゲームの在り方を変えた「ダンクシュート」からとられたそうで、最先端の設備によるGTP(Goods To Person)型のピッキング方式を採用した、これまでの物流の在り方を変える物流施設が実現しました。ブース内でのプレゼンテーションでは、多くの人の注目を集めました。

大和物流は、これまでの物流業務の経験を生かし、全国で展開する物流施設ならびに3PLとしての物流支援業務を紹介しました。
2019年3月に新たに大和ハウスグループに参画した若松梱包運輸倉庫は、食品・医薬品を専門に扱う物流会社。大和ハウス工業は、若松梱包グループの持つ低温物流ノウハウや食品の共同配送などを活用することで、大和ハウスグループの物流事業において新たな領域への取り組みを始めました。

Hacobuは、この春から新たに展開する、「MOVO SeeK」などを中心に紹介。カゴ車やパレットなどの流通資材の「滞留」と「紛失」を見える化することで、流通資材の新規購入コストを抑制したり、流通資材の適切な配置によって業務の効率化を図ります。

「ロジスティクスイノベーションフォーラム」を同時開催

同時開催のカンファレンスでは、特に産業界の関心が高いテーマを取り上げ、行政動向や最新の取組、今後の展望等を情報発信する「ロジスティクスイノベーションフォーラム」が開催されました。
大和ハウスグループとしては、株式会社フレームワークス代表取締役社長 CEO 秋葉 淳一から、「もうひとつのデジタルロジスティクス~ロボ活用の推進と持続可能なロジスティクスに向けて~」と題し、2020年から、一気に活用が進むと予測されるロボット化におけるポイントを紹介しました。また、今後行わなければならないロジスティクスの改革についても紹介しました。

物流業界における様々な問題は、もはや「物流」だけではなく、企業における経営戦略に直結する問題となっています。労働力不足とビジネスのグローバル化は避けられない課題であり、これに対して、大和ハウスグループは、日々刻々と変化するテクノロジーに加えて、グループの総合力によって、物流、ロジスティクスの業務を革新することに取り組み続けていきます。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ