土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

最新コラム

  • 外国人雇用と建設・宿泊業界 改正出入国管理・難民認定法(入管難民法)が12月8日に成立しました。人手不足に悩むわが国の産業界は今後、新たな外国人労働者の受け入れに向けて体制を整備
  • 出口戦略について 不動産証券化は期間を定めて実行しますので、終了するときが来ます。その際に行う資金調達戦略を出口戦略と言います。
  • MOVOFORESIGHT2018~垣根を超えたデジタル・ロジスティクスが今日始まる~ 2018年11月27日、株式会社Hacobuは、初の主催イベント「MOVOFORESIGHT2018〜垣根を超えたデジタル・ロジスティクスが今日始まる〜」を東京京橋の東京コンベンションホールにて
  • 多様なワークスタイルに対応する 前回、日本がこれから生産性向上を実現していくためには、働く人たちの多様なワークスタイルやライフスタイルを尊重し、「働き方改革」が可能な不動産のあり方を考え直す必要があることを紹介しましたが
  • 経営戦略としてのBCM BCPは危機対応だけでなく、企業価値の向上や平常時における企業競争力の強化につながると期待されており、この面からも積極的な取り組みが求められています。
  • スポーツによる戦略的な地域振興 今回は、少し視点を変えて、近年注目を集めているスポーツによる地域振興について、考えてみます。少子高齢化、人口減少傾向が進むにつれ、各地域で地域資源を広く発信し、認知度を上げる地域振興策が活発化しています。
  • デジタルロジスティクスリーダーシップ 現在、デジタルトランスフォーメイションという言葉に代表されるように、デジタル化への進展が進んでいますが、まず「アナログ」について考えてみたいと思います。
  • BCPとBCM、そしてBCMS 日本において「BCP」という言葉は昨今とてもポピュラーな用語になりましたが、「BCM」に関しては、さほど普及してはいないようです。BCMとは、「Business Continuity Management」の略で、直訳すれば、「事業継続管理」となります。
  • 利益相反について 不動産証券化は、多くのプレーヤーが関わりながらその目的を実現するために業務を展開しますが、その仕組みの性質上、利益相反になるリスクを構造的に抱えているともいわれます。

おすすめコラム

  • 誰もやらないことをやるベンチャー精神を持つ 最初は、ファッションレンタル事業を行っているA社さんとコールセンターとしてママスクエアで出店できませんかという話でした。それは普通のビジネスなので、もちろんできますと
  • 英国BID制度にみるエリアマネジメント手法 現在、BID制度は世界各国で採用され、各国の国の事情に合わせた制度整備が進んでいます。日本におけるBID制度は緒についたばかりですが、今後、日本独自の制度として
  • 生産性を向上させるオフィス環境のあり方 働き方改革の大きな目的のひとつとして、業務効率化を実現し生産性を向上することが挙げられます。次のグラフは、先進国各国と年間労働時間の平均と労働生産性を比較したものです
  • BCPとBCM、そしてBCMS 日本において「BCP」という言葉は昨今とてもポピュラーな用語になりましたが、「BCM」に関しては、さほど普及してはいないようです。BCMとは、「Business Continuity Management」の略で
  • 利益相反について 不動産証券化は、多くのプレーヤーが関わりながらその目的を実現するために業務を展開しますが、その仕組みの性質上、利益相反になるリスクを構造的に抱えているともいわれます。
  • サブリース関連トラブルに関係省庁が注意喚起 国土交通省は2018年10月下旬、消費者庁・金融庁と連携してサブリース契約に関する注意喚起を行いました。女性向けシェアハウスの運営会社の破たんや、一部の地方銀行が関与したシェアハウス

注目ランキング

  • No.1
    「安心R住宅」制度で中古住宅流通市場が活性化 物件内容の情報が乏しいために不安視されてきた既存(中古)住宅の流通市場に、新たな動きが出ています。国が中古住宅市場の活性化を狙いに4月からスタートした「安心R住宅」制度をご紹介します。
  • No.2
    格付けについて 不動産証券化は、資金調達のための金融手段のひとつで、そこに資金を投じる人(投資家)にとっては資金の運用にあたります。このため、資金需要者にとっては資金調達コストの低減、投資家にとっては信頼できる投資情報が重要な意味を持ちます。今回は格付けについてご紹介します。
  • No.3
    地域の資産価値を向上させるBID制度(地域再生エリアマネジメント制度) BID(BusinessImprovementDistrict:ビジネス改善地区)制度は、1970年代にカナダのトロントで誕生し、80年代に米国で発展、欧州を始め全世界に普及したといわれています。

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ