土地活用ラボ for Biz

土地活用ラボ for Biz

最新コラム

  • 不動産オーナーのための「プロパティマネジメント」 プロパティマネジメントといえば、オフィスなどの事業系のビルを想像しますが、昨今、J-REITをはじめとするファンドによる住居系への投資が増加していることもあり、住居系の建物においてもプロパティマネジメントの手法が用いられることが増えてきました。
  • 日本版BID制度「地域再生エリアマネジメント」 国土交通省が発行した「エリアマネジメント推進マニュアル(2008年)」によれば、エリアマネジメントとは「地域における良好な環境や地域の価値を維持・向上させるための、住民・事業主・地権者等による主体的な取組」と定義されています。
  • イノベーションによってBEMSはさらに進化する BEMSは単にビルのエネルギーを管理するだけにとどまらず、災害や火災などのビルの安全性、ひとりひとりの生産性を高める快適性、様々なデータの集積による新たなビジネスの創出までを含んだ、未来への可能性を持ったシステムです。
  • 注目を集める駐車場シェアリングビジネス 個人や企業が保有している駐車スペースを手軽に利用できる「駐車場シェアリング」が注目を集めています。
  • ノンリコースローンについて 不動産証券化は、主にSPC(特別目的会社)を設立して実行しますが、設立当初は資金が不足しているので、事業を開始するための軍資金を集める必要があります。
  • 「不動産市場に関する国内投資家調査」に見る、投資家ニーズの変化(2) 今年も平成30年6月に、国土交通省より、「不動産市場に関する国内投資家調査結果」が公表されました。前回に引き続き、この調査の結果を見ながら、今後の投資家のニーズの変化を検証します。
  • 官民連携で空き家問題を解決(4) 今回は、官民連携による空き家や空き店舗の活用事例を見ながら、地域において課題を解決する具体的な手法について考えたいと思います。
  • シェアリング物流のコアで、かつ本質的なところは、進化すること これは、私がシェアリングエコノミーの概念の好きな部分でもあるのですが、シェアリング物流のコアで、かつ本質的なところは、いわゆる“進化”だと思います。
  • 国交省が「不動産投資市場アクションプラン」を検証 国土交通省はこのほど、「不動産投資市場の成長に向けたアクションプラン」のフォローアップを実施しました。。

おすすめコラム

  • 国交省が「不動産投資市場アクションプラン」を検証 国土交通省はこのほど、「不動産投資市場の成長に向けたアクションプラン」のフォローアップを実施しました。。
  • ~東京都八王子市~ 川口土地区画整理事業セミナー 2018年7月17日(火)、大和ハウス工業 東京本部ビル2階の大ホールにて、大和ハウス工業と八王子市との共催という形で「~東京都八王子市~ 川口土地区画整理事業セミナー」が開催されました。
  • ICTの進歩により、ビルにおいてもエネルギー管理システムが進化 地球温暖化防止、省エネルギー、節電といったエネルギーの消費量に関する課題が大きくなるにつれて、エネルギー管理システム(EMS:Energy Management System)は様々な領域で導入されるようになってきました。
  • 信用補完について 不動産証券化は、企業にとって有効な資金調達手段の一つですが、投資してくれる人がいなければ成り立たないビジネス。
  • 「不動産市場に関する国内投資家調査」に見る、投資家ニーズの変化 平成30年6月に、国土交通省より、「不動産市場に関する国内投資家調査結果」が公表されました。この調査は、不動産投資の動向や、投資家のニーズ・課題等を継続的に把握することで、国土交通省の行う政策課題検討を行うことを目的としたもので、3年に一度実施されています。
  • まずは見ていただいて、シェアリングの世界を感じていただきたい 私たちはシェアリングという言葉を頻繁に使っていますが、実際には我々も含めて、まだまだ定義しきれていない部分があります。具体的には、所有するのかシェアリングするのか、つまり、シェアリングするのはゼロか100%なのか、といった捉え方しかできていないようです。

注目ランキング

メールマガジン会員に登録して、土地の活用に役立つ情報をゲットしよう!

土地活用ラボ for Biz メールマガジン会員 無料会員登録

土地活用に役立つコラムや動画の最新情報はメールマガジンで配信しております。他にもセミナーや現場見学会の案内など役立つ情報が満載です。


  • TOP

このページの先頭へ