3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
閉じる

家づくりを知る

共働き夫婦の「家事」に関する
意識調査 第1回~家事への意識の違い編~

「家事」に関する意識調査を、全国の「同居のお子様をお持ちの共働き夫婦」を対象に実施しました。
アンケートの結果、夫婦の家事参加に対するお互いの意識のギャップだけではなく、そもそも「家事」の定義についても夫婦で異なる実態などが浮き彫りになりました。今や「出産後の仕事復帰」が女性にとっても当たり前の選択肢となりながら、いまだに孤軍奮闘、「家のこと」を頑張る女性たち。調査の結果をTRY家guideでご紹介いたします。

家事の負担実態

「やってるつもり」!?夫の家事参加率、夫「3:7」→妻「1:9」と大きなギャップ


共働きの夫婦に家庭での家事負担の割合を聞いたところ、妻の認識では、「夫1割:妻9割」(37.3%)がトップ。次が「夫2割:妻8割」(22.3%)で、「妻10割」(17.7%)と「夫3割 : 妻7割」(11.3%)を加えると、妻の88.6%が「自分の家事負担が7割以上」と回答。夫を含めた全体でも、80.9%が「妻の家事負担が7割以上」と回答しており、共働きにもかかわらず、圧倒的に妻の家事負担が多いことがわかりました。
夫の回答でも妻の家事負担の方が多いという結果でしたが、夫の1位は「夫3割:妻7割」(27.0%)で、妻が思っているよりも「自分はやってる」と思う夫が多く、夫婦間で大きな意識の差がありました。
また、年代別にみると、夫の年代が上がるにつれて妻の負担率が高くなっており、特に40代男性では「夫1割 妻9割」(32.0%)が最も多く、妻に家事のほとんどを依存している傾向がみられました。

あなたの家庭での家事分担の割合はどの程度ですか?(ひとつだけ)

n=600(男性 n=300 女性 n=300)

「家事」自体への意識の違い

夫が家事だと思ってない「名もなき家事」の存在…「家事の定義」そのものに夫婦のギャップあり


一般的にどこの家庭でもやっている家の仕事30項目について、「家事だと思うか」を聞いてみました。30項目のうち、18項目で、妻の認識が高い結果に。
妻が日常的に頑張っているにもかかわらず、夫が家事だと認識していない「名もなき家事」の存在が明らかになりました。特に「トイレットペーパーがなくなった時に、買いに行く」(夫67.3%、妻83.0%)、 「靴を磨く」(夫46.0%、妻57.7%) 、「町内やマンションの会合に出席する」(夫46.7%、妻56.7%)が「名もなき家事」となっています。夫の方が多い項目は11項目。それらにおいても妻との差はわずかとなっていました。

あなた以下の作業を家事だと思いますか? 男女別比較

妻が夫より多い項目

n=600(男性 n=300 女性 n=300)

夫が妻より多い項目

n=600(男性 n=300 女性 n=300)

夫と妻と同じ項目

n=600(男性 n=300 女性 n=300)

調査の概要

調査名:「20代から40代の共働き夫婦の“家事”に関する意識調査」
実査時期:2017年4月15日(土)~2017年4月16日(日)
調査方法:インターネット調査
調査対象:20~40代で同居のお子様をお持ちの共働き夫婦
回答者数:20代男性100名、30代男性100名、40代男性100名、20代女性100名、30代女性100名、40代女性100名、計600名

※掲載の情報は2017年4月現在のものです。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.