3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

木造×RC構造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
閉じる

家づくりを知る

共働き夫婦の「家事」に関する
意識調査 第3回~「名もなき家事」をやっているのは誰か編~

「家事」に関する意識調査を、全国の「同居のお子様をお持ちの共働き夫婦」を対象に実施しました。
アンケートの結果、夫婦の家事参加に対するお互いの意識のギャップだけではなく、そもそも「家事」の定義についても夫婦で異なる実態などが浮き彫りになりました。今や「出産後の仕事復帰」が女性にとっても当たり前の選択肢となりながら、いまだに孤軍奮闘、「家のこと」を頑張る女性たち。調査の結果をMy House Paletteでご紹介いたします。

「名もなき家事」をやっているのは誰か

「名もなき家事」の負担は9割がやっぱり「妻」


ついつい見落としがちだけど、誰かがやらなければならない「名もなき家事」を誰が積極的にやっているのかを聞いてみました。全体では妻が86.5%と圧倒的に1位でした。
男女別にみると、妻は96.3%が「妻(自分)」と回答しており、ほとんどの妻が自分が「名もなき家事」を一番多く行っていると考えています。夫は46.3%と半数近くが「夫(自分)」と回答しているものの、「妻」と回答している人も76.7%おり、妻の働きを認めています。
家事負担の質問で、妻の認識では「夫1割:妻9割」が1位でしたが、「名もなき家事」においても妻にかかる負担の大きさが、明らかになりました。

あなたの家庭では「名もなき家事」を誰が積極的にやってますか?(いくつでも)

n=600(男性 n=300 女性 n=300)

「名もなき家事のストレス」について

「名もなき家事」や夫の様子に、イラっとする妻の本音


「名もなき家事」にまつわる、「イラっとした経験」について聞いてみました。
自分が原因で出た「家事」すらしない、夫に対する不満が多くみられました。

あなた以外の家族が原因でやらざるを得ないなど、「名もなき家事」でイラっとした経験について教えてください。

20代女性

  • やり方が自分と違うこと。
  • 夕飯を食べ終え、全ての食器を洗いもう寝る寸前だったのに、夫が夜食にカップラーメンを食べはじめ、使った箸をシンクに置きっぱなしにした事。それぐらい自分で洗えよとイライラした。
  • 洗濯で全て一緒に洗い、色落ちや生地の痛みがあった。
  • 郵便物のチェックをしないので、産後実家から戻ってきたときポストが大変なことになっていた。
  • 飲み終わったビールの缶を、眠いからというだけで机に置きっぱなしにする。それを片すのは私。片せないくらい眠くなるなら飲むな。
  • 配偶者が脱ぎ捨てていくパジャマを畳むこと。畳んでおくよう伝えているのに、毎日脱ぎ捨ててあるのでイラっとする。
  • 靴下がいつも裏返しで、洗濯物を干すときにひっくり返すこと。
  • 夜、夫が食べた後のカップ麺やお菓子のゴミを出しっぱなしにされ、自分が翌朝片付ける時。
  • ゴミを机の上に置きっぱなし、入浴後に体を拭いたタオルを床に放置、これを注意したところ気づいた人がやればいいと逆ギレされたこと。
  • 元の場所にすぐ戻せばいいのに、出しっ放し脱ぎっぱなし。
  • 旦那の親戚が遊びに来る予定がある為、部屋を綺麗にしなくてはいけないのに、旦那自身の物を全く片付けてくれず、私が全て片付けたこと。家に招いたのは旦那なのに。

30代女性

  • 毎日イライラしている。
  • 私が仕事をしている時に主人が自分で家でご飯を作り、食べ、洗い物もせずそのままでシンク内が山になっている時。
  • ゴミが床に落ちたまま誰も拾わない。片付けたところなのに、おもちゃなどを散らかしっぱなし。
  • 脱ぎっぱなしのパジャマを畳む事です。何回言っても脱ぎっぱなしです。
  • トイレットペーパーの芯を取り替えたら、その場に置いておかれる。など、些細なことではあるが、捨てればいいのに、ちょっとしためんどくさいことも全て自分に回ってくる。
  • 子どもの出しっ放しが一番イライラします。でも注意しても、パパも出しっ放しだよ、と言われたら、それ以上言えないから更にイライラします。
  • 男性なので抜け毛(すね毛や腕の毛、体毛など)が多く、掃除機をかけたのに次の日には汚いことが多い。
  • 掃除機かけてくれたはずが汚い。
  • ゴミ箱の袋を取り替えず、毎回直接ゴミ箱ゴミを捨てること。
  • 食後のお皿などを台所に下げるまではするが、結局洗わずそのままにしてある。自分の分だけ下げる。

40代女性

  • 自分のやった後始末は自分でしてほしい。
  • 調理は好きでも得意でもないが、3つの口を満たすには私しかおらず、いやいややっている。味について文句が出るのは納得いかない。じゃあお前が作ってみろと言い返すが、解決にならない。
  • 洗濯物を各々のタンスに片付けたのに、無くなったと言われる。
  • 名もなき家事をするのは、母や祖母の仕事と決めつけている。
  • 食後の食器の片付けやペットの世話、使った道具や衣類の片付けなど、自分でできる簡単なことをそれぞれがやってくれないために、自分だけが常に動かされる気分になる。
  • 家族で出かけていて、帰宅後、急いで料理を作り、出来た料理を一人で何往復もして運んでいるときに、いちいち声をかけないと運んでくれないときは、イライラすることが多々ある。
  • マヨネーズなどの調味料を使いっぱなしで、冷蔵庫にしまわない時。要冷蔵のものを出しっぱなしにする、神経が理解できない。
  • 家族が面倒でやらなかったことが、全てこちらにまわってくる。それが当たり前と思っている。

調査の概要

調査名:「20代から40代の共働き夫婦の“家事”に関する意識調査」
実査時期:2017年4月15日(土)~2017年4月16日(日)
調査方法:インターネット調査
調査対象:20~40代で同居のお子様をお持ちの共働き夫婦
回答者数:20代男性100名、30代男性100名、40代男性100名、20代女性100名、30代女性100名、40代女性100名、計600名

※掲載の情報は2017年4月現在のものです。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.