3階

重量鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

木造×RC構造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
LiveStyle PARTNER まずはあなたの家づくりタイプを診断する
閉じる

快適に暮らす

安心暮らしの防犯留守中も在宅中も
住まいと家族を守るテクニック

外出している間はもちろん、家の中で過ごしている間も、防犯への意識は必要です。
どんな時でも大切な我が家と家族を守るための防犯テクニックについて
防犯アドバイザーの京師 美佳先生に伺いました。

泥棒被害は、留守中だけではない

泥棒は留守中に住居に侵入して物を盗むものだと思っていませんか?泥棒の手口は実にさまざま。留守中に侵入するいわゆる「空き巣」の他にも、家主の在宅中に開いている窓などから侵入する「居空き」や、就寝中に侵入する「忍び込み」なども多く発生しています。住宅への侵入窃盗の手口別割合では、約3割が在宅中の侵入というデータもあります。テレワークなどで家にいる時間が増えているから安心だと思いこんではいけないのです。

在宅中の防犯テクニック

家主が家にいる時に侵入してくる「居空き」や「忍び込み」に対して気を付けないといけない点は、泥棒との鉢合わせです。特に女性や高齢者、子どもなど力の弱い人が遭遇すると命の危険につながる可能性もあります。「家にいるから安心」と思わずに、在宅中こそ戸締まりをしっかり行いましょう。

どんな時も戸締まりをきちんと行う

鍵がかかっていない開口部は泥棒にとって格好の標的です。就寝中はもちろん、日中も玄関や窓の施錠をしっかりしておきましょう。換気のため窓を開ける時は、目の届く範囲かつ、短時間で済ませるように。また、窓を5cmほど開けた状態で補助錠を設置するのもおすすめです。侵入者が入ろうとしても簡単には開けられませんし、無理に開けようとすると大きな音がするので、侵入者に気付き、身の安全を守るために逃げる時間を稼ぐことができます。

https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/technology/sigma/residential/defend.html

居留守を使うのは危険!

在宅中、訪問販売などを避けるために居留守を使う人もいるでしょう。しかし、泥棒対策としては、居留守はおすすめしません。留守を狙ってくる「空き巣」は、その半数がインターホンで在宅確認をするそう。居留守を使うと、留守だと勘違いして侵入してきた空き巣と鉢合わせする危険があります。インターホンには対応して、在宅をアピールするのがベターです。詐欺や悪徳訪問販売に言いくるめられないか心配という人は、ワンタッチで自動音声応答する機能の付いたインターホンを導入するのも良いでしょう。また、カメラ付きのインターホンを設置した家は、空き巣から比較的狙われにくいとされています。カメラ機能が付いてないものを使用されている方は、早めの見直しをおすすめします。

留守中の防犯テクニック

現在は、便利な防犯アイテムがたくさんあります。スマートフォンなどと連携し、留守にしていても自宅を見守れる仕組みも充実しています。うまく技術を取り入れて、大切な我が家と家族を守りましょう。

スマートフォンで見守りアイテム

最近は、簡単な室内用の防犯カメラが多く販売されています。外出先からスマートフォンを使って部屋の中を確認でき、留守番中の子どもと双方向のやり取りができたり、室温管理などでペットにとって快適な環境を整えたりすることもできます。泥棒が侵入した時には、指定した番号への自動通報、画像付きのお知らせメールの送信、音声での威嚇などの機能で対応してくれるものもあります。

スマートフォンで来客対応もできる

留守中の来客に対し、スマートフォンで対応ができるインターホンもあります。子どもだけで留守番をしているときなども、これを使えば「大人が在宅している」と装うことができます。後付けで導入も可能ですが、これから家を建てる人はぜひ導入をご検討ください。

宅配ボックスを活用して「置き配泥棒」対策を

テレワークや在宅生活により、ネットショッピングを利用する人も増えたのではないでしょうか。置き配など便利な仕組みもできましたが、一方で置き配泥棒も問題になっています。そのような被害に遭わないためにも、宅配ボックスの使用をおすすめします。

ダイワハウスでは戸建住宅向け宅配ボックス「Next-Dbox(ネクスト-ディーボックス)」を開発。荷物を「受け取る」ことはもちろん、宅配ボックスに荷物を入れてWEB上で集荷を依頼すれば、「送る」ことも可能です。また、スマートフォンを持っているだけで、宅配ボックスをツータッチで解錠できるスマートキーも採用しています。表札やインターホン、ポストが宅配ボックスと一体になったデザインで、住まいの外観にすっきりと調和します。

詳しくはこちら

IoT家電など技術をうまく取り入れながら、賢く防犯を

「防犯対策をしよう!」と思い立っても、何から取り入れるべきか迷うでしょう。防犯機能だけでなく、プラスの機能があると導入するハードルが下がります。例えば、お掃除ロボットを買う時にカメラ付きを選ぶなど、住まいに必要なものに「セキュリティをプラスする」という考え方で防犯を検討してみてはいかがでしょうか。IoT家電など、便利なグッズを生活スタイルに合わせて上手に取り入れ、我が家を守る仕組みを整えましょう。

アドバイス

京師美佳セキュア・アーキテクト

京師 美佳先生

防犯対策の専門家で日本初の女性防犯アドバイザー、犯罪予知アナリストとしてテレビや雑誌など多数のメディアで活躍中。セキュリティ企業、防犯ガラスメーカーでの勤務を経て2005年に独立。これまで受けた相談、診断は4000件を超え、マンションや一戸建ての防犯のプロデュースや防犯診断などを行う。

http://www.kyoshimika.com/

LiveStyle PARTNER まずはあなたの家づくりタイプを診断する

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.