3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

木造×RC構造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
LiveStyle PARTNER まずはあなたの家づくりタイプを診断する
閉じる

生活を考える

愛犬の “居場所”を 考える

大好きな愛犬といつも一緒にいたい。

そんな飼い主さんに知っておいてほしいことがあります。犬にも、自分だけの居場所と時間が必要なのです。

安らげる場所を愛犬にも

近年、犬を飼う人の多くが室内飼いを選択しています。これは、犬が家族の一員となり、人に近い存在になってきているからでしょう。フィラリアをはじめとする病気を防ぐなど、健康面への配慮も大きいようです。

室内で飼う上で大切なポイントの一つに、居場所を確保するということがあります。安全で安らげる場所をもち、時には自分ひとりの時間を過ごせることは、犬が心穏やかに暮らすために欠かせません。

そうした場所がないと、ストレスがたまり、無駄吠えなどの問題行動を起こしてしまう場合があります。また、決まった居場所がなく、常に人と一緒に過ごしていると、ひとりでお留守番ができない犬になりがち。家族の留守中、寂しさから吠え続けてしまう可能性があります。

気配を感じる距離感に

では、犬の居場所としてはどんな空間が適しているのでしょうか。犬は本来群れをつくる動物なので、人のそばで過ごすのを好みますが、いつも誰かの目があっては落ち着けません。理想的な居場所は、家族の気配を感じながらも、視線が遮られる場所です。

例えばリビングの一角や、リビング階段下、リビング収納のすみなどにゲージやベッドを置くといいでしょう。視線が合わないように、ゲージにブランケットをかけておくのも一つの手です。犬にとってはプライベート空間ですので、入っているときはそっとしておいてあげましょう。

広さや室温、音に注意

空間の大きさは犬が横たわれる程度がベストです。広すぎても狭すぎても落ち着くことができません。犬は音に敏感なので、スピーカーのそば、テレビボードの下、外部の音が気になる窓際などは避けましょう。

また、クーラーの風が直接当たる場所や、一戸建ての最上階など夏場に高温になる場所も避けた方が賢明です。室内に2か所以上居場所を設ければ、犬自身が快適な方を選んで適宜移動できるのでおすすめです。

愛犬の居場所づくり【 新築編 】 Q&A

  • Q.家を新築する場合、犬の居場所をあらかじめ決めておく方がいいですか?
  • A.階段下やリビング、玄関土間などに居場所を設定しておくといいでしょう。ただ、犬がその場所を気に入るかどうかは、暮らしてみないと分かりません。気に入らなかった場合は別用途に使えるようにしておくなど、ある程度幅をもたせた計画をすると安心です。
  • Q.犬の居場所としてふさわしいのは1階ですか?2階ですか?
  • A.どちらでもOKです。ただし、犬の居住エリアはどちらかに限定した方がベター。移動できるエリア=テリトリーが広がるということは、犬が気を配らねばならない範囲が広がることを意味し、ストレスになってしまうからです。また、階段の上り下りは犬の足腰の負担になるので、上下階の移動は飼い主さんが抱っこして行いましょう。
  • Q.2匹以上犬を飼っている場合は、それぞれに居場所が必要ですか?
  • A.それぞれに居場所を用意してあげるのがいいですね。ただ、犬同士がとても仲が良く、常に一緒にいたい場合は、同じ場所でもかまいません。
  • Q.引っ越しや建て替えの時、新しい家に慣らすには、どうすればいいですか?
  • A.それまで犬が使っていたベッドやタオルなどを持ち込んだり、レイアウトを以前の家と似た雰囲気にするなどの工夫をしましょう。事前に犬と新居を訪問し、「知っている場所」にしておくとなお良いです。

PROFILE

二村陽子先生(HONDEHOK)

取材協力/株式会社ベネッセコーポレーション

東京都生まれ。武蔵工業大学(現東京都市大学)建築学科卒。設計事務所を経て、2008年独立。トリミングサロンを運営しながら、ペットと過ごす空間の設計を行う。ベネッセ「いぬのきもち」、特集記事の監修などを担当。1級建築士、A級トリマー、1級愛玩動物飼養管理士。

LiveStyle PARTNER まずはあなたの家づくりタイプを診断する

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.