3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
重量鉄骨メイン画像

skye3

重量鉄骨

強さと自由を兼ね備え、
暮らしを支えつづける。

1高強度

高い耐震性能とプラン自由度を両立するDRF構法イメージ画像

高い耐震性能と
プラン自由度を
両立するDRF構法

skye3は、骨太・肉厚な柱と梁で自立する「重量鉄骨ラーメン構造」を採用。独自の接合システムにより、強さ・品質を高いレベルで達成し、ダイワハウスの重量鉄骨「DRF(Daiwa Rigid Frame)」の技術を3階建てに最適化しています。柱と梁の接合部は鋼板で補強し、国土交通大臣認定を取得した特殊高力ボルトで強固に接合。これにより大きな梁断面を使用し柱間隔を広げることが可能となり、高い耐震性能とプラン自由度を両立しました。

大臣認定取得の工場で生産する信頼の重量鉄骨イメージ画像

大臣認定取得の工場で生産する
信頼の重量鉄骨

ダイワハウスの工場は、建築基準法が定める性能評価に基づき、国土交通大臣認定のグレードを取得。
これにより、溶接技術と検査体制による鉄骨溶接部の性能が保証され、耐震性に優れた高層ビルや大型倉庫などの鉄骨を供給することができます。
こうした高度な技術と鉄骨生産量国内トップクラスを誇る生産体制で信頼の重量鉄骨をお届けします。

※2019年度一般建築における鉄骨生産量実績

2基礎

信頼性の高い基礎工法で建物を支えるイメージ画像

信頼性の高い
基礎工法で
建物を支える

建物を支える柱脚部には太径のアンカーボルトを配置して、鉄骨躯体と基礎を強固に接合しています。
また、基礎梁には高い曲げ強度を確保できる主筋を採用。
さらに、柱脚部と基礎梁との接合には機械式定着筋を用いることで、より確実で信頼性の高い基礎工法を実現しました。

※鉄筋の仕様、本数などは建物によって異なります。

地盤にあわせた工法で
安全性を高める「基礎工法」

ダイワハウスでは、一邸一邸地盤調査を行い、構造の専門部署によって
調査結果を分析し、敷地に合わせた最適な基礎を構築。
軟弱な地盤であっても、地盤改良により、良好な地盤と同じレベルまで安全性を高めます。

直接基礎イメージ画像

直接基礎

支持力のある地盤には地盤が直接支持する直接基礎で対応。

表層改良イメージ画像

表層改良

軟弱地盤には基礎下の土壌を強固に改良。

杭状地盤補強イメージ画像

杭状地盤補強

支持地盤が深い場合は杭状地盤補強で対応。

直接基礎

直接基礎イメージ画像

支持力のある地盤には地盤が直接支持する直接基礎で対応。

表層改良

表層改良イメージ画像

軟弱地盤には基礎下の土壌を強固に改良。

杭状地盤補強

杭状地盤補強イメージ画像

支持地盤が深い場合は杭状地盤補強で対応。

安全・安心の技術力

Σ形制震パネルイメージ画像

Σ形制震パネル

「Σ形制震パネル」を1階と2階にバランスよく配置。
しなやかな強さで地震時の揺れを軽減します。

詳しく
外張り断熱通気外壁イメージ画像

外張り断熱通気外壁

分厚い三層の断熱材で構造体を外側からすっぽり包み込み、
柱や梁までしっかり断熱。
結露リスクも大幅に軽減し、住まいを守りつづけます。

詳しく
耐候性イメージ画像

耐候性

高い耐候性を発揮する光触媒コート「KIRARI+」が、
長期間にわたって外壁の美しさを保ちます。

詳しく
遮音性イメージ画像

遮音性

屋外からの騒音、また気になる上下階の音を効果的に抑え、
住宅業界最高クラスの遮音性能を実現しています。

詳しく

※掲載の画像は設計図面を基にCGで作成したものであり、実物とは多少異なる部分があります。


skye3のカタログ

資料請求

最新のカタログ各種をオンラインでご請求いただけます。専用フォームからお申し込みいただくと、ご希望の場所にお届け。

最新のカタログ各種をオンラインでご請求。

詳しく

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.